フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法のネタバレレビュー・内容・結末

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

3.9

あらすじ

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々…

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく—

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最後は夢ではあるけれど、
恐ろしくなってしまったなぁ。でも今この瞬間を生きてる感があってそれは良かったなあ。
嫌な方向に考えてしまうのは私が大人になってしまったからかな。

ずーーっと子供達の日常を見て最後にドンっときた感じ。
フロリダ州のディズニー・ワールド周辺にそびえたつカラフルな安モーテル群は、貧困層の住処となっていた。そのうちの一棟「マジック・キャッスル」の一室の住人である6歳の少女・ムーニーを中心に描かれるドラマ・ムービー。

陽気な舞台美術と一見不幸な人物背景のコントラストが、なにかのお手本のように軽やかに、最後のシーンまで連れて行ってくれた。「ディズニー便乗ビジネスとしての明るい色のモーテル」とか、「アイスクリームにワッフルにソーダに甘いものだらけの食卓」は、「光量100%の闇」という風情で、なんとなく映画の「フィフティ・フィフティ」を思い出した。

IMDbによればコントロバーシャルな最後のシーンはiPhoneで撮影かつディズニー側の許諾を取っていないとか。ショーン・ベイカー監督の前作は全編がiPhoneで撮影されているらしいけど、機材において「この映画でどこまでやれるか」みたいな意欲を見せる意味合いがあったのかなあ…個人的には、賛否両論の否寄り。もうすこしあのラストに至るまでのガイドが明瞭でシームレスであれば受け容れられたかもしれない。それまでは夢中で見ていたがゆえに、置いていかれてしまって、悲しかった……

ムーニーや他の子供の目線にあわせてローアングルのカットが多く、レビュー記事で書かれていて気がついたけれど、ムーニーのいないところでもローアングルになっている。(夕方、ボビーが外を歩くシーンとか)

貧困をよそにエネルギーの限り遊ぶ子どもたちとか、底抜けに明るいペンキで塗られたモーテルとか、厳しさの影に苦悩を知るゆえの優しさを持つ管理人のボビーとか、緩衝材の心地よさがファンを増やしているんだろうな
フロリダの安モーテルで暮らす6歳の女の子ムーニーの日々の暮らし。母親は若くてガラは悪いけど、優しくてムーニーをとても愛している。

前半は何でも遊びに変えてしまう悪ガキのムーニーと友達の楽しそうな日々が描かれる。悪戯ざんまいで、悪態をつきながらもいつも楽しそう。
しかし、後半からシビアな現実が嫌が応にもムーニーの生活に影響を与えてくる。優しい母親だが彼女自身も子供で子育てをするには未熟すぎる。その事が貧しくも幸せな日々の歯車を狂わせていく。

とても悲しく複雑な気持ちにさせる。ムーニーにとっての幸せはどこにあるのか、正解は誰もわからない。未熟だが優しいママとの生活は幸せそうだが、将来大人になったムーニーはママと同じような人生を送りそうだ。

ラストの躍動感あふれたシーンは最高。そこには過酷な現実に抗うファンタジックな力があった。そして、ウィリアム・デフォーも最高だった。
<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・監督の前作『タンジェリン』も好きだったので楽しみにしてた。で、本作もほんっとうによかった。登場人物が、喜怒哀楽、感情を思いっきり爆発させるんだよなぁ。これは間違いなく監督の手腕だと。キャスティングも含めて。それがまたドキュメンタリーのようでもあり、生々しくって、作品の強度につながっていると思う。

・シネスコサイズ(横長)にぴったりはまるように、建物が収まっているカット、構図がよくって、加えて本作全体に溢れている色彩が加わって、本当に最高。あの感じを観たくってブルーレイ買っちゃいそう。

・貧困、苦しい生活を強いられていて、大人からしてみるとそれが普通ではないのだけど、そこで生きる子供にとってはそれが普通で、楽しい幸せな夢の世界。それを、子供の目線の高さでの映像で伝えてくれる。やがて、児童福祉局がその世界を引き裂こうとするわけだけど、子供の目線で観てた観客にとっては本当に胸が詰まる。

・夢の国ディズニーワールドのすぐそばに、貧困でその日暮らしが大勢いるモーテルがあるという対比。格差の顕在化。社会の歪み。そしてこれは現実に起こっていること。
やっと見れた。ポスターがカラフルで可愛くて、あらすじに惹かれて観たいと思った作品。

実際の内容は、ポスターとかカラフルな画面とは全然違うダークな内容で、ムーニーの日常だけがただただ観ていて楽しいと感じる映画だった。
子供は親を選べないし、愛があるだけじゃ子供はちゃんと育たない。
貧しい暮らしをしているのは、ヘイリーの性格や行動が悪いと思ってしまう。ヘイリーには同情できなかった。
ヘイリーが必死に仕事を探したら違ったんじゃないか、言葉遣いや仕草が良ければ子供も悪い影響は受けないんじゃないか、いろいろ考えることはあった。

