累 かさねの作品情報・感想・評価

累 かさね2018年製作の映画)

上映日:2018年09月07日

製作国:

上映時間:112分

あらすじ

伝説の女優・淵透世ふち すけよ(檀れい)を母に持つ少女・累かさね(芳根京子)は、母親ゆずりの天才的な演技力を持って生まれながらも、容姿は母に似ず、顔の大きな傷にも強いコンプレックスを持って生きてきた。そんな彼女に母が遺した一本の口紅。 その口紅は、キスした相手の<顔>を奪い取ることができる不思議な力を秘めていた――。 一方、美貌を持ちながらも、決して他人には言えない理由により花開かずにいる舞…

伝説の女優・淵透世ふち すけよ(檀れい)を母に持つ少女・累かさね(芳根京子)は、母親ゆずりの天才的な演技力を持って生まれながらも、容姿は母に似ず、顔の大きな傷にも強いコンプレックスを持って生きてきた。そんな彼女に母が遺した一本の口紅。 その口紅は、キスした相手の<顔>を奪い取ることができる不思議な力を秘めていた――。 一方、美貌を持ちながらも、決して他人には言えない理由により花開かずにいる舞台女優・丹沢たんざわニナ(土屋太鳳)。 彼女は、女優として大成することに異常な執念を募らせながら日々を過ごしていた。 ある日、累は母・透世に世話になっていたという男・羽生田はぶた(浅野忠信)を通じて、ニナと出会う。“美貌”と“才能”、自分の足りない部分を埋めるように導かれ、出会った二人。互いの目的の為、口紅の力を借りて、入れ替わることを決断する。 ニナの“美しさ”と累の“演技力”、どちらも兼ね備えた完璧な女優“丹沢ニナ”は、一躍脚光を浴び始める。 二人の欲求が満たされていく。しかし、二人がともに恋に落ちた一人の演出家・烏合うごう(横山裕)をめぐり、秘密の共同作業に亀裂が生まれる。

「累 かさね」に投稿された感想・評価

試写会にて観ました。

星が三である理由として、
主演の2人がどちらも似た感じの可愛さなので、この映画の売りである「口紅で顔を交換」が全く意味がなくなっています。
可愛い顔に大きな傷があるだけなのでブサイクとかバケモノ扱いされている事に説得力がありません。
そして顔を変えた後の演技についても、誰もがハッとする演技力なのかもちょっと首を傾げてしまいます。

原作に対してキャストを揃えたというよりも、キャストに対して原作を持ってきた感がありまして、勿体ないと思いました。

話の進め方は少し暗いヒューマンドラマな感じから人間の狂気ホラーに持って行っているので良かったです。
Yolice

Yoliceの感想・評価

3.5
東宝さんのスニークプレビューモニター試写会 日比谷の東宝試写室にて


今回は上映開始されるまで何を見るのか分からないスニークプレビューというタイプの試写会に初参加
そして蓋を開けてみたらこの作品だったという訳なのですが、この作品の存在を全く知らなかったので完全にまっさらな状態での鑑賞(なんの知識も無く映画を見始めるという経験ってよくよく考えれば今まで無かったので、とても新鮮でした)

キスで顔を入れ替える少女達の嫉妬と欲望の物語
闇を抱え生きてきた少女の執念や狂気が顔を出し、偽物が本物を呑み込もうとするとき、果たしてそこにあるのは幸か不幸か

出だしから暗めで不穏な雰囲気なので、はじめホラー映画始まったのかと思ってちょっとビビりました…
洋画で例えるなら『ブラック・スワン』みたいな雰囲気かな(もちろんストーリーは全然違います)

後味はあまりいいとは言えないし、結構人によってはメンタルにくる好き嫌いが分かれるタイプの作品だなと思ったので、人におすすめするのは難しいかなって思います
自分に合うかどうか見極めてから見に行くのが良いかと!
スニークプレビューという、
何が始まるか分からないドキドキの覆面試写会で鑑賞。
始まったのは和製ホラー。
最初の印象では『ガラスの仮面』のホラー版。
舞台女優の入れ替えものという内容。

