春原さんのうたの作品情報・感想・評価

『春原さんのうた』に投稿された感想・評価

あかぬ

あかぬの感想・評価

5.0
オールタイムベストに入る作品
書きたいことが多すぎていつまでもまとまらない、また今度

【春原さんのうた】3.8
説明は極力省かれていてそこから立ち上がってくる何かを汲み取る映画なのかな?
なので多分勘違いしてる部分もあると思う
答え合わせでもう一回観たい
ある意味感受性が試されている…

>>続きを読む
F

Fの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

淡々としていて、静謐で、
台詞も登場人物の関係性の説明もほとんどなく、かなり余白が多い作品だった。
短歌が原作とのことで、納得。

不在に感じる存在。語らないことで語る。
引き算と余白、とても日本人…

>>続きを読む

あたたかで静かで心地の良い余白

何か買うために出かけたのに何も手に付くものがなくて、でも無理矢理にどれかで手を打つのも違う。みたいな、、
そういう、名前の付かない付けられない靄の中でまどろむような…

>>続きを読む
Jellyfish

Jellyfishの感想・評価

5.0

杉田協士 監督の一番好きな長編作品、下高井戸シネマの特集上映で3度目の観賞。

明と暗・静と動・哀と楽の振れ幅と、寡黙な語り口のバランスが絶妙で、飯岡幸子 の撮影も、なぜか杉田監督の他の作品に比べて…

>>続きを読む
ツバサ

ツバサの感想・評価

3.6

極端に説明がない映画。
終盤にかけて、そういうことなのかなとは思ったが確信は得られないまま終わってしまったという感じ。
でも作品全体の優しい空気感は好き。
モヤモヤした気持ちと「なんかいい映画観たな…

>>続きを読む
mi

miの感想・評価

3.6

すごくいいシーンが時折あるんだけど(おじさん、電柱など)、なんか、全体を通しては、よくない意味で男性が撮った女性像、という感じがしてしまうどうしても 抑えつけるほど自然っぽくするほど女性が女性でない…

>>続きを読む
AitsuT

AitsuTの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

東京国際映画祭で『彼方のうた』と杉田監督の舞台挨拶を観てからずっと上映のお知らせを待っていてようやく観賞出来て嬉しい。以前聞いたお話の通り、同じ街の中で本作は"さっちゃん"のそばでカメラが回って撮れ…

>>続きを読む
捨菊

捨菊の感想・評価

4.5
 登場人物の人生を想像し続ける映画。正解にはたどり着けないけど、可能性が思い受かんでくる。
ぬ

ぬの感想・評価

4.5
優しさの映画。

生活を、生きていくということを、見届け、記録する。

ひとの回復の過程、再生の過程を、じっと見届ける。
>|

あなたにおすすめの記事