月とキャベツの作品情報・感想・評価

「月とキャベツ」に投稿された感想・評価

まりも

まりもの感想・評価

2.9
山崎まさよしさんが若い!山崎さんについて、そんなに知っていることは少ないのですが、演技デビュー作ということなので芝居うんぬんより、にじみ出る魅力を感じました。なんだか色っぽい。肩のラインだとか完全に好みです。(笑) Tシャツとパンツの感じも馴染んでいて、衣類と肌の間の空気感といいますか、良かったです。そこの空気まで想像している自分もなんだかなあ、と思いました。あはは
そして、背中からおおいかぶさるようにしてピアノを弾きながらの耳元で歌われた日にゃ!
反面、ヒロインの方がわたしのタイプではなくて苦行でした。無邪気が恥ずかしく。青さ、が恥ずかしいのかもしれません。もしかしてそれを自分が無くしてしまったからなのか?だとか内省したりしました。
ストーリーは予測できますし、終盤のたたみかけは無い方がよかった気もしますが、山崎まさよしさんを堪能できる作品。
淡々と美しく雰囲気がよい
若い時の山崎まさよしがめちゃくちゃイケメンのうえに超セクシーでこりゃモテただろうな、、、とおもった
RN

RNの感想・評価

-

one more time one more chanceが映画の中で作られていくこと 観終わった時に完成して目の前に本当にあること 全てが過去からやってきたことを痛感する
shiori

shioriの感想・評価

3.5
山崎まさよしの手が スゴク大きくて温かそう。 結末がわかってしまっても、多少違和感があっても、 あの空間では許せてしまいます。キャベツがあまりにも綺麗。最後のピアノを弾きながら歌う場面ではどうしたって切なくなってしまう。 休日なのに早朝6時前に起きてこの映画を観ようと思ったのは正解でした。
kaho

kahoの感想・評価

4.6
これこそ隠れ名作。なぜもっと伸びない…
夏始まったときに見ればよかった。とにかく雰囲気がすごくいい。外でギター弾いたり、ご飯食べたり…まず家が学校ってのがいいわ~。キャベツをフォークとナイフで食べるのが美味しそうに見えて今日のご飯はキャベツにすることにした🍴
malu

maluの感想・評価

4.5
夏の終わりにピッタリ。田舎の自然の映像と真田麻垂美の透明感と山崎まさよしの歌でノスタルジックな気持ちになった。
ストーリーはなんてことないんだけどキャストと曲が素晴らしかった。
そしてキャベツが本当に美味しそう!
山崎まさよしの音楽が好きじゃない人には向いてないかも。
山崎まさよしの色気と存在感、俳優としてももっと映画で見たいな〜
jabbakiko

jabbakikoの感想・評価

3.9
今観るときっと少し古く感じるのかも知れないけど、当時はとても大好きな映画だった。煮込んだキャベツをナイフとフォークで食べるのを真似したなぁ。
プロモーションビデオを映画にしたに過ぎない。
山崎まさよしのファン以外に観る意義があるのかというと、個人的には全くないと思わざるを得ない。
最初は芝居下手くそやなって思ったけど途中から気にならないくらい入り込んで観れた。

オチ何となく予想できてたけど、補っても余りあるヒバナの透明感や儚さ、「One more time , One more chance」が良すぎてラストシーンは泣きそうになった。
バンドのベースが田中要次さんでつかみは◎
また、女の子が踊っている姿はどこか映画KOTOKOを思い出させる。

撮影の舞台の学校や自然の風景が素晴らしく、ふたりの少したどたどしい演技も不思議と気にならなくなる。

ラストの歌とダンスはグッとくるものがある。
>|