フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法のネタバレレビュー・内容・結末

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

あらすじ

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々…

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく—

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿されたネタバレ・内容・結末

貧しいことを嘆かず、明るく生きていこうとする親子の姿が良かった。すぐ隣にはディズニーランドがあるっていう設定も面白かった。

でも子供達の放火はアカンやろ。普通にスルーしててビックリした。犯罪やで。
鳥さん、管理人のウィリアムデフォー、夕景のフィルム撮影ならではのショットの数々は素晴らしい。
けど、子供、母、管理人の視点がばらけていて
子供たちの自然さもいいのに、ドラマがうねっていかず
最後にとってつけたような、泣かせの芝居と、iPhoneによる夢の国撮影も感動はしない
誰も知らない
の構成力があれば、わかりやすくもっと賞が狙えたかもしれない
・ボビーかっこよかった。
・あぶない
・ラストシーン

ディズニーランドの近くの安モーテルが舞台。いくつか建物出てくるけど映画の舞台装置としては魅力的だった。モーテルのマネージャーのボビーがタバコに火をつけて部屋べやに明かりが灯るシーン良かった。

ヒロインは小さな少女。若いお母さんはお金に困って借りてるモーテルで客をとるようになる。その間ヒロインはお風呂に入って遊んでなさいと言いつける。客を取っているのがモーテルの住人の噂になり子供を保護する人がくる。誰が通報したかはわからないけどいつヒロインが危なくなっても不思議じゃない。

保護官に連れていかれるまえに男の子の親友に別れを告げ、女の子の親友に別れを告げにいく。理由は言えないけどバイバイしなきゃいけないのと玄関で大泣き。女の子の親友が泣いてるヒロインの手を取って走り出し近くのディズニーランドに。映画はシンデレラ城で終わる。

女の子の親友は泣いてる友達をディズニーランドならなんとかしてくれると思ったのだろうか?

呆気ないラストなのだろうか。
子役の演技には圧倒されました。

夢の国のそばの安モーテルにくるす親子。
周りには愛に溢れた大人もたくさん。
子供たちはのびのびと育っていて、いつも無邪気で自由で、楽しそう

口が悪くていたずら好きがたまにきずだけど。

3分の2はひたすら子供たちの楽しい夏休みを見ている気分。
カラフルで暑くて優しい。

ムーニー親子の愛の深さにほっこりする。
ムーニーはお母さんが大好き。

ただ、母親は世間的にはいい母親とは言えなかった。

2人を襲う現実を前に、
ムーニーはラスト5分で初めてなく。
その涙を見てこちらも大号泣。

そして親友と逃げたのは近くにあった夢の国だった。



朝食のシーンでも食べているのはムーニーだけ。
食べることは生きること、というのをみると、そのあとの展開の伏線だったのかもしれない。
前作もそうだったけどこの監督の作品観た後は世の中が愛おしく思えてくる。なんでだろ?人間の愚かさとかを変に取り繕うとしてないからかな。
そして揉めてる時の演技とか言い回しが超好き。エスカレートするほど笑えてしまう笑

全編通してそんなに大きな展開もなく淡々と描いてるんだけど人との繋がりとかボビーの優しさにグッと来る。ただ優しすぎるのもやっぱダメだね。途中でボビーがちゃんと怒ってあげてればヘイリーも少しは考え直せてあんなラストにはならなかったんじゃないか?

そしてヘイリー。ほんとめちゃくちゃだけど子供にはちゃんと愛情注いでるし、どうしても悪い奴に見えなかった。絶対自分なりの信念とかがあるはずだからそこをもっと掘り下げて欲しかった。ああならざるを得なかった背景とかも。

とにかく子供に悲しい思いは絶対させちゃダメだね!
ストーリーはともかくルックがカラフルで俺は好きだった!
フロリダのディズニーランドのすぐ側にある安モーテルで暮らす”隠れホームレス”と呼ばれる、ちゃんと家を借りることができない人々の物語。

夢の国のすぐ側にそんな暮らしをしてる人がいるやなんて思いもしなかったし、”プロジェクト”っていう言葉の意味も知らなかった。

ディズニーとモーテルという狭い世界を通して(しかも子どもたちの目線!!)夢の国で見過ごされている過酷な現実を描いてるんやけど、それって世界中のすべてのことに当てはまるわけで、こういう表現の仕方があったかって物を作りたい側の人間としても思わされたのでした。

たしかに子どもたちの言葉使いが聞くに耐えないほど悪いっていうことで評価を下げる人もいるとは思うんやけど、それでもラスト付近の彼女の演技を見たら全てが吹っ飛ぶと思うんよね。必死に演技してることで、口の悪さも演技って気づく瞬間、フィクションが現実を超えてた。

ラストについてはいろいろあると思うんやけど、ホンマにあの娘さんのラストの助けて欲しいけど、何も言えないあの演技だけで満点なぐらい胸を打たれました。
イクスピアリがらがらだった
観た後ディズニーに走って行ける劇場は日本でイクスピアリだけなのに!
アメリカのお菓子みたいな色のモーテルや建物とフロリダの真っ青な青空と映像の綺麗さと子供の目線から撮った映像に、自分の子供の時を思い出した
扇風機のあー遊びとかノブコブの脇で音出すやつとか、ホントくだらないことをずーっと飽きもせずやってたり、空き家に忍び込んでドキドキしたり、あと、プールのトップレスおばちゃんの一件は結構ツボ。
ああいうパンチの効いたおばちゃんや、ちょっと幼児好きのおじさんみたいな人はよく遭遇したのでそんなことが懐かしくて、あと子供たちの自然さに演技っぽさが全くなくてそれにまた引き込まれて

