パパとムスメの7日間の作品情報・感想・評価・動画配信

「パパとムスメの7日間」に投稿された感想・評価

永野芽郁と吉本実憂と井上真央と北原里英と中村アンを足して5で割ったような感じの女優さんが前衛的バレエを披露するベトナムの作品。

佐藤二朗と斎藤工を足して2で割ったような感じの日本人(?)も独特の雰囲気を醸す。

全体的にカラフルでふんわりとした雰囲気のなか、急に「13日の金曜日」や「エルム街の悪夢」彷彿のヤバすぎるショックエフェクトで戦慄させるし、虫食うし、ちょいちょい軽犯罪(?)的な行動があったりとか、ベトナムの倫理観どうなってんねん(監督は日本人)と思わされたりするが、結局は感動で胸がいっぱいになる実力派の作風はさすがのもの。

父と娘が別々の問題に同時にぶつかり、電話で互いに指示しあう混乱の場面を、画面を分割しまくって表現する技法など、映画という形式の表現の拡張も見所。
コンポジション。

好きな映画。
のぎお

のぎおの感想・評価

4.2
チャウ役がとっっってもかわいかった。
ころころ表情が変わって、父親と中身が入れ替わった後の粗野な言動もかわいかった。

ベトナム映画(?)初めて見たけど色彩がすごく鮮やかで、楽しい。

入れ替わり方の電気ビビビと蝶々窒息は笑かしにきてるとしか思えない、笑
ベトナム語話してるだけで満足したわー
VAPEバレエあり!!!
ベトナムの方の暮らしぶりがわかってよかった。ストーリーは日本がもとなので、わかりやすかった。
正行

正行の感想・評価

3.5
2019年のむコレにて。

監督の舞台挨拶、トークショー付き。
イケメンなうえ、サインやツーショットもありがとう。
ストーリーはいつものアレですが、ヒロインが可愛いい。
TSFを扱った作品で好きなドラマだったパパとムスメの7日間のベトナム版映画。

女性×電子タバコのVAPEパフォーマンス×酔拳×バレエ×EDMは衝撃でした。

因みに酔拳は酔八仙拳しかわかりませんでした。

入れ替わり方は初めてみるタイプです。
また新しいなにかに目覚めそう。🌝
ミーナ

ミーナの感想・評価

4.0
ベトナム映画初。

入れ替わり方こわっw
って思ったけど、
いい感じにまとまってて
面白かったです。

文化の違いを少々感じました。
そう

そうの感想・評価

4.1
R02/08/02 鑑賞
ドラマ「パパと娘の7日間」のリメイク。ベトナムの映画って実は観るかもしれません。
絶妙な文化の違いに色々驚きました。
邦ドラマの方も大好きな作品でしたが、此方のリメイクも素晴らしかったです。
作品のテイスト的には映画「ホット・チック」の方が近いかも。
この作品がベトナム版リメイクでガッキーと舘ひろしのドラマがオリジナル版なんですね。
なんといっても娘役の子が可愛くて存在感もすごかった!
全体的にコメディ色が強くて後半は少しジーンとさせてくれたんですけど、
全てを覆すレベルで娘のオーディションのパフォーマンスがしょーもなさ過ぎてびっくりしました。
バレエ=退屈でつまらないものみたいな描き方はいくらなんでも酷くない?昭和の発想じゃないんだから。
【ベトナムでもパパとムスメが入れ替わっちゃう!!】
《2020年205本目》
日本原作の「パパとムスメの7日間」を日本人監督がベトナムでリメイク!

ぶっ飛んでておもしろい🤣パパとムスメが入れ替わる方法もクレイジーだし、ベトナムの国の在り方が斬新でした!
日本ドラマ版は"仕事一筋でお堅いパパ"と"反抗期でちょっとおバカなムスメ"でしたが、このベトナム版は"ゲームが好きで子供っぽくだらしないパパ"と"成績優秀でしっかりもののムスメ"に改変されてました😂

そして、日本人監督が撮ってることもあり日本ドラマのようなコミカルかつしっかりまとめる映画でしたわ!
>|