フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

あらすじ

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々…

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく—

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

hrsw

hrswの感想・評価

4.0
ジャンクフードで太り気味な小憎たらしい少女から見える先進国の貧しさ・取り残された人…またその境界線。ただ不幸なだけでない、まるでリトルミスサンシャインのような雰囲気もあって、だからこそボビーの目線が優しくも悲しくも感じる。とても良い映画だった。
anna

annaの感想・評価

-
そこは、フロリダのディズニーワールド近くにあるモーテル。

壁はピンク。
映像のコントラストは高く色鮮やかな中に映される、モーテルで十分な服も食事もない中その日暮らしを続ける母と娘。

子どもの世界は狭くて大きいもんな。
母であるけど若く、自分に余裕がないヘイリーにも同じく世界はそんなものに見えるんじゃないか。
ヘイリーとムーニー、二人はとても近くて並んでいるから、笑って暮らせてた。

モーテルに永く住み続けるということは許されていない。
そんなモーテルを見守っている管理人ボビーの背中が映されるショットが何度もある。
首に跡が残っている皺はなんだか切なくて、印象的だった。

そして何度も映る爆音でのムーニーのお風呂のシーン。その理由に気づくときが苦しかった。

ディズニーワールドの中で魔法を楽しめる人たちの、すぐ側では生活すらままならない人たちがいる。
誕生日の夜、外側から見たあの花火は確かに魔法のように感じた。

監督も俳優も素晴らしい。
この映画でこの社会問題を知るべきだし、この映画で知れて良かった。
出会えてよかった。
mrbaw

mrbawの感想・評価

2.0
ムーニーのみの視点で観つづければ、とても素晴らしい作品と思えたんだろうけど、
どうしても、ママや、管理人、大人側として観てしまっていて、ラストに?となってしまった。

これから観る方は大人たちのトラブルを、子供の視点で観つづけてください。決して自分も親心をもたずに。そしたらきっと、?なラストは最高のラストになると思う。


自分は終始近所の大人の目線になってしまってました…
第90回アカデミー賞ではウィレム・デフォーが助演男優賞にノミネート、全世界の映画賞で複数の賞を受賞。全編iPhoneで撮影した『タンジェリン』が非常に良かったので楽しみにしていたショーン・ベイカー監督がメガホンを撮った本作を鑑賞。ドキュメンタリータッチのカメラワークで主人公たちの日常を切り取った映像演出は味わいのある仕上がり!

「独特の空気感」
「夢の国、ディズニーワールドとの対比」
「現実とは」

そして

「なぜ」

語られないエピソードが想像を掻き立て

シンプルな物語であるのに、胸に迫ってくる一本でした!
hazuki

hazukiの感想・評価

4.2
幸福度と裕福かどうかは関係ない。いい親かどうかも、結局は子どもにしか分からない。
深夜にひとりで観たい映画。
みずき

みずきの感想・評価

4.0
おとぎ話みたいなカラーリングのフライヤーに惹かれて見てみたら、なかなかエグそうな話。

実際観たらたしかに全体的なテーマは重い。でも、キャラクターたちがみんなとにかく明るくて、悪いことしまくりだけど憎めなくて、、素敵な世界だと、素直にそう思えるんです。

ただ、明るく楽しそうではあるけれども主観的な撮り方ではないから、キャラクター達の感情はあまりこちらに流れてこない。ただ淡々と目の前の出来事を記録しているような、そんな印象を受けました。その距離感が、またいいなぁと。

何が正しいのか、何が悪いのか?きっと誰よりもその葛藤に苦しんでいる管理人のボビーが、本当に素敵。管理する立場なのに結局人情家で。「見守る」ってこういうことなんだろうなって。

ラストに救いがあったのか、なかったのか、私にはいまいち判断がつきません。でも、「えっこれで終わり?」っていう終わり方だったのが、逆によかったのかなぁ?もう一回くらい観ないと、わからないかもしれません。