ヘイリーは働きたい意欲はあるが貧困から抜け出せない
仕事がなくてもお金がなくてもムーニーに当たることはなくそれでも笑顔でクレイジーではあるが愛情をもって娘に接していく
きっとヘイリーも同じような親に育てられ、ムーニーも同じように子供を持つのだろう
抜け出したいのに抜け出せない負の連鎖が子供たちの無邪気さを見てさらに辛くなる

ヘイリーの下の階に住む友達も子供達がしたことを公に出来ないし、かといってこのまま子供達を遊ばせるわけにもいかないし、どのキャラクターも責めることができない


レビューでラストがすごいと聞いていたので、何が起こるのか親子が引き離されるシーンくらいからドキドキしていたが、そんなにでっかいラストではなかった

でもあの人生の中で短いディズニーへの逃亡がムーニーの先の人生の支えになるといいなと思った。
あの先がどうしても気になっていつもはみないエンドロールを最後まで見た

色彩鮮やかなポスターに惹かれて鑑賞。

フロリダのディズニーランドの国道沿いにある安モーテルに住む母娘とその他の人の話。
すごくリアルでドキュメンタリーのような世界観。

6歳の女の子ムーニーから見たモーテルの世界は貧しいけれど悲しくも寂しくもない。
ただその鮮やかさが虚しくて泣けるほどじゃないけど胸が締め付けられる。

母親であるヘイリーはほんとタトゥーだらけでぼさぼさの青い髪でかっこいいけど超DQN母親。
でもヘイリー自身が子供だからかもだけどすごい子供と仲良くて放任しすぎてるわけじゃないとは思うんだよね。
楽しそうだし仲良さそうだし幸せそうだし。
すごいヘイリーを責めてる人いるけど最初はなんか枕したくなかったから仕事辞めたって言ってるんだよね。
ちゃんとその意志だけはあったのに結局ipadも売って、体を売るしかなかったよね。
労働局の人?も30時間働くにはどうすればいいか(タトゥーを消して黒髪にすれば食べて行けるならそうさせるべきだし、職業訓練とかないのかな)
教えてほしいよね。
一日38ドルの安モーテルでも一か月住んだら10万にもなってしまう。
低所得者のための団地とかもないのかね。

でもこうやっていえるけども大して働いてない人たちのために自分たちの税金が使われるのってムカつくよね。
悲しい世の中。

ムーニーを連れていかれないために香水まで捨てて逃げたのにラストは悲しい。

ウィリアム・デフォー演じる支配人の踏みこまないけど心根はやさしい感じすごくよかった。彼も安給料できっと大変だろうにな…。
変なおじさんがきたところ、いてくれて本当によかった。

ちなみにこのモーテル本物らしい。"マジック キャッスル イン & スイーツ モーテル - キシミー"という名前で予約ができる。
日本円4000円ほど。やす。
で映画に映ってる人も本当の宿泊客もいるそうな。(たしか男の子が現地の子だったはず)
映画内で新婚カップルがきて「ここは絶対いや!!!!!」ってなってたのはおもしろかったなw
そりゃいやだわw

ラストが賛否両論だけど勢いがあってよかったな。
(ただ映画館出てすぐにアメリカのディズニーは入場料いらないの??って話してる人達見てめちゃくちゃ萎えた。
なんで見終わってすぐに話すのがそれなんだよ…)
ラスト嗚咽しちゃうくらい涙とまらなかった

ムーニーとママのヘイリーが本物の親子にしかみえない

どうしようもない状況の中だけど、ムーニーは幸せだった
俗に言う親子という関係性でもなければ、親友にちかい
本物の愛があって幸せなら、それが一番いいんだよ
ムーニーの一番の幸せはなに?あのモーテルでママと、友達と管理人のボビーに見守られ怒られながら生きていくことなんだよ

ママも、辛い中でムーニーの前では楽しいいつものクレイジーなママで涙も見せない
強くて弱いかわいいママ

カラフルでファンタジーみたいな楽しい色合いの中で起こる絶望的な出来事と、その日暮らしの不安定さのコントラストがより悲しくて切なかった

ホテルのビュッフェのシーン、ジャンシーにお別れを告げようとするムーニーのシーン、洗濯係のお姉さんがヘイリーに「大丈夫、全部うまくいくよ」と抱きしめるシーン
耐えられないくらい感情が溢れた

地味にジャンシーの妹が「私も遊びたい!」って言ってるのにそこにはノータッチで無視だったり、食べ物足の間にこぼして指の間につめこんでたところがツボだった
あと、途中こどもたちが遊んでるところに現れたソーダーじいちゃん、、、笑っちゃった

下の階のお母さん、本当の友達ではなかったんだろうけど
あまりにも酷かった
ヘイリーの状況を分かってあの言動は、いくら子供のためだといえ私は理解できなかった

ラスト、叶わないけれど
ジャンシーとムーニーはあのまま逃げてずっとずっと夢の国にいてほしいと願ってしまった
>|