顔に傷がありコンプレックスを抱えているが、実は天才的な演技力のある主人公が、キスした相手と入れ替われるという不思議な口紅を使って、美人だが演技力の無い新人舞台女優と入れ替わる話。

最初は、漫画特有の少しエキセントリック気味な土屋太鳳の芝居が、恐怖よりも笑ってしまう。
しかし徐々に話が深刻化して、二人の女性の掘り下げや葛藤が描かれ、舞台女優の話ということもあり、演劇的芝居に変化していく。

土屋太鳳は下手な女優と中身が入れ替わって天才演技の女優と二役している。
それだけでなく、前半は漫画的エキセントリック芝居で、徐々に舞台風演技にシフトしていく。ラストでは堂々と劇中劇「サロメ」を熱演する。

漫画原作の場合リアル芝居では内容にそぐわない。
漫画を映画化する上で、漫画的演技というのが必要なのだと思う。
その辺、漫画原作を多く手掛けている土屋太鳳はよく心得ている。
更に話が深刻化する後半、漫画演技から舞台風演技に切り替えている感じなのも達者なものだ。
きのこ

きのこの感想・評価

3.5
2018107
東宝スニークプレビューにて。この映画の存在も存じ上げなかったので、前知識全く無しでの鑑賞。
先が読めない展開でハラハラドキドキでした。めちゃくちゃ演技力高くなきゃこんな作品出来ない!W主演のお二人は素晴らしかったです。2人の顔が似てる気がするのは気のせい?敢えて似てる雰囲気の人を選んだのかな?累は傷があるだけで普通に綺麗だから、なんだかな〜とは思いました。
土屋太鳳がいわゆる芸能人!って感じの気が強い美少女を演じていること自体に違和感があったけれど、ニナが段々と劣等感を感じていくにつれ綺麗さと儚さを感じた。
竹輪貫

竹輪貫の感想・評価

4.0
東宝試写室にて

土屋太鳳さんと芳根京子さんをはじめとする出演者たちに魅せられる映画です。

ジャケットをみるとラブシーン多めのようですが、そんなことはなくて、人間の醜さや狂気性を描いて勝負している映画なのでラブシーン苦手な人でも楽しめます。

スニークプレビューという、何の映画をやるか事前に知らされないという試写の方式も初めてで新鮮で最高でした‼️





Rug

Rugの感想・評価

3.7
試写会にて鑑賞。
主演の2人の演技がとにかく素晴らしかったです。
先が読めないストーリーも面白かったです。
チヒ

チヒの感想・評価

3.8
顔に醜い傷があるが凄まじい演技力を持つ主人公累が、ルックスは最高だが演技がスランプ?な女優のニナと顔を交換したり返したりするお話。

とても頻繁に顔が入れ替わるのだけど、主演女優2人の演技力が高いので混乱が無い。
そして最初とても偉そうで嫌な感じのニナの変化、いつもおどおどしていた累の変化が面白い。
ラストは恐怖を感じる演技と演出。

キスをする事で顔が入れ替わるので、百合描写が好きな人にはそう言う意味でもオススメ。
決してレズビアンな内容では無いのであしからず。

個人的に気になったのは累が美人すぎる事。原作を最初の方だけ読んだ事あったけど、確かとても醜い顔をしている設定だったので、顔に傷があるとはいえあんなに周りから蔑ろにされる様には思えないな、と。どうせなら恐ろしい顔から美しく変化するのを観たかった。
KUBO

KUBOの感想・評価

4.0
6月4本目の試写会は、スニークプレヴュー。土屋太鳳、芳根京子ダブル主演の「累(かさね)」。

スニークだから全く情報なしでの鑑賞だが、ホントおもしろかった!

