いつも心はジャイアントの作品情報・感想・評価

いつも心はジャイアント2016年製作の映画)

Jätten/The Giant

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:90分

3.2

あらすじ

リカルドは頭骨が変形する難病を患い、施設で暮している。父はなく、母親も精神を病み、別の施設で過ごしている。母に会うことも出来ず、特異な見た目から差別の目に晒されてきたリカルドは、辛い日々のなか、自らを巨人化した不思議な世界を空想するようになっていた。 そんなリカルドの人生は、ペタンクという球技に出会い一変する。練習を通じて、親友のローランドやたくさんの仲間を得た彼は、ペタンクの北欧選手権に出場す…

リカルドは頭骨が変形する難病を患い、施設で暮している。父はなく、母親も精神を病み、別の施設で過ごしている。母に会うことも出来ず、特異な見た目から差別の目に晒されてきたリカルドは、辛い日々のなか、自らを巨人化した不思議な世界を空想するようになっていた。 そんなリカルドの人生は、ペタンクという球技に出会い一変する。練習を通じて、親友のローランドやたくさんの仲間を得た彼は、ペタンクの北欧選手権に出場することを決意する。大会で優勝することが出来れば、きっと母親に元気を与え、いつか一緒に暮らす事が出来ると信じて―。

「いつも心はジャイアント」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

難病を抱えたリカルド
母親も精神を病んで施設で暮らし、彼もまた別の施設に
ペタンクというスポーツをする彼には仲間もいる

誕生日(30歳)に施設を抜け出し母に会いに行く
ハーモニカをふく
ドア越しでしか会えない

空想のなかでは彼は巨人
街を闊歩し、母を窓から誘い出す

ペタンクの北欧大会で決勝進出
ダークホース
優勝目前で敵の意地悪のせいでとなりのビーチバレーのコートに球がいってしまう
取りにいったリカルドを追い出す人々
顔になにか食べ物を投げられ倒れる
救急車で運ばれるも、途中で亡くなる

リカルドの空想のなかでは大きな彼が
母と救急車のなかから救った彼をのせ
海を歩いている

…………
思っていたのとちがった
もっとファンタジー要素が強いかと
枯れの空想シーンのみファンタジー
他はとてもつらい現実
なんであんな意地悪なことするんだ……
スポーツマンとして人として最低
せめて優勝してほしかった
悲しいラスト
最後にお母さんと一緒のゆめを見れたならいいけど
グループアイドルのメンバーの自己紹介みたいなタイトルです。「ジャイアントー!」は皆様ご一緒にご唱和下さい。

未確認の奇病に冒された男・リカルドが、ペタンクというスポーツを通して社会と関わり、選手権優勝という目標に向かって邁進する姿を描きます。リカルドを産んだ母は精神を病み、今は施設で暮らしています。リカルドは母と暮らしたい…。

主人公リカルドを演じる男性は恐らくプロテウス症候群で背も小さく、何か他の障がいも有るのかもしれません。台詞を殆ど発しないのは役柄の上でのことなのでしょうか。実際の障がい者の方も多く出演していて、そもそもプロの役者は出ていないような感じも有ります。所謂“演技を見せる”タイプの作品では無いのだと思います。
撮影が凄くホームビデオっぽいのですが、モキュメンタリー的な効果を狙った訳ではなく、制作環境の問題なのでしょう。劇伴もデジタルシンセ一台で完パケた様な響きです。

…自分はなーにを書いているのだ。
はっきり言うと、意外にも特段感動する様な作品では無くて、かと言って娯楽作品にもなり得ていない、宙ぶらりんな作品に思えました。
リカルドは作中所々で空想に耽ります。現実では小さな彼が、雲を突き抜ける様な大男になって、ビルの谷間を闊歩したり、お母さんを窓から連れ出したり。タイトルはここから来てます。このシーンに限っては娯楽度が高く、誰が見ても楽しいのでは無いかしら?構造的には『ダンサー・イン・ザ・ダーク』に近いのかもしれません。辛い時ほど楽しい事を考える。
自分は理屈を超えてこういう作品が好きなのです。欠点に見える所も含めて。だから、お勧めの仕方が分からないな…。

空想、みんなしますよねぇ?そうでもしないと生きていけないっすよ。

劇中、彼の姿を揶揄う街のバカが出てきます。彼の姿より、私の心の方がずっと奇妙なのに、私は街に溶け込めてしまう。この世はなんと不公平なのか。

空想の中の自分は、誰のことも思いやる事が出来て、誰も傷つけない、スーパーマンみたいな、普通の人なのです。
赤足

赤足の感想・評価

3.5
TSUTAYAの準新作コーナーで発見!
頭の骨が変形する障害のため会話も困難な青年リカルド。父親は居らず、母親は精神を病んで別の施設に。差別的な目で見られる彼は自分の中に巨人に変貌した空想の世界を作りだす。ある日、彼はペタンクという球技に出会い、それを機に友達や多くの仲間と出会う...


