レオンの作品情報・感想・評価

レオン2018年製作の映画)

上映日:2018年02月24日

製作国:

上映時間:99分

3.7

あらすじ

年商500億を越える老舗の食品会社朝比奈フーズに務める、地味な派遣OL・小鳥遊 玲音(28)(たかなし・れおん)とその朝比奈フーズを引っ張る、やり手のワンマン社長・朝比奈玲男(55)(あさひな・れお)。 小鳥遊は、磨けば美人でナイスボディの持ち主なのだが、根っからのネガティブ思考でイケてない存在。一方、代表取締役社長・朝比奈は、誰の意見にも耳を貸さない超ワンマンだが、仕事は一流。 しかし、女…

年商500億を越える老舗の食品会社朝比奈フーズに務める、地味な派遣OL・小鳥遊 玲音(28)(たかなし・れおん)とその朝比奈フーズを引っ張る、やり手のワンマン社長・朝比奈玲男(55)(あさひな・れお)。 小鳥遊は、磨けば美人でナイスボディの持ち主なのだが、根っからのネガティブ思考でイケてない存在。一方、代表取締役社長・朝比奈は、誰の意見にも耳を貸さない超ワンマンだが、仕事は一流。 しかし、女子社員へのセクハラまがいは日常茶飯事の根っからの女好き。。。。ある日、偶然ふたりは同じ車の事故に巻き込まれる。目が覚めると、朝比奈玲男の体にはある異変が・・・・!なんと、心は朝比奈のままだが、体が小鳥遊玲音になっていたのだ―。性別も地位も性格も、何もかも反対の二人が入れ替わったからさぁ大変!? 

「レオン」に投稿された感想・評価

幾らコメディ映画とは言えそりゃ出鱈目が過ぎる、と思わせる筋もあり、しかもそれが最大の見せ場に絡んでいたりもして物語としては酷い代物ですけれど。

今の場面はバナナの皮を踏んで滑って転倒したから面白いんですよ、と殊更に懇切丁寧に教えてくれるような、うんざりさせられる類いの演出も確かに為されている一方で。

バナナの皮を踏んで滑って転倒する様子をそのまま見せるだけの、個人的に大好物の見せ方をしてくれている場面も少なからずあって。

いずれ竹中直人の無双映画だろうと多寡を括り期待値ゼロの敷居を下げた状態で臨んだ結果としてではなく、歴とした作品全体の出来として。

悪くないどころか面白く観ちゃいました、楽しませていただきました、と。
映画としては普通。
ジヨンの演技が思い切りが良いのが高評価。


タイトル伝えただけだと100%違う映画を想起するのが難点。
オッサン社長とOLの身体が入れ替わるという典型的なコメディ映画なんですが、主演の知英さんの吹っ切った演技が想像以上に凄くって最高に笑えました!もちろん竹中直人さんは安定の入れ替わりぶりでしたw
脇を固める俳優さん達も個性的な方が多くって山崎郁三郎さんが特にw
この映画ですっかり知英さんのファンになってしまいました。もっと主演作が増えると良いなU^ェ^U
沖縄国際映画祭で観客賞を受賞したのも頷ける作品でした。僕も舞台挨拶観たかったなぁ。
りお

りおの感想・評価

2.5
意外と高評価だったのと竹中直人なら間違いなく面白いだろうと思って鑑賞。
いい感じに肩の力を抜いて楽しめました。
最近日本での女優活動が盛んな韓国の元アイドル、知英演じる地味OLが竹中直人演じるセクハラ社長と事故をきっかけに体が入れ替わってしまい、大騒動を巻き起こす。
とにかく知英ちゃんのオヤジ演技が最高すぎる。
ガニ股で歩きセクハラ発言を連発する元アイドルの姿をファンはどんな気持ちで見守ったのだろう笑
対する竹中直人は安定の演技。
知英(中身は竹中直人)メインのストーリーで、入れ替わり後の竹中直人の中身は地味OLなのもあり少々物足りなさはあったが、他にも竹中直人の甥役にジャンポケの斉藤さん、女たらしの知英の元恋人役に山崎育三郎、社長秘書役にミッツ・マングローブと脇を固めるキャスト陣の濃さよ!
マンガ原作で割とベタなストーリーではありますが、この顔ぶれなら飽きることもなし。
オチは残念ながら読めてしまったのでもう少しうまいことやってくれたら、という思いはありますが。
それにしても知英ちゃん日本語流暢すぎる。
これが映画初主演作とのことで、今後も期待したいですね。
ナ

ナの感想・評価

3.5
一条くんかわいすぎました!!!!
レオンに必死についていこうとする
子犬感が最高でした。

映画全体的にもとてもおもしろくて
ジヨンの演技にもびっくりしました。
吉沢目当てでしたが、親子愛もあって
観てよかったなって思います。
tomo

tomoの感想・評価

3.3
竹中直人が強すぎた、何も考えずスッキリ楽しめる痛快スイッチング・コメディ!
mt

mtの感想・評価

3.8
ゲラゲラ笑った。

確かにおばかだなって思うおふざけ映画感はあるけど、深く考えず気軽に見れるのも大事!!笑
日常に疲れてる時にはこのくらい軽い映画が心地よかった。笑笑

これは竹中直人にしか出来ないし、ジヨンちゃんだから良かった。
そして終始ひとりミュージカルの育三郎さん最高。
まさに掘り出し物というか、食わず嫌いせずに観るべき一本。これこそ現代日本のプログラムピクチャーなんでは?