あまりまとまりませんでしたが、、ここ最近観た中で1番よかった映画です。映画の中の世界観にどっぷり浸ることができました。
Sara

Saraの感想・評価

4.6
誰かの幸せは他人に決められるものではないし、どんなに現実が酷かろうが誰にだって世界の美しい部分は見えるんだな。管理人が大好きすぎる
greatman

greatmanの感想・評価

3.6
一言で言うと「子供に罪はない」
[あらすじ]
家を失った6歳の少女ムーニーと母親ヘイリーは、フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの近くにあるモーテル「マジック・キャッスル」で生活している。周囲の大人たちが日々の暮らしに苦しむ一方、ムーニーは子供たちと無邪気に遊び、管理人のボビーは彼らを見守っていた。ところがある出来事を機に、ムーニーの日常は一変し...。

メチャクチャ素敵な映画。
でも...本当に素敵だったという一言で済ませて良いんだろうか?
自分も今年で17歳になり、いわば”大人”まであと3年という年頃ですけど、ムーニーとかその子供達のように、外で思いっきり遊ぶっていう”無邪気さ”がめっきり無くなったような気がする。
そして、現実という”汚れ”をより知ってしまったような気がする。
そんな自分と照らし合わせて観るとなんだか素直にハッピーな気持ちにはなれないんですよね〜😓...
でもハッキリ言うと、ああいうムーニーみたいに無邪気に遊んでる姿やヘイリーみたいに決して子供に八つ当たりしない姿に憧れていたりもする😊。
それに管理人さんみたいに優しい人がいればって思う。
ただ環境が環境なだけに...何不自由なく暮らしてきた自分にとっては本当に今の環境に感謝すべきですね😔...
最後のシーンも自分なりに解釈したんですが、やっぱり皮肉だな〜って思う😩...一時は楽しいかもしれないけど、その後の事を考えると...なんだか切ない映画どころか悲しい映画だなぁオイ!!😅www
カラフルな世界に潜む現実の厳しさ。
果たしてムーニー達は今後どうやって生きていくんでしょうか🤔...
夢物語だけが現実じゃない、ということが今一度良く分かる映画でした。
Nonko

Nonkoの感想・評価

2.9
負の連鎖が、、、とか言うけど打開する気も見られなくてすごい身勝手で全部自己責任じゃんって思うなあ。冷たいかなあ?
最後の最後で急に子どもらしくなるのは、「そうだよね、がんばって気を張ってるんだよね」って思っちゃうずるい。
フロリダ・ディズニーワールドのすぐ側にある安モーテル「マジック・キャッスル」に住む貧困層の人々の物語。主人公のムーニーは香水などの偽物を売って日銭を稼いでいる母親ヘイリーと二人暮らし。母親同様奔放なムーニーは近所の餓鬼たちと連れ立って、毎日冒険をして、いたずらをして、大人たちを困らせる。モーテルのマネージャー、ボビーは住民たちに厳しいが、子供たちを見守る目は優しい。
子供たちが起こした事件をきっかけに、母親ヘイリーは売春を始め、それがバレてモーテルを追い出されることになる。母親と別れなければならなくなって友達の前で泣き叫ぶムーニーに真夏の魔法が訪れる。
礼儀が悪くて、うるさくて、はた迷惑で、注意をする人間には逆ギレする最悪な母娘を見てると、イライラしてしまうが、負けずに怒鳴り散らすマネージャー役のウィレム・デフォーの演技が素晴らしい。ベトナム戦争でも正気を失わなかったエリアス軍曹が「バーンズ!」と叫んでいたのは30年も前か。やっぱりデフォーは良い人だ。
最後になったが、ムーニー役の女の子は、本人がこんな子なんじゃないかと思えるほどで、演技とは思えない。ずっと憎まれ口を叩いていたのに、最後に泣き叫ぶ顔には思わず同情してしまう、見事な演技。
>|