フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法のネタバレレビュー・内容・結末

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

3.8

あらすじ

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿されたネタバレ・内容・結末

子供視点からの撮影が素晴らしく、風刺の効いた作品。
自然主義的な作品だけども、凄く丁寧な脚本で花火とか含め、フリが効いてるシーンもあり。
ボビーの視点からの優しさもあるが、売春時のシャワーシーンなどの見せない演出はゾッとする。

ヘイリーに「お前がしっかりしろよ!」というのは簡単だが、到底一言で片付けられる問題ではない。
大人が泣きそう瞬間がわかるというムーニーの敏感さは、子供といえど理解しているということ。
ラストの泣きシーンを観た時は、もう…,。

売春時にディズニーチケットを盗み、その男は妻子持ちだった。
ラスト、マジックキャッスルから抜け出たムーニーはジャンシーと夢の国ディズニーへと逃げ込み、シンデレラ城が映って終わり。
ディズニー内はおそらくフィルムではなく、手持ちのデジタルで撮ってると思いますが、そこに映る家族たちの姿は、カメラと売春の件もあるため、何か偽物感があり、なんて悲しい皮肉。

大人の事情で子供達は安モーテルにおり、選択肢はなく、一番の犠牲者は子供。
最後に自分たちで選択できるのは夢の国のシンデレラ城に逃げ込むだけであり、それが唯一の助かる手段。
ラストは皮肉もあるが、映画も含めたフィクションの世界が希望の逃げ道というのは、大きな救いでもある。
 アメリカの貧困層の生活の話。

 カラフルな建物や突き抜けるような青空の中で恐ろしく自然なお芝居の子役たちの縦横無尽な生活が飛び道具でそれを見ているだけでニコニコしつつ、しだいに締め付けられていく映画でした。

 映画のほとんどが子どもたちの遊びや母親との生活とモーテルとその近場しか映らないですが、貧困層を悲しく描くわけではなく、ある程度の距離感を持っているのも好感のもてる作品でした。モーテルの支配人のウィレム・デフォーのキャラクターもこれまた飛び道具でめちゃ良い人を演じていてズルかったです。

 主人公の母親が終始褒められた人間ではなく好きになれないし、モーテルの支配人も子どもたちの守護者としてフィクション度が高くなっちゃって入り込めない部分もありました。

 とはいえ、夢と魔法の国の近くに住む人たちを見せてくれて面白い映画でした。
是枝作品に通じる、子どもの自然な演技、飽きさせない構図に惹きつけられた。
ディズニーのラストは妄想か、やや強引に感じた。

「フォークが飴だったら最後に舐められるのに」
ドキュメンタリーのような作品であり、最後、誰もが親娘は引き離されると予想しただろうが、ラストでは少しだけ夢を残した。

友達が引き離そうとするムーニーを隣接するディズニーランドに連れて行き、観客で賑わうシンデレラ城の遠景で終わる。
なかなか上手い。
「隠れホームレス」と呼ばれる人達の日常を子供の視点から、しかも、カラフルでポップな世界観で描いたところが斬新な作品でした。

出てくる子供達は、生意気で、不潔で、憎々しい程に太々しい。
厳しい環境でも楽しんで生きる姿勢にはタフさを感じるものの、正直、あまり可愛いとは思わなかったかな。笑
でも、子供を大人にとって都合の良い存在として描かないところが、リアルだな~と思ったし、「此の親にして此の子あり」といった感じで、親の性格を子供がトレースしてるのも面白かったです。

母親のヘイリーは子供目線になって一緒に遊んだりもするから、子供に懐かれるのは、すごくよく分かる。
でも、それは逆説的に、彼女の幼稚性や責任感のなさを表してもいて、彼女自身もまだ子供なんですよね。
ムーニーの生活や安全よりも、自分の感情を優先させてしまい、ムーニーを危険に晒してしまう事が多々あり…。
やっぱり親になる以上は努力して大人になる必要があるんだなと思いました。

映画の後半、親子は離れ離れにさせられます。
あれだけ見ると、「福祉の人間は酷い!」と思いがちですが、ヘイリーが今後も安定して子供の面倒を見続けられるとは思えません。
そして、親がネグレクトを起こすとどうなるか…というのは、是枝監督の『誰も知らない』を見れば分かると思うので、興味があれば見てみて下さい。

