四月の永い夢の作品情報・感想・評価

四月の永い夢2017年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

滝本初海、27歳。中学の音楽教師を辞めて3年、近所の蕎麦屋でアルバイトをしている。変わらない日常のなかにふと訪れた一葉の手紙。それは3年前の春に亡くなった恋人が初海に向けて書き遺したものだった。隣の工場で働く青年からの求愛、かつての教え子との再会、そして初海自身が隠していた想い。一葉の手紙をきっかけに、変わることのなかった真夏の日常が少しずつ動き始める。これは、滝本初海の止まっていた季節が、再び…

滝本初海、27歳。中学の音楽教師を辞めて3年、近所の蕎麦屋でアルバイトをしている。変わらない日常のなかにふと訪れた一葉の手紙。それは3年前の春に亡くなった恋人が初海に向けて書き遺したものだった。隣の工場で働く青年からの求愛、かつての教え子との再会、そして初海自身が隠していた想い。一葉の手紙をきっかけに、変わることのなかった真夏の日常が少しずつ動き始める。これは、滝本初海の止まっていた季節が、再び動き出すまでの物語。

「四月の永い夢」に投稿された感想・評価


なにも事件は起きないけど、観て得をした気分になる映画。

止まっていた時間が動き出そうとするまでを描いていて、よくヒロインの成長とかは描かれがちだけど、この映画はその手前までで個人的には好きです。

三浦貴大さんよかったなあー
上映前の作品紹介で、監督が声にこだわってキャスティングしたって言ってて、朝倉あきさんの声を聞いた時は雷走りました!
すんごい良い声していて、不思議な声なのにワザとらしくなくてすごく良かったです。

もともと、走れ、絶望に追いつかれない速さで、を観てこの作品にたどり着いたのだけど、出会えてよかった

人にオススメというよりは、これを観ようとして観た人と話したい
下高井戸のリバイバルで見た。
朝倉あきの声が綺麗すぎて冒頭のナレーションから一気に引き込まれた。
あとラストが完璧すぎる。あの絶妙なタイミングでの締めくくりと朝倉あきの絶妙な表情。もうたまらなく好きすぎる。
関係ないけど下高井戸めっちゃいい街で住みたい。
柘植

柘植の感想・評価

3.5
多くは語らない静かな物語。
元恋人の母親の「人生はいろんなものが減っていくものだと思うの」という言葉と、最後のラジオが流れるのシーンがとてもよかった。
くぅー

くぅーの感想・評価

4.0
my映画館2018#73> 先週までは予告編も見ることなく全くノーマークでしたが、ふと見たポスターに惹かれて映画館へ・・・これも映画の醍醐味。

で、とても詩的で優しい余韻で帰路に着きましたね・・・たまには出会う必要がある作品だったかと。

訳ありの過去に囚われるかの様に行き詰まってる女性・・・そんな彼女の日常に思わぬ出会いが重なり、刺激を受け、いよいよその過去に踏ん切りを着けるドラマ。

派手さは皆無なので、無理にオススメはしませんが・・・『カサブランカ』にオマージュを捧げたり、音楽にアクセントがあり、心をくすぐられる。

そう、淡く儚いシーンもあり、そして、あの独白を受けてのラストのショット・・・思わず身を乗り出す表情が待ってましたね、お見事。

と思ったら、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』の中川監督で、妙に納得。

キャストでは、朝倉あきの熱演に尽きるのだけど、三浦貴大に川崎ゆり子らの助演もいい。

最後に、国立市がロケ地で、その昔、研修で1ヶ月滞在した地で、商店街が懐かしく感じましたね・・・あの銭湯、行ったかもしれない。
HappyMeal

HappyMealの感想・評価

3.8
朝倉あきの魅力がすごい

「走れ、〜」の時にラストのこと書いたけど、これは本当に暗転してほしいタイミングとコンマ1秒ずれずに終わったから拍手したくなった
あの表情が映画の中で一番良かった

あとはオープニングも最高だったなあ
舞

舞の感想・評価

4.4
ラスト1秒鳥肌たった
エンドロール全部見て余韻噛み締めた後、巻き戻してラストだけもう1回見た
長回しのシーンにしっかり時間が使われていて印象的。ヒロインの全てが美しく、若手俳優陣の自然な初々しさ、ベテラン俳優陣の安定感の調和が絶妙で、野原を歩くシーンのズームイン&アウトの手法が新鮮だった。
30

30の感想・評価

3.9
すっごい、ラスト、あのラスト、朝倉あきの表情に鳥肌が立った。
すごい、すごい。

ラジオ、音楽、カサブランカっていう見え隠れする監督のセンスや好みがドンピシャでたまらん、、

余韻がぼおっと残る
「四月の永い夢」なんでまだ観なかったんだ、と自分を責めた。冒頭の美しい景色、朗読シーンからこの映画に惹き込まれてた。言葉がとても美しく、ラジオやら手紙やらオールドメディアだったりバーグマンだったり散りばめられた要素が私好みで心地よく…監督のセンスすき。手紙のあの表現が心に響いた震
藍沢悟

藍沢悟の感想・評価

5.0
冒頭の朗読シーンから引き込まれた。
桜の木の下で立ち尽くす初海の表情が忘れられない。
彼女の時間はあそこからずっと動けなかったんだろうなと思うと切なくて、でも人を亡くした後の喪失感ってこういうものだと思うんだよね。
そこから何がきっかけとなって前へと進むのか?
それは誰にも分からない。
折り合いをつけるのは自分だから。
きっと、一生折り合いをつけられない人もいる。
初海はいつも明るく見えるけど、その表情の裏にいつも寂しさがあった。
初海の周りの人は確実に変化をしてて、だからこそ上手く前に進めない初海の姿に涙してしまった。
それらを踏まえて観たラストシーンの輝きはとてつもなく美しく、素晴らしいものだった。
誰かと心が繋がる瞬間をこんなに丁寧に切り取ってくれて有難う。
凄くポジティブな映画だった。
死ぬほど泣いたのに、凄く前向きな気持ちになって映画館を後にした。
はー、今とても幸せだ!!
観終わったあとも余韻が微かに残っていて、ずっとぼおっとしています。

監督が親友を亡くし何も入ってこない状態だったとき、唯一入ってきたのが高畑勲監督作『かぐや姫の物語』の朝倉あきさんの声だったそうで、本作の主演にキャスティングしたそうです。監督が声や音を大事にされていて、ラジオがキーになっていたり、音が心地の良い映画でした。

3年前に恋人を亡くした初海は、中学の音楽教師を辞め、蕎麦屋でアルバイトをしていた。変化のない毎日に天真爛漫な元教え子や、蕎麦屋の常連の青年が彩りを添えていく。

作品の舞台が国立市であることに個人的に共感しました。
>|