今まで元気で何にも負けなかったムーニーをなんとかしたいとジャンシーが最後に走り出したときは、最高の親友だなって思った。
何て声をかければいいかわからないけど、でも弱ってる友達のために何かしてあげたいって気持ちがすごく伝わってくるシーンだなって思った。

邦題はちょっと異議ありでした。以上!
これがマジカルエンド………


ほとんど前情報なく観ました。ディズニーランド付近で暮らす貧困層の人たちの暮らし、とだけ…
映画を観てる最中からほとんどが台詞シーンだな、"音楽と映像"のシーンが全然無い映画なんだなあと思って観ていたので、ラストで早送りのカメラと抜群の音楽がカッチリハマった時は、ああ全部このためだったんだ…と思いました。本当に、さっきまでグツグツとしていた気持ちがジャンシーに手を引かれた瞬間からふっと軽くなったみたいで、あとから「ラスト85秒のマジカルエンド」という言葉を知って言い得て妙だなあ、と…

前半はもうこんのクソガキ〜😡という気持ちで観てたんですが(放火のヤツとかイタズラの度が過ぎるのでは!?)、最後のムーニーの涙とエンドでこの映画が大好きになりました ムーニーは全部わかってる、自分がいくら嫌だと駄々をこねようが結局は大人に連れていかれてしまうこと、理由も言えないけど大好きな友達に泣きながらサヨナラを言えること めちゃくちゃえらくて賢い子じゃないですか それを受けたジャンシーちゃんの表情も忘れられません
あのラストを逃げだと言う意見も見ましたが、自分はあれが救いだと思います 夢の国へ行ったって、最終的に大人に捕まって母親と離れ離れになったとしても、あの瞬間は絶対にムーニーの人生の救いになると思う ムーニーは絶対に忘れないだろうし、それこそジャンシーが魔法にかけてくれたんだと思います
彼女の人生はこれからも苦しい中続いていくかもしれないがそれはまた別のお話。これはフロリダプロジェクトという映画の中で、最高の終わり方だったと思う

それにしても子役の皆さんが演技上手すぎてビビった、あんなムカつくクソガキの演技できるか?ふつう… 一番はやっぱりムーニーが涙を流すシーン…演技上手すぎて腰抜かしました

ボビーさんのムーニーたち子供を叱りながらも優しく見守る目、めちゃくちゃ素敵でした
ムーニー役のブルックリン・プリンスちゃんとボビー役のウィレム・デフォーの演技に惹かれたのと、観光地であるオーランドの裏でここまで貧富の差があるのは衝撃的だった。最後の映像を無許可で撮影してたのはクソワロ。
普通に一般のゲスト映ってるんだよなww
前回鑑賞時(2018.6.23@ヒューマントラストシネマ渋谷)に寝落ちしたので、アップリンクで2回目の鑑賞。

この映画のすごさを、わたしはわたしの知っている日本語で形容できない。
とにかくとてもとても大好きだ。

ムーニーの母親は、親愛なる一般常識様からすると決してよい母親と認められない。ディズニーワールドの客にバッタもんの香水を売り、無銭飲食をし、子どものいる部屋で売春をする。アンチヒロインだ。
警察に捕まったこともなければ、残飯を漁ったこともなく、何となく生きているだけのわたしが、アンチヒロインの生き方に共感できるわけがない。だが、共感よりはるかに深い、”生きる”という根源的な欲望でわたしたちは確かに共鳴する。彼女が「F*ck you!!!!!!!!!!」と叫ぶとき、わたしもまた叫んでいる。

監督の、子どもたちへの演出は完璧すぎてこわいレベルだ。子どもたちのしぐさ、笑顔、泣き顔。是枝裕和も真っ青である。

ラストシーンは、もう、体の水分がすべて絞り出される。
子どもの頃は無力で、大人の言うとおりにしか生きられない。どこにも逃げられない。
だからこそ、ジャンシーがムーニーと夢と魔法の王国に逃げていく後ろ姿は、ひたすら眩しくて、息もできないほど苦しい。

ウィレム・デフォーの演技が全体をグッと引き締めているのもさすがである。
ペドフィリアへの容赦ない仕打ちは、今後自分がペドフィリアと対峙したときの参考になる。絶対に許さないからな。


映画館で鑑賞2回目。


フロリダの広い空と毎日色を変える夕焼け。ピンクなのか紫なのか、あの絶妙な色の建物とムーニーの愛らしい一挙手一投足。全てがいとおしくて大好きだ〜〜って思った。ラストシーンは唐突だけど、あの一瞬で魔法がかかったような終わり方すごく好き。(チケットも持たずに子供だけでどうやってパークの中に入ったのか謎は残るけれど。)カラフルな映像と貧困のリアル。可愛くて、でも考えさせられる内容で、映画館でひとりゆっくり観たいような映画でした。
よく考えたらつらいことが色々散りばめられてたように感じたけど、それらを子供達をメインにおいて描いてたから、ちょっとだけほんのちょっとだけポップになってる部分が見えた
引きの絵の素晴らしさ、ディズニーの空の嘘くささ、青がとにかく綺麗で、、、
>|