ヘイリーは褒められた親ではないし、ムーニーも憎たらしいガキです。
でも、彼らの事が嫌いか?と問われると、決してそうではありません。
ヘイリーはヘイリーなりに、ムーニーとの生活を守ろうとしていたし、ムーニーもムーニーなりに、厳しい現実に負けない様に生きてきた。
本作は貧困だからと言って、彼女達の闇だけを描くのではなく、光も描いている…だからこそ、彼女達の心に寄り添う事が出来るのでしょう。

ラストに用意された展開。
個人的には『ラ・ラ・ランド』に近いフィーリングを抱きました。
現実は違うかもしれないけど、せめて夢の中では、映画の中では…という願いの具現化。
それと同時に、あれはムーニー達の掛け替えのない日々を象徴していたのかもしれません。
テーマパークの外側であろうが、内側であろうが、彼女達の思い出や友情の輝きが変わる事はないのです。
やばい映画を
見つけてしまった。。

まず最初の始まり方が
とても好き。
とてもワクワクする
ような始まり方で
とても良かったし、
あぁ、この始まり方好きだなぁ
って思えた。

そしてムーニーの
いつでも楽しんでる感じが
とても良い!
周りの環境に押されず
楽しんでる感じがとても良い。
自分が入っているお風呂に
男性が入ってきた時、
とても驚いてこわばっていたが、
その次の日には、
とてもニコニコ笑ってスキップをしながら
ママと一緒に歩いてた。

そしてなんといっても最後の終わり方。
あれはエゲツない。
あんな感じで終わるの初めてみた。
この解釈は間違っているのかも
しれないけど、あの終わり方はとても
強引で何かあっけなかった。
だけど、その終わり方が
示したのは、ムーニーとジェンシーの
とても一緒にディズニーに
行きたいという感情ではないか、と
自分は感じた。それに加え、
なんかとても自由な感じで
終わっているからなんかムーニーみたい笑

結果的に、とっても面白い映画でした。
やっぱり映画観るの楽しいぃ!😍
全体としてとてもよかったが
ラストシーンにだけ言及。

あのまま、警備員からも逃げおおせて、ずっと夢の国で暮らすという本当のおとぎ話があっても良いのに。
“2018年映画ベスト”タグでよくお見かけしたから一応鑑賞

よくわからん…てか雰囲気映画ばっか好きな知り合いがポスター公開の時点で推してたから期待してなかったけど、やっぱ好きじゃ無かった

いやいや、管理人がいいんだよって当たり前だろ!そんなん観てわかるわ!メインキャラ唯一の常識人で渋いってそりゃそうなるでしょうよ!

キッズたちも演技力は凄いんだろうけど躾のなって無さが凄すぎて全然可愛いと思えなかったわ
香水没収のくだりも(意地の悪いことに)やったれやったれ!とか思っちゃったし
母親が児童保護局にブチ切れての口元ドアップの「ファッキュー!!!!」も、こちらとしては自業自得!!!!としかならなかった。
貧困の連鎖?とか、それゆえにそこから抜け出す術がないとか、そういう問題は理解できたけど、これかなり合う合わないあるんじゃないかな
映画館で観てたら違ったのかしら?

青空とパステルカラーの映像は綺麗だった
おもちゃみたいな色彩の町と対照的に、ラスト直前まで音楽がなく、困窮した生活もヘイリーが追い詰められていく状況も何となく抑揚に欠けた描写で展開されていく。最後にムーニーが初めて子どもらしく泣くところで、気持ちが爆発して一緒に泣いてしまった。
夢の国の内側へ入り込んで唐突に終わるラスト、やるせない気持ちになった。
とにかく映像が鮮やかでポップで可愛い
そんな明るい色使いの中に貧困がチラついてて胸が苦しくなる
最後、ムーニーがジャンシーにお別れを言うシーン。初めて見せた涙がすごく印象的
ジャンシーが手を引いてムーニーをディズニーに連れてくシーン(ディズニーのセキュリティーはそんな甘くないぞというツッコミもあったけど)は、誕生日にディズニーの花火を見て嬉しかったから泣いてるムーニーを連れてきたのかなとか、キラキラしてるディズニーのすぐ近くには貧しい暮らしがあるのかとか色々考えてしまった
あとボビーがすごくいい人で苦労人で好き
>|