想いのこしの作品情報・感想・評価・動画配信

「想いのこし」に投稿された感想・評価

なぜ泣けたのかという想い残し

稚拙な脚本と安っぽくて軽い演出でB級作品丸出しの作品なのであるがなぜか泣けてしまった。一体なぜだろう。ということを想い残したままエンドロールを迎えてしまった映画であった。
キリン

キリンの感想・評価

3.0
あらすじを読んで「ツナグ」と同じような感動の押し売りと思ったら
そうでもなかった
コメディタッチでそこそこ楽しめた
若干感動の押し売り的な要素を感じなくはなかったけど

鹿賀丈史に悪人役のイメージがついていたけれど、久しぶりに
善人の鹿賀丈史を見た気がするw
そして、久しぶりに普通の人間の佐藤二朗を見た気がするw
自分のせいで、交通事故に遭い、旅立ってしまった人達の想いを叶えるために、頑張るチャラ男のガジロウの成長物語で、とても感動しました。
ポールダンス、女装と、ガジロウ役を演じた、岡田将生さんの熱演が、ナイスでした!
どのエピソードにも、涙が溢れたし、色々な人々と出逢い、そして、関わったことにより、チャラ男のガジロウ役を演じた、岡田将生さんが、人間として成長していく姿にグッと来ました♪
中でも、野球部のエピソードは、ウルウル来ましたね。

本作は、笑いやユーモアを交えながらも、命の尊さや人と人との絆や交流の大切さが伝わって来る良作で、とても感動しました。
この手の作品って、シリアス一辺倒の作品が、多いですが、本作は、シリアスな中にも、コミカルあり!の作品だったので、それほど、重たい気持ちにならずに、サラッと見れました。
本作を見て、改めて、悔いのない人生を送りたい!そして、生かされていることのありがたさに感謝しなければならないと強く思いました。

主題歌のHYの「あなたを想う風」も、作品のイメージに、ピッタリとマッチした、名曲で、心に響きました♪
Atsuko

Atsukoの感想・評価

-
岡田将生の未鑑賞作品を観よう月間を開始させました!!笑

岡田将生演じるガジロウのせい(?)で事故死した4人が、想い残したことがあり成仏出来ず、唯一4人を見れるガジロウが手伝って成仏させる話。
3人の成仏シーン普通に泣きそうだった、、
広末涼子が最後息子に「頑張れ!」って言ってて、息子酷すぎるだろおおおって思って可哀想で泣いたwww 「消えるな!」って抱きしめるシーンもほんと消えるな!って感じで辛かった、、何かとツッコミどころはあるけど笑
ていうか3人のポールダンスすごくないか?!あれまじでやってるよね?
岡田将生のポールダンスはレアすぎwww
そして不覚にも序盤の女遊びしてる岡田将生観れたのありがとうございます、、
landmark

landmarkの感想・評価

3.4
前に観たのを忘れて見始めて序盤で気付いたが内容忘れてたので再見。子供を残して逝けないね。。岡田将生の役柄が素晴らしい。でももう再見はしない
Mukio

Mukioの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

波多が主題歌よく歌うけん耳に残っとって、この映画の予告見て大号泣映画やんと思って観たら、冗談抜きで爆泣きした。

終盤直前まで岡田将生演じるガジロウに苛立ちを覚えたり、ガジロウが道に飛び出したことで広末涼子をはじめとする4人が乗っていた車が対向車との事故で亡くなるんやけど、それはガジロウは間接的な原因で直接的ではない感じが個人的にはするんだが、彼らがガジロウの現実世界にのみ現れるとか言う設定に納得がいかない点はあった。まあファンタジーチックだからってことにしとく。

ただ、ケイちゃんの野球部のシーンから涙腺崩壊し始めて、もう最後の最後で幸太郎が亡くなった母(広末涼子)に対してこれまで我慢していた思いを直接伝えるとか、そのあと広末涼子に抱きつくシーンとか、「消えるな」とか言ってそこに交わるガジロウの結局いい奴感とか、1人で観てなかったら恥ずかしいレベルで泣いた。

まじで涙ちょちょぎれるってこんなことなんやなって言う映画。
3回は見た
3回見たのに毎回一人で号泣してる
愛莉ちゃん可愛い
岡田将生いいやつになってよかった
ポム

ポムの感想・評価

3.5
俺…あいつのことだけはどうしても一番大事なことなのに一番自信がねんだよ……

落とし穴なんてないよ 落ちたら戻れない穴なんてないよ はいあがればいいだけのことじゃん。
想い残し

生き残った者が亡くなった者の想いを手助けして叶えさせてあげるお話

あっけなく涙腺崩壊するも個人的には泣きの強度が徐々に落ちていくエピソード構成

それなりに突っ込みどころもあるが良き作品
大事な人がある日突然いなくなるってこういう事なんだなって。ちょっと重いテーマの映画だけど、感動作でした。
ガジロウの成長、ジョニーさんのエピソードに涙涙
>|

あなたにおすすめの記事