頬に大きな傷のある少女「累」(芳根京子)。美しい女優の「ニナ」(土屋太鳳)。2人は「累」の母を知る「ニナ」のマネージャー羽生田 (浅野忠信)によって出会う。

「累」が亡き母(檀れい)からもらった口紅は、これをつけてキスをするとキスした相手と顔が入れ替わる魔法(?)の口紅。これを使って、「累」は「ニナ」の美貌を、「ニナ」は「累」の類いまれなる演技力を手に入れる。2人の歪な共同生活による女優「丹沢ニナ」はグングン人気女優への階段を駆け上がって行くが…

冒頭は不穏な空気が漂い、ホラー映画か?と思うような空気感で始まるが、2人がいっしょに暮らし始めるあたりから、いわゆる「少女マンガ」的な雰囲気に変わる(これ良い意味で)

「入れ替わり」と「時間制限」というルールを課した上での同じ男性(横山裕)への恋。イライラ、ドキドキさせながら、まんまと演出の術中にハマっちゃう。

本作のキモは、なんと言っても、この「入れ替わり」。土屋太鳳と芳根京子が「累」と「ニナ」という2人の女の子を交互に演じる。高飛車な「ニナ」とおどおどした「累」を、人格は変わらず、外見だけが入れ替わる様を演じるのだ。

ダブル主演ではあるが、特に土屋太鳳は、いつもの明るい女子高生ではなくて、暗い影のある「累」がニナの顔を借りながら女優になっていく様を巧みに演じ分けている。

新国立劇場で撮られたであろうラストの劇中劇「サロメ」では、土屋太鳳得意の踊りはもちろん、ヨカナーンの首を抱きしめて口づけをするクライマックスではまさに迫真の演技。この劇中劇だけちゃんと撮った特典映像ほしいほどだ。

2人の運命を狂わせる羽生田の狙いは何なのか? 魔法の口紅を残した累の母の謎とは? 知られざる累の過去とは? 相手を利用しているのは「リナ」か?「累」か?

比べるような作品ではないが、最近「顔が醜くても希望を持って生きていける」というテーマの「ワンダー 君は太陽」を見たばかりだけに、「美しさ」にこだわる執念を軸にした本作のエンタメ的潔さは、かえって気持ち良いほどだ。

単にかわいい土屋太鳳を見る映画ではない。ホラーテイストあり、ロマンスあり、味付けは大映映画的な、韓国がリメイクしそうな大サービスのエンタメ。そして、やはり女優として土屋太鳳の本気が見られる作品だ。

公開は9月。お楽しみに。
試写会にて。
面白かった~~! 土屋太鳳さんのお芝居が本当に凄いです。格好良くて綺麗で切なくて悲しくて美しくて本当に、本当にすべて。太鳳さんが凄いです...。
サロメの舞台はまるで生で観ているような感覚で、口をぽかーんと開けて物語に入り込んでいました。演技も踊りも美しくて。ハラハラする展開がすごく面白かった!です! 是非たくさんの方に観ていただきたいです;_;!!!

このレビューはネタバレを含みます

大女優を母に持ち演技の才能を秘めていながら顔に大きな傷を持ち劣等感を抱えながら不遇の人生を送ってきた累と、顔は美しいながらも演技は三流のニナ。
母から受け継いだ不思議な力を持つ口紅と、累の母を知るニナのマネージャーの計らいによって、累はニナと入れ替わっていく。
成功を積み重ねることで、今まで感じることのない優越感に浸る累とは裏腹に、自分の顔によって売れていき、ホンモノとして振る舞う累に憎しみと嫉妬を抱くニナ。

やがてある秘密を知った累とニナは決意を秘め対峙していく。

物語としては、フジテレビ映画とあって観やすいながらも、サスペンスの弱さが目立つしもう一捻り欲しかったが、決してつまらない話ではない。


人は誰しも容姿に劣等感を抱いており、美しい顔に代われるものなら代わりたい。
そこに渦巻く羨望や欲望や嫉妬や憎悪を、土屋太鳳と芳根京子が切り替え鮮やかに役を入れ替えながら演じる。

土屋太鳳の演技がとにかく良い。
下手な芝居から、悪女、ピュアな表情からの内に秘めた憎悪、喜怒哀楽に至るまでどれも魅入ってしまった。
>|