百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

あらすじ

「百円の恋」に投稿された感想・評価

son

sonの感想・評価

3.5
最初主人公全然好きになれなかったけど観てるうちになんか可愛く見えてきてどんどん応援したくなっていった。
安藤さくらの演技のギャップがすごい。
後半の動きのキレ。
試合の時の顔。
凄い。
McLovin

McLovinの感想・評価

4.5
安藤さくらが凄いのは知っていたけれどやっぱり安藤さくらが凄くて泣いた。
1994

1994の感想・評価

5.0
‪満腹。こういう映画が好きです、だいすきです。なによりも安藤サクラの演技が凄すぎる。一瞬で釘付けになります。誰にも共感を求めず、誰も追いかけようとせず、ただ画面越しから抱きしめるような気持ちで観てた気がする。何にもならなくても覚悟決めて戦った主人公に、渾身のハグを。
サブカル高校生時代は「一生懸命やってる奴らが嫌い」と言いながらエモい気分でいたよ
新井浩史みたいな男が気になってしまうことあるよね
危ないのにね
SatokoOno

SatokoOnoの感想・評価

3.7
最初の出演者の名前の表示の仕方が好き。
さくらさんがかっこよすぎて、演技がすごすぎて。あっぱれ。
安藤さん、周りの空気を全部変えられるちゃう女優さんですね。今の朝ドラよりもこのような役の方が彼女には似合う。
安藤サクラが凄すぎます。

社会の底辺の人々の描写が、胸糞悪くなるほどリアルで、物語に引き込まれた。「生きてる実感」ってどういうときに感じられるんだろうって考えさせられた。個人的に私もボクシングをやっていたので、主人公がボクシングに対して感じる魅力には共感しっぱなしでした。

ジムに貼ってあった「Hungry Angry」て言葉、凄く好き!笑
coco

cocoの感想・評価

3.0
どん底生活者見た感じ、こうなりたくないと思いつつ、こんなに這い上がって見たいとも思った
非常に嫌な言い方をすれば、底辺の人々の話。全体的に薄汚く、貧しい雰囲気が漂っている。世間一般から見て下層階級寄りの、更に言えばクズ寄りの人達の生活模様。
自堕落停滞気味な生活を送っていた主人公が、出会い、傷付き、恋をして、裏切られ、ボクシングにのめり込んでいく。
とにかく主人公役の女優さんが凄い。冒頭のだらしない肉体、不審な挙動、からの鋭いパンチ、猛禽類のような目付き。
最後の試合のシーンは必見。
>|