特筆すべきは山崎育三郎の怪演で、ほぼ自身のアイデアなんだというから驚く。あんなアホらしいリアクションを思いつくなんて、天才だとしか思えない。

そして知英である。正直こんな美人が目立たないOLに留まってるはずがないだろうが、とは思うが、とにかくキュートで最高のヒロイン。日本映画界は彼女をちゃんと使いこなせるだろうか?
ナイスバディの持ち主だが地味な性格の派遣OL・小鳥遊玲音は、創業30年の老舗食品会社で経理として働いていた。彼女が密かに想いを寄せているのが、会社の税理士でスマートな風貌から女子社員の憧れの的となっていた日下。なぜなら、根っからのネガティブ思考で目立たない彼女に、彼のほうからなぜか声をかけてきたのだからだ。のぼせ上がった玲音は彼のために手作り弁当まで作るが、そのとき偶然に聞いた会話で、日下にもてあそばれていたことを知る。一方、彼女が務める会社の社長で女好きな朝比奈玲男は、甥で副社長の政夫を含め、誰の意見も聞かない超ワンマン経営。役員全てが、そんな彼の行動に愛想を尽かせていた。そんなある日、玲音と玲男は同じ車の事故に巻き込まれてしまう。翌朝目覚めるとお互いの心と身体が入れ替わっていたのだった。。清智英と大倉かおりによる同名漫画を実写映画化した作品。ダンスグループKARAの元メンバーで、本作が劇場長編映画初主演となる知英と竹中直人が組んだ爆笑コメディ。監督は「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」の塚本連平。

大林監督の「転校生」から、最近ではヒットした「君の名は」までにも使われた、いわゆる男女入れ替わりモノ映画。ところがこうした使い古されたネタでも、工夫すればここまで面白くなるのかということを改めて感じさせてくれた作品です。もう、観ている間ずっと爆笑必至の作品でした。なんでしょう、例えれば、肉じゃがという定番のありふれた料理でも、一味加えるだけで洋風になったり、中華風になったりで、同じ素材を使っても違う味の風景が見えてくるのと同じような感じがするのです。まずいいのは、主演2人のキャラクターの良さ。竹中直人に関しては、過去の作品やテレビのバライティでも笑いを誘うような役者としてのキャラ付けが分かっているのですが、そんな彼の持ち味を相手役となる知英が全く殺さないのが素晴らしい。入れ替わりなので、知英についても竹中直人的なキャラ作りが求められるのですが、彼女は逆に自分自身の色を入れ替わりになる竹中直人側にも求めるようなレベルの高さを見せてくれるのです。だから、2人の掛け合いは演技としても、笑いのコンビとしての息の合い具合も絶妙によく感じるのです。

それに演出に関しても、そうした2人の演技合戦を殺さない、むしろ助けるような味付けをしているのが素晴らしい。印象的なのは、男女の入れ替わりであるあるなネタ(性器の違いであったり、同性に迫られることになるところだったり)を、実際はこんなイメージになっているというところを映像で見せるところ。これも全てのシーンではなく、ロマンス調になるところは見た目の姿のままで、男女入れ替わりのモチーフで少し描き方が難しいところは、あえてこうしたイメージ図のほうを用いることで、役者の演技を助けるような形にうまく持っていっているのです。ここではやはり竹中直人の味がしっかり発揮されている。彼の喜劇役者としての卓越さは、もう一種の伝統芸能のような技すら感じるのです。

原作が漫画ということもあって、ドラマとしてみると少しコミカル過ぎるような脚本になっており、その部分は好き嫌いが分かれるかなと思います。でも、日下を演じる山下育三郎の針の振り切った演技をはじめとして、政夫を演じるジャングルポケット斉藤や、秘書を演じるミッツ・マングローブまで、それぞれのキャラの個性と、役者の個性が(やはり主演2人と同様に)うまく引き出されているところが、よい作品の味になっています。この頃、笑ってないなと思う人には、素直に鑑賞をオススメできる良質コメディ作品です。
natsu

natsuの感想・評価

3.2
試写会で鑑賞。
吉沢亮目当てでしたが
久しぶりにみたジヨンが日本語がとびきり上手になっていて
振り切った演技も素敵でした。
スタイル抜群で竹中さんとの対比も面白かったです。
>|