未来を写した子どもたちの作品情報・感想・評価

未来を写した子どもたち2004年製作の映画)

BORN INTO BROTHELS: CALCUTTA'S RED LIGHT KIDS

製作国:

上映時間:85分

ジャンル:

3.8

「未来を写した子どもたち」に投稿された感想・評価

「この家族は代々売春で暮らしている」
そんな家にいて将来が不安で、家を出たいと思っているのに、せっかく入った学校をやめてしまう。
環境から抜け出すのは厳しい。
sawak

sawakの感想・評価

3.5
エピローグがめちゃくちゃいい、絶望とちょっぴりだけども希望が混在する感じがすごい現実を映している気がする。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

4.3
売春宿で生まれ育った子供達が、どれだけ自分達の境遇を把握していて達観しているかを知り、ショックを受けた。この映画で初めて、無垢な子供達が周りの劣悪な環境にどう染まっていき、「悪い人間」になっていくか、というプロセスをマザマザと見ることができた。しかし同時に、そういった子供達を救おうとする援助・活動によって、彼らの何人かはまともな生活を送れるようになれるのだという、強い希望をみる事もできた。
Milly

Millyの感想・評価

-
子どもは大人が思ってる以上に現実も宿命もわかってる
数字では評価できないけど、この子たちに明るい未来が待ってることだけを祈っています。
インドのカルカッタ、売春窟に暮らす子供たちにフィルムカメラを渡し撮ってくれた写真の販売等で子供たちに教育を、というドキュメンタリー。
ドキュメンタリー。魚の釣り方を教える的な映画。写真の良さが伝わる映画。あとインドの現実もね。
takara

takaraの感想・評価

4.8
子供達と監督の写真家との距離感が良かった

序盤の子供達の紹介の仕方は好みじゃなかったけど、

ありのまま全てを写していたし、映像と写真の組み合わせ方がいい意味で面白くて良かった!
勉強になった
Hitomingc

Hitomingcの感想・評価

5.0
ありのままを映していて、
メッセージを押し付けてないところが良い

スクリーンじゃなくて、
テレビの画面じゃなくて、
彼らの写真を生で見たい
Tina

Tinaの感想・評価

4.2
theドキュメンタリー。
スラムの子供たちを救うために写真というアートを取り入れた話。

スラムの子供たちを救うというのは、私の将来の目標にある。
しかし、実際には2年という長い時間をかけても救い出せるのはほんのひとにぎりなのだと、痛感した。

救うためには、現地語習得だったり、教えられるスキルをなにか持たなければいけないし、現地の現状、親の考え方など、、
これらの条件を満たして初めて救えるのだなと思った。

押し付けるようにやってしまっても長くは続かない。
相互の理解、本気で変わりたいという心理を持つことが第一だと思った。



幸せの基準も人それぞれである。
ドキュメンタリーが教えてくれるリアルのポジティヴもネガティヴもメジャーもマイナーも全て。この映画は素晴らしい。未来は明るいし暗い。ただ、希望を抱く子供達は高価で尊い。
>|