百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジム…

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。 ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人は距離を縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始めるーーー。

「百円の恋」に投稿された感想・評価

asumi

asumiの感想・評価

3.5
初めは絶対一子に共感できないとか思ってたけど最後には一子を応援してた。
とにかく安藤サクラの振り幅がすごすぎる。
新井浩史の役、なかなかのクズなんだけどすごい魅力的に感じるのはイケメンだからなのかな。
Chiako

Chiakoの感想・評価

4.0
キッカケなんてどれもそこらへんに転がってるそんなことばっかりで
だけど全部関連してて、

一子の変化がすごい、最後のシーンは感動という言葉じゃないまた別のもので鳥肌たちまくりで自分でもびっくり。
安藤サクラなんなの、やばすぎでしょ。なにこの世界観。万引き家族期待してしまう。

邦画でこんな見入ってしまったの久しぶり、
なんでこんなに惹かれるんだろう。吸い込まれるんだろう
背中も押された頑張ろう強くなろうって思った。

思ってた以上よきよき。
最後の試合はボロボロ泣いた。やっぱ人間少しだめなくらいがちょうどいいよ。SNSでキラキラカチカチに飾り固めたもの見せられても、これっぽっちも魅せられないもん。いちこみたいに生きたい。クリープの歌が染みてしみて痛い。戦うから負けるとか言ってきてて心が痛い。挫折を味わったひとの言葉って大好き。理想論しか言わない人大嫌い。

ただやっぱり邦画特有のなにいってるか分かんない病気あったから字幕でみた。とくにあのボクシング男。
100円の価値しかない自分だけど
もがく姿が泥臭くて綺麗。

最後の「勝ちたかった」は
何か一つでも人生で勝ちたかったんだろうなと。
安藤サクラさんという女優さんの魅力を最大限に引き出した映画だと思います。

あれだけ醜さも格好良さも体現し晒け出せる女優さんはなかなかいないのではないでしょうか。
凄まじい役者魂、努力を見る人には魅せられます。
この作品で一気にファンになりました。

32歳、処女、ニート、引きこもり。
駄目を詰め込んだ彼女がちょっとしたきっかけで再起する物語です。

キッカケとなるのがボクシングなのですが、ラストの試合のシーンは涙が出ます。心から応援したくなります。

新井浩文さんも見事な駄目男ぶりを表現していました。
エンディングのシーン、クリープハイプの曲とともに胸に沁みます。
試合の15分間くらいはずっとボロボロ泣いた。セリフが少ない中で安藤サクラさんがどう演じてたか研究したい。ずしっときた
Gom

Gomの感想・評価

4.1
人間何かひとつでも、何でもいい。きっかけこそなんでもいいから、打ち込めるものを見つけたら世界は変わる。まぁそれは表面的な感想なのかも。

一子と自分の人生を少し重ねて観てました。

周りから見放されて、ボロクソな生き方をしていても人はいつでも変われるチャンスを持ってるって気づいた映画。
Rika

Rikaの感想・評価

4.3

登場人物たちみんな
人間味があってよかった
みんな間違ってるけど間違ってない
悪いけど悪くない

安藤サクラさんは
さすがとしか言いようがない


クリープハイプのED曲もよかった
期待通りの園子温さんの世界観
万人のキラキラじゃないかもしれないけど、変わるってカッコいい!ってこういうこと
う

うの感想・評価

3.8
学生の頃から見よう見ようと思い
やっとみた。
あ、ボクシングするのね??タイトルから想像したのとはかなりかけ離れてた
個々の面白さは沢山あってみてて楽しく感じたし、安藤サクラさんの本気度。
うーん
嫌いじゃないけど好きじゃない。
>|