百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジム…

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。 ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人は距離を縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始めるーーー。

「百円の恋」に投稿された感想・評価

一人の女が「性別が女というだけで、値段の如何に関わらず"女という値札"をつけられる」ことを知る、という映画。
ズボンに贅肉が乗ってたって最悪な下着をつけたって32歳で処女やったって、女として生きる人生 というリングからは降りられない。負け続けても。

もみくちゃにされてわやくちゃになってそれでも抱きしめてくれる男の前でだけ泣ける。

日本という国で、女として生まれたことは幸せなんだろうか。
胸元についた脂肪があまりに重い。

(世界観の歌声のせいでポエティック)
あ

あの感想・評価

-
人はこんなにも変われるんだなあ~
がんばる姿って単純にすごい。かっこいい。
真剣になるって、本当かっこいい。
シバタ

シバタの感想・評価

4.0
かっこよ〜〜
劇中の世界が広すぎず狭すぎずで調度よかった
全体的に気だるい雰囲気があって好き
れいな

れいなの感想・評価

3.2



初めと最後で、安藤サクラが別人みたい!かっこいい!ボクシング始めたい!
花

花の感想・評価

4.8
安藤サクラさんは好きな女優さんで、この作品もずっと気になっていました。負け犬アラサー女が鍛えられて頑張る姿に涙が出ました。頑張ってる人を見ると感動する。最初のだらしない姿からの覚醒した時のギャップよ。ダメな女子でもやれるんだって力もらえる。

このレビューはネタバレを含みます

想像よりもスポ根してた 大人のスポ根
恋愛をして変わっていくのかな、と思ったらそうじゃなかった…!
どう考えても安藤サクラの役作りがすごい
本当にすごい
でも
エンディングがクリープハイプだったので3.8
Alabama

Alabamaの感想・評価

3.5
自堕落な生活を送っていた32歳の一子がボクシングを始めたことにより少しずつ変わっていく、という話。
邦画的な、もはや安藤サクラ的な空気を漂わせ、派手さはなくともぐいぐいと引き込まれる。安藤サクラ、さすがです。
arkkh0824

arkkh0824の感想・評価

3.9
見てられないくらいの生活だったけど、怒りとか虚しさとかそうゆうのが原動力になって目的(試合)ができる。映画の後半で彼女はまるで別人!それを演じた安藤サクラ、本当にすごい、、、大好き
生き方そのものが変わるような経験できたらしたくないけど、でもそれを経験するのとしないのとじゃ人としての価値が変わってくるよなあ🥊しかもそれって人によって本当に様々で、どんなに小さなことでもやることに意味があったり、、。
あとクリープの曲の入り方もサイッコウだった。
藤村功

藤村功の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

前半はどうしようもない人々の話。店長さんそりゃ鬱になるわなあ…。
後半からの展開が凄く良い。闘争心をかき立てられる作品。
melody1234

melody1234の感想・評価

4.0
普段の様子からは想像もつかない安藤サクラの見た目とやさぐれ感。
後半からドンドンドンドンかっこよくなっていって、あの身体的変化はビックリでした。
カッコいい。とにかく安藤サクラがカッコいい‼︎‼︎‼︎
ラストのクリープハイプの音楽もまた良き。でした。
>|