あゝ、荒野 後篇の作品情報・感想・評価・動画配信

あゝ、荒野 後篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:147分

3.9

あらすじ

「あゝ、荒野 後篇」に投稿された感想・評価

ohno

ohnoの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

またひとつ、
人と人が繋がる在り方を知った。
愛情の測り方も愛の感じ方も、人それぞれであることもわかった。

ケンジは孤独で人と繋がることを求めていた。ケンジはシンジがいることによって自分の居場所を見出していた気がする。殴られる数をカウントし、殴られる痛さと共に自分がここにいること、人とつながっていることを感じていた。

私から見たら幸せでないことも、
ケンジにとっては自分が今までずっと求めていた幸せであった。

最後のシーンは涙が止まりませんでした。

前編、自殺フェスはいるのか?と思っていたが後編をみてその思いは消えた。
Mayu

Mayuの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

後半もだいぶ迫力があって圧倒された。ボクシングを通して繋がりたいと言ったバリカン。でもヨシコとお母さん、ヨシコのお母さんと片目は結局繋がらない。シンジとシンジの母は結局、ボクシングを通して再会したけど、繋がったとは言えない気がする。結局リングで戦って叫ぶことしかできないのだろうか。そんな気持ちにさせられた。
バリカンは死なないでほしかった。ボクシングは人を殺し合う競技ではないからね。
なんかええええ。。って感じで終わっちゃった。

片目は何故片目が見えないのか、自殺サークルの本当の意味はなんなのか、バリカンと自殺サークルの女の子のシーンは何の意味があったのか、この辺は本を読まないと理解しきれないかもしれない。
最後の試合のシーンがすごかった!
見ているみんなの気持ちの入り方もすごかった!
そして、エンドロールのブラフマンの曲がめちゃくちゃ合ってた!
狭い世界の複雑な人間関係を描写したり、それによって現代的なテーマを付与させようとしたはいいが、結果的に二人のボクサーにしっかり焦点を当てるだけで作品として観客に届いただろう。前篇では特に際立つことのなかったヤン・イクチュンの演技に心打たれた。
えい

えいの感想・評価

4.8
菅田将暉とヤン・イクチュンの
お互いをお互いに高め合う演技が
とても刺激を受けた。

目の圧倒的迫力をもっと、学ぶべきと捉えた
ちえ

ちえの感想・評価

3.1
原作読みたいな

このレビューはネタバレを含みます

最後はアニキ死んでしまったのか。
Hikaru

Hikaruの感想・評価

3.9
あー、辛いっ!!!!でもすごく2人の思いが絆が伝わってきた!!しんじにはボクシングを続けて欲しい。
ポ

ポの感想・評価

3.5


菅田のファンを名乗っておきながら出演作をあんま見ていないのはよくないと思い。

菅田を筆頭に役者さんたちありきと言ったら失礼かもしれないけど、とにかく長さを感じたしデモとか色々よくわからない😌
>|