百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジム…

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。 ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人は距離を縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始めるーーー。

「百円の恋」に投稿された感想・評価

t.t34

t.t34の感想・評価

3.2
安藤サクラさんの本気を見せて貰った映画。
どん底から立ち上がるのはすっごく難しいだろう。努力してる姿を嫉ましく思うのもわかる。
でもなんだかこの映画を見て自分の人生にプラスにならない感じがあった。
みと

みとの感想・評価

3.0
思ったよりよかった。
馴染みの串揚げ屋さんで、何年か前からサイン入りのポスターを観ていて、気になっていた作品。

ありきたりな流れでなくて、撮り方にも素人にわかりやすくこだわりがあったし、でてる役者さんの演技がすごく上手い。

人間って強いよね。
ヤン

ヤンの感想・評価

-
安藤サクラを好きになりました
髪を切り、リングに上がって行く姿はかっこよかった
RISAKO

RISAKOの感想・評価

4.0
かっこいいんだよ。

少しずつ目に光が出てくる
一子が羨ましい。

人間、一生懸命なれる事があれば、
自然と輝いてくるもんなんやろうな。
負の感情を力に代えれる一子は、
元から強い人間だったんだと思し、
32歳から新しい世界に
飛び込む勇気が出る事はもちろん、
やってみたい。という衝動に
駆られる心を持つ時点で、
一子は強い人だと私は思う。

ゆうじ、糞すぎんのに嫌いになれへん。
あぁぁ、、、たまに出る優しさに、
騙されてしまうんやろうな、、。
まな

まなの感想・評価

3.5

"私は百円程度の女なんで"

リングに上がる前のいちこが最高にカッコよかった。

ただ、本編が予告に若干押されてる
KOU

KOUの感想・評価

4.4
親の脛をかじり続け生きる一子。
30代にして男性経験ゼロ。甥っ子とゲームして、寝て、コンビニに出かけて暴飲暴食。
自堕落な生活を送る一子が家を追い出されてからの成長を追った映画。

冒頭のクレジットからバクマン。を彷彿とさせる工夫が凝らされていて面白い。
キャラクター全員が全員惨め。
目も当てられない程のどん底から這い上がる一子に肩入れしてしまう。
ボクシングの上達具合とかの説得力十分で、安藤サクラすごいと素直に思った。

野間さんのマイミクのくだりとか、新人バイトの『まじで?まじで?』連呼とか、それぞれのキャラクターに好感が持てる作りが好き。良い。
daisonu

daisonuの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

安藤サクラの一子がとにかくはまり役。堕落していた一子が、ボクシングと出会い、熱中していくうちに、自分の殻を破ろうと、今までの自分から脱しようともがく姿に胸が熱くなりました。
特に最後の試合は目が離せないし、ラストで新井浩史に「一度でいいから勝って見たかった」って泣きながら言うシーンは、胸に響きました。
この映画のおかげで映画大学合格した。
ありがたい気持ちで4点差し上げます。
チバ

チバの感想・評価

3.8
なにか夢中になれる何かを見つけた一子はすごい
クリープもよかった
shiori

shioriの感想・評価

4.0

『私は百円程度の女だから』

そう言った時の一子は百円から百万円になったくらい成長してたと思います。あんな短期間であれだけ成長出来るのかっこいい。髪バッサリ切るところ良い。


あとボクシングやってみたくなります。甘く見んなって言われそうだけど、やってみたい。
>|