四月の永い夢の作品情報・感想・評価

四月の永い夢2017年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

滝本初海、27歳。中学の音楽教師を辞めて3年、近所の蕎麦屋でアルバイトをしている。変わらない日常のなかにふと訪れた一葉の手紙。それは3年前の春に亡くなった恋人が初海に向けて書き遺したものだった。隣の工場で働く青年からの求愛、かつての教え子との再会、そして初海自身が隠していた想い。一葉の手紙をきっかけに、変わることのなかった真夏の日常が少しずつ動き始める。これは、滝本初海の止まっていた季節が、再び…

滝本初海、27歳。中学の音楽教師を辞めて3年、近所の蕎麦屋でアルバイトをしている。変わらない日常のなかにふと訪れた一葉の手紙。それは3年前の春に亡くなった恋人が初海に向けて書き遺したものだった。隣の工場で働く青年からの求愛、かつての教え子との再会、そして初海自身が隠していた想い。一葉の手紙をきっかけに、変わることのなかった真夏の日常が少しずつ動き始める。これは、滝本初海の止まっていた季節が、再び動き出すまでの物語。

「四月の永い夢」に投稿された感想・評価

mura

muraの感想・評価

4.5
もう好みの問題。傷ついた女子を応援したくなるかどうか。その点では、朝倉あきが本当にいい。僕のなかで上半期のベストアクトレスかと。確かに応援したくなった。

恋人が突然に死んだ。それから3年、モヤモヤを抱えたまま過ごしていたハツミのもとに、恋人の母親から手紙が届く。ハツミに宛てた手紙がひとつ残っていたと。そうしたとき、ハツミのことを想う男があらわれる。しかしその気持ちには応えられない。そのなかでハツミは恋人の実家に向かう…

うなされるわけではないが、いつも不快な表情で目覚めるハツミ。「永い夢」から抜け出せないことがわかる。それは冒頭で桜が満開の道を歩いていることから「四月の永い夢」であることも伝わる。

上手いなと思う。

また、とにかく歩く。歩いているシーンが多い。そのなかで最後に歩くのは、あの桜の道。でも、3年余りが過ぎ、季節は夏に。緑の葉におおわれている。そこでようやく「四月の永い夢」から醒めるということか。

いやぁ、やっぱり上手い。

それも朝倉あきがあってか。嬉しそうな顔と寂しそうな顔と、いつの間にか身につけた愛想笑いと心からの笑顔と…心情がよく伝わってきた。その流れのなかで最後の笑顔。いいねぇ。

ラジオで音楽を聴くと元気になる…こういった設定もいいなと。
古風な夏を切り取っている画が綺麗だった

あまり繋がっているように見えなかった、主人公が彼氏が死んでからの三年間と、行動から見える主人公の性格が映画の中だけであれほど充分に描かれていたのにラストで驚いた

あと、主人公の性格はふわふわしてるのだが、それが愛想はありつつも一言一言どこか他人事のように聞こえてくる透き通った声とピッタリで、赤い靴の曲「書を持ち僕は旅に出る」と共に心に残る

https://youtu.be/iN76vywApHo
jijiko

jijikoの感想・評価

3.7
もやもやっとした展開。
それが2人の人と出会うことですこーしずつ変わっていく。。

最後の最後のあの笑顔。
見終わった後も、次の日もあったかく心にのこってます
『人生って失っていくもの』

ずっと優しい雰囲気。過去の心の傷。忘れられない人、理由。癒すには時間も必要。自分で向き合うことも必要。または新たな優しい人がきっかけでもいいよなぁてしみじみ観た。お母さんの言葉ささる。人生ってほんと色々失う。今自分に必要な人やモノは大事にするべき。ラジオにやける。
natsu

natsuの感想・評価

3.7
久しぶりの朝倉あきさん。一時期、女優業停止してましたよね。顔の印象が変わっていて、なんだか、かなり大人になった印象。

とてもゆっくり、丁寧に撮られている印象はあるけれど、少しだけ違和感もある。
亡くなった恋人の死因は早いうちから想像はできる。ただその原因が自分にあると思っているのか、最後まで一緒にいれなかった自分を恥じているのか、責めているのか…。見終わってからフライヤーを見返してみて、そこにヒントがあったことに気づいたのだけれど。亡くなった彼へのどうしようもない怒りみたいなものもどこかにあるのだろうと思う。