「エレファントマン」や「ワンダー君は太陽」のような作品かと思いきや借りて見ると、スウェーデン映画ということで普段見ている映画とは違い一風変わった世界観と音楽とドキュメンタリーチックのようなカメラワーク!この独特な作風に最初抵抗があったものの、物語に入り込んでしまうと気にならなくなってしまうから不思議であり、逆に味わい深く感じてしまうから映画というものは真っこと、面白いものだと改めて感じさせられ

物語は、けっして明るい作品とはいえず重たいテーマとハンデを持ちながら、純粋に必死に生きようとする主人公リカルド、病気の為、ちゃんと話せない彼の行動や母親に対する感情を追いかけ理解していくうちに、その懸命な真っ直ぐさに胸打たれ、いつしか応援している自分がいた。

ペタンクという見たこともないフランス発祥の球技(ルールはカーリング🥌と少し似ている)に打ち込み、親友で相棒のローランドと大会優勝を目指し、トロフィーを母にプレゼントするといった流れは面白かった。時折、病気が発症する場面などは、カメラワークの影響もありよりリアルに感じ

ラストはリアルとファンタジーが混ざりあった。予想だにしなかった展開は切ないながらにも驚いたが妙な説得力余韻「リカルドはそれでいいんだ。」という気持ちが伝わってきた気がした。内容と独特なカメラワークと世界観は観る側、受け取る人により。かなり賛否別れる作品であると感じたが、自分的には新しい映画を発見できたようなそんな、作品で新鮮で面白かった!
まぁ

まぁの感想・評価

3.6
奇形児として生まれたリカルド…
母親は精神を病み…一緒に暮らす事が出来ない…

そんな彼が「ペタンク」と出会い…仲間が出来て…

「生きていて良いんだ」
「自分は存在していて良いんだ」…と…
「拠り所」を見つけられた…

厳しく冷たい「世間の目」…何回彼は涙したのだろう…と…
切なくなったけれど…

彼が本当に欲しかったのは…「母親の愛」だと思う…
「ペタンク」を頑張れば…「母親と会える」
「母親に抱きしめて貰える」
そう思ったんじゃないかな…

だから…ラストの映像に…なったんじゃないかな…

ドキュメンタリー作品かと…最初の方は思った…

この世に、存在してはいけない人…いない…
当たり前の事だけれど…
その事を突きつけられた作品だった…
yokopi

yokopiの感想・評価

3.5
ラストが…!

悲しいことの全てが帳消しになった瞬間かも。例えそれがリカルドの想像の世界でも。

美しく雄大で鮮やかな自然に消えていく。

あぁ。
abemathy

abemathyの感想・評価

3.5
母親への愛、ペタンクへの愛が純粋で真っ直ぐで、そういうのに弱いので、どっぷり主人公を応援し続けました。
巨人の妄想、必要だった?!
まいろ

まいろの感想・評価

3.1
エレファントマンを連想させる主人公リカルド。彼もまた純粋。

ドキュメンタリーのような手法で描かれる現実と、ファンタジックな空想の世界が少し。

一見突飛なストーリーではあるものの地味に心にくるなぁ…。
ぺタンク仲間との何気ない会話やリカルドの離れて暮らす母親を求めるシーンは胸が締め付けられた。

エンディングを観て、切なすぎて目が潤むと同時にもやもやが残ったけど。
説明が少ない分、観た人が自分なりの解釈で感じとれるラストになっていたと思う。
うさこ

うさこの感想・評価

3.8
ドキュメンタリーかと思うほどの自然体。
リカルドの健気な想いと心を患ってもリカルドを想うママ。
ママの部屋に沢山あったトロフィーはリカルドの物?ちょっと分からないところもあるけど、懸命に頑張るリカルドと友達の友情に心動かされました。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.1
ドキュメンタリーっぽく撮ってあるけど、ジャイアントの空想の世界がファンタジーなのか?と思わせたり、
施設で身障者のみんなと誕生日パーティーを楽しそうにしたり、
健常者とのペタング大会だったり、
色んな感じが混ぜこぜすぎて、見てて忙しい。。

最後も突然、なんで!?そんな〜!!って終わり方でなかなか咀嚼できない。
HACHI1965

HACHI1965の感想・評価

5.0
何かにつけ意味を持たせたがり論理で納めたがる人には向かない映画かも知れないが少なくても私の心は満たされました、これでいい。