80デイズの作品情報・感想・評価・動画配信

「80デイズ」に投稿された感想・評価

期限までに世界一周しないといけない的な。まぁジャッキーのアクション好きなら見て良い
Kazumaru

Kazumaruの感想・評価

3.5
挑発に乗って80日間で世界一周をする賭けに乗ってしまった英国の発明家フォッグと
中国から秘宝を取り戻すためやってきたが、ひょんな事からフォッグの執事となったパスパルトゥー、それにフランスで出会ったモニカを加えた3人で世界一周を目指す。

評価が低い映画で期待はしてなかったけど、
サモハンがチョイ役で出てたりとか出演者豪華!
驚いたのがシュワちゃんが州知事就任してる時期にまともに映画出演してる!
銅像のところに笑った。
リメイクとのことでオリジナルは見てないけど、見ても損はない映画という感じ
所々英語と中国語とかフランス語が混ざってるから雰囲気伝わりやすい字幕が良いと思う。
(字幕)

このレビューはネタバレを含みます

1956年の映画『八十日間世界一周』のリメイク作。元は旅行記みたいな長い作品なのを、ジャッキーを迎えた事で各地でのアクションを取り入れた結果、旅行の楽しみみたいなのをすっ飛ばしてる印象があるのでリメイクとしては不評なのだと思います。元は日本に寄るけどジャッキーいるので今回は中国。サモハンやら懐かしいメンバー出てくるので不満ではない。
強盗ジャッキーの変装可愛いのにちょっとだけ。
パリでの変装成家班可愛い~~!戦いながら絵が出来るのいいな。
ジャッキー、今回脱ぐの控えめ(パンツと水着まで)。
ハピ王子がシュワちゃん!ロダンの考える人が実はシュワちゃんモデルだったなど。「ママー!!」って叫ぶシュワちゃんいいぞ。
劇場版(ソフト版)吹き替えが芸能人多用でげんなりするけど、女装中の泰造は好きである。
中国着いて捕まった際、ジャッキーを出すのがマースと張華で私得!!マースはすっかりムチムチっとしてしまったのであまりアクションがないのは残念。
黄飛鴻役はジャッキーも酔拳でやったけども、今回はサモハンが黄飛鴻。
十虎の中に段偉倫がいるが、暴れてる時に映りました?パワー型として暴れてたならすごい見たいが、朴賢鎮に見とれてしまっていた。
ライト兄弟だからって中川家が声あててるし兄弟が逆になっている。弟な兄いいぞ。でもオーウェンとジャッキーは絡んでほしいのよ…シャンハイナイト見たばかりなので(個人的に)。
ニューヨーク戦が暗くて誰戦ってるかわからなくて全然萌えれない。
日付変更線ありがとう。

テレ東版吹き替え入りでブルーレイとか出ませんかね。水島サモハンがいいー!江原さんにチンタマ言わせたのはいいんだけども芸能人枠がイライラする。ジャッキーとサモハンが協力してるから大体の事はすっ飛びます。

サモジャキふれあい +0.2
張華・マース組 +0.2
変装成家班の可愛さ +0.2
エバランのチンタマ +0.1
ジャッキーのソックスガーターはもっと見せるべき +0.1
恋愛シーンなどいらぬ -0.2
一部吹き替えが不快 -0.1
シュワちゃんやサモハンキンポーなど豪華な作品が出てくる作品。

そのせいかジャッキーのアクションが少なめのような気がする…。個人的には残念。


世界一周を80日間で終わらせようとするお話。
色んな国に立ち寄りますが、その国の特徴があまり見られないので架空の国かな?と思ってしまいました。


お話の展開でジャッキーの方が先に問題解決されたのが意外でした。
博士の世界一周とほぼ同時に解決するのかと思ってました。
ギリギリの展開と、ハプニング、ラスト間に合うか?
チープで軽くて、そこが楽しめました。
ANGELO

ANGELOの感想・評価

3.5
久し振りにジャッキー・チェンのアクションを見た。しかし今作では、彼のアクションよりも物語に感動した。

堅苦しい伝統に縛られた大臣に反発する科学者とその仲間の物語だ。

彼らは共に世界を旅し、その過程で友情と愛を育んでいく。一つの目標へ向かって。
過去のリメイク、という体だけどもついつい「ジャッキーと役立たずの相棒もの」としてみてしまった…西洋人の中のおもしろアジア人みたいな位置づけは気にくわない。それゆえどこかインチキくさい中国のシーンがまだマシに感じた。小ネタはクスリとさせるとこあるんだけど…合成も80年代の作品みたいに見えるときがある!?
まあサモハン出てきたのは嬉しかった。しかも黄飛鴻。シュワはなんで出したんだろう?
khiguchi

khiguchiの感想・評価

3.5
むかーし80日間世界一周を見たと思って検索してみたら1956年のが出てくる。おかしいなと思ってよく思い出して見たら、めっちゃコメディで…そうだ、ジャッキーチェンが出てた!

面白かったのは覚えてるんだけど、よく見たらスラグホーン先生が出てるじゃないか!

これは子ども時代ぶりに観なくては
フランク・コラチ監督作品。ジャッキー・チェン、スティーブ・クーガン主演映画。1956年「八十日世界一周」のリメイク作品。ジャッキーお得意のドタバタコメディです。

このレビューはネタバレを含みます

オリジナルは観たことがないのだが、「80日で世界一周出来るわけがない」と皆に笑われたわりに、映画を観てると妨害が無ければ簡単に出来たような気がする。
最後は飛行機を作るという策をとるものの、それ以外は特に工夫なし。
普通は不可能な事をいろいろな発明によって可能にするという話ではないのか。

全体的にのんびりした印象で、下手をすると眠くなってしまうが、各国でジャッキーアクションが楽しめるのは良い。
特に中国での戦いは本格的。

それになんだかんだ言っても、ベタであっても、ハッピーエンドでほっこりした気持ちになる。
>|