いつも心はジャイアントの作品情報・感想・評価

いつも心はジャイアント2016年製作の映画)

Jätten/The Giant

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:90分

3.2

あらすじ

リカルドは頭骨が変形する難病を患い、施設で暮している。父はなく、母親も精神を病み、別の施設で過ごしている。母に会うことも出来ず、特異な見た目から差別の目に晒されてきたリカルドは、辛い日々のなか、自らを巨人化した不思議な世界を空想するようになっていた。 そんなリカルドの人生は、ペタンクという球技に出会い一変する。練習を通じて、親友のローランドやたくさんの仲間を得た彼は、ペタンクの北欧選手権に出場す…

リカルドは頭骨が変形する難病を患い、施設で暮している。父はなく、母親も精神を病み、別の施設で過ごしている。母に会うことも出来ず、特異な見た目から差別の目に晒されてきたリカルドは、辛い日々のなか、自らを巨人化した不思議な世界を空想するようになっていた。 そんなリカルドの人生は、ペタンクという球技に出会い一変する。練習を通じて、親友のローランドやたくさんの仲間を得た彼は、ペタンクの北欧選手権に出場することを決意する。大会で優勝することが出来れば、きっと母親に元気を与え、いつか一緒に暮らす事が出来ると信じて―。

「いつも心はジャイアント」に投稿された感想・評価

yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.1
ドキュメンタリーっぽく撮ってあるけど、ジャイアントの空想の世界がファンタジーなのか?と思わせたり、
施設で身障者のみんなと誕生日パーティーを楽しそうにしたり、
健常者とのペタング大会だったり、
色んな感じが混ぜこぜすぎて、見てて忙しい。。

最後も突然、なんで!?そんな〜!!って終わり方でなかなか咀嚼できない。
HACHI1965

HACHI1965の感想・評価

5.0
何かにつけ意味を持たせたがり論理で納めたがる人には向かない映画かも知れないが少なくても私の心は満たされました、これでいい。
imagoo

imagooの感想・評価

3.3
テリー・ギリアムに感じるインスピレーションと似た感覚を覚える北欧の佳作、完成度を求める人には物足りないかもしれながその物足りない部分を自分なりの感性で結実して作品が成り立つのかも。

#christianandren
#johankylen
#johannesnyholm
ゆた147

ゆた147の感想・評価

4.0
主人公は難病を抱えた青年で、片目で弱視。

片目だからこそ見える世界。情報が多くない分いろいろ想像するのかな。

遠近,立体感を把握しにくいながらもあれだけできるってのは限界突破してますわ。

ペタンク面白そうでした!ビーチバレーはやったことあるしいいやd( ̄  ̄)

いい夢見れただろうか?
この映画は"スッギ"成分多めです。

ホットドッグはマジで許せません。
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.0
心の中の巨人。
お母さんに会う為に、ひたむきに生きる青年。
めちゃ良い相棒の中年男が1人。
Konny

Konnyの感想・評価

2.5
タイトルのみで借りてみた。
ドキュメンタリータッチなの苦手。
ペタンクやってみたい。
love1109

love1109の感想・評価

3.7
主人公リカルドが生きる現実はとても厳しい。神はなぜ、こんな試練を彼に与えたんだろうというくらいに。それでも「何かすべてを超越したものがあるという希望を提示したいと思った」とヨハネス監督はいう。生きる。その無垢で懸命な姿に胸が熱くなる。
Hiro

Hiroの感想・評価

3.0
独特の世界観。ローランドが良い男だった。しかし、この映画のメッセージが何だったのか…よく分からない。
え、これはひどい。

まずカメラワークの素人感がハンパないし、肝心のリカルドの妄想の世界も現実との繋がりが全く見えない。

リカルドが挑戦するスポーツもマイナーなもので、それもこの作品がパッとしない原因かも。
基本的には障害者が主役のドキュメント・タッチのスポ根もの(ペタンク)。
序盤から「生きる価値ないだろ こいつ」と思ってしまうほど心ない人間が世の中にはわんさかいることを率直に描いていて良い。
30の誕生日を迎えて(魔法使いでは無く)巨人になってもそいつらを踏み潰すより、真っ先にお母さんに会いに行くリカルドのひたむきさが胸を打つ。
また、相棒ローランド(めちゃ良い人)との合言葉“スッギ”が最後まで謎なのも○
嫌いじゃない。スウェーデン・アカデミー賞作品賞ほか3冠受賞。
>|