告白後の彼の母の言葉に、共感するとともに許される気分になる。人生は何かを獲得していくものだと思っていたが、実は失っていくものだと気づいた、といった言葉。
歳を重ねたからこその言葉なのかもしれないが、私もそう思うようになった。
生きていると失っていくものはとても多い。それを悲しむだけでなく、受け入れていくことが、人生なんだとしみじみ感じている。
若くして大切なものを亡くした時の喪失感はとてつもなく大きい。獲得する人生の真っ只中にいる周りの人が羨ましく思えたり、どうしようもなく悲しみが押し寄せてきたり、動けない自分を責めたり、原因となる相手を責めたくもなったり。。
でも喪失感とはいつか皆、直面するもの、気づくものなのだ。
一足早く経験してしまったけれど。それを受け入れ昇華する。その時、今まで以上に世界に優しくなれて、また人は前を向いていけるのだと思う。

でもね、誰にも言えないものかな?恋人と〇〇〇たこと。お葬式の時には。3年もの時間が経って気持ちが整理できたから、言えたのだろうか?なんとなくそこが、私には違和感がある理由かもしれない。あとね、音楽の先生なんだ!っていう驚き。映画の中で言ってましたっけ?彼女の暮らしぶりからも感じられなくないですか??

岸恵子さん、なんだろうすごく存在感あった。母親役なのに色っぽさもある。私的注目度、上昇中〜。
青柳さんは、今泉監督以外で初めて遭遇したかも。そして、教え子役の彼女、どこかで目にした気もするけれど映画はじめて?なのかな?今後の期待大なのです。
三浦くん、こういう不器用な役、意外ににしっくりきました。イイね。
作品全体の印象は、ストーリーの割にはほっこりという感じ。

前半は、ゆっくり流れる時間を背景に主人公初海の人物像や初海を取り巻く環境、そして少し変化を見せ始めた初海の生活を丁寧に描写している。これが、後半に活きてくるのだが、その副作用として前半は、ちょっと退屈に感じてしまう観客もいると思う。話は少し逸れますが、朝倉あきさんの透明感ある演技が初海の人物像を観る者に植え付けるのに大きな影響を与えているのは言わずもがなです。

一方、事前情報として知らされていたあらすじの「恋人を失くした喪失感」だけでは説明できない初海の言動に違和感を持ちながら観続けていたが、ラストシーンまで観終えると、「なるほど」となる。ただ、本作品は、もう少し明確な説明をして欲しい部分が敢えてあからさまになっておらず、観客により受け止めが結構変わり、それ故に作品の評価も変わる気がした。

ラスト近くの恋人の母親の言葉に主人公は救われたが、多くの観客も救われるかもしれない。
PORK

PORKの感想・評価

3.4
このタイトルなのにほとんど夏のシーンなのがすごい。真夏の夜の永い夢。

3年前に別れた今は亡き彼氏の母から生前の手紙が届くとこから始まる。ノクターナル・アニマルズばりに苦悩していくのかと思いきや、意外と和やかに暮らす。そこがふとした瞬間に火が点いてと。

あの女教師がマジで腹たってね。てめえは藁にも縋る思いで代打を探さなきゃなんねえのに、なんだそのいい草はおいコラ。こいつと初海ちゃんが何故友人なのかが本当に解らん。正反対だからこそ合うっていう次元じゃないと思う。こいつの行動は優しさではない。

朝倉あきちゃんへの好きまり方がうなぎ登りなんやが。変な言い方だけど臭みが全くない。こんな育ちの良さを体現している女優おるか?好きすぎんよ〜〜〜〜〜〜。
恋人が亡くなって音楽教師を辞めた主人公。3年後のある日、亡くなった恋人から手紙が届く。そして主人公の生活にも変化が訪れる。

タイトルは「四月の永い夢」

手紙が届くまで新しい生活へ動き出す訳でもなく、惰性のようにお蕎麦屋でアルバイトする生活。

恋人と過ごした日々を思い出しながらの生活は心地好かったのかも。

恋人からの手紙によって隠してた事実、言えなかった気持ちを吐き出して、新しい生活に進めそうな新緑の中。

最後のシーン、想いを寄せてくれる人の言葉を間接的に聞いた時、主人公の力の抜けた良い笑顔にホロっときました。
記録
めぞん一刻の響子さん こんな感じだったのかなって思いながら観てました。
いいあんばいの恋愛模様で、見ていて気持ちいいですね。ラジオが好きな自分としてはそれまでなかった都合良さも許せるものでした。セカチュウの深夜ラジオを思い出しました。
mutenka

mutenkaの感想・評価

3.8
主人公めっちゃかわいい❗️
特に声が好き。
主人公が音楽聴きながらの帰り道、ずっと楽しく帰ってほしいと思った。
>|