シモンの空の作品情報・感想・評価

「シモンの空」に投稿された感想・評価

タニー

タニーの感想・評価

3.0
くるしい映画。
シモンの、世間とはちょっと違うけなげさに胸がチクチクした。
一応、大黒柱だけど所々見せる「やっぱまだ子供だよなぁ・・」って思う場面。
まだまだ母親が必要な年頃。

アホな母親でも、頑張って愛情をもらおうとするシモンが切ない。
hagy

hagyの感想・評価

3.0
英題:Sister
姉と弟二人の生活、
ダルデンヌ監督のような、
シビアな生が映っています

レアセドゥ☺︎

このレビューはネタバレを含みます

盗んで稼ぐガキ、だらしない年上の親族、タバコ吸う料理人、かわいい不良見習い、幸福そうな家族、、

2割くらいある楽しさと美しさが数少ない救いで、嘘とか盗みとか悪いことばっか上手くなってく。

あんな親子関係でもきちんと教わってる部分があるんじゃないか
嫌な態度とりながらも助け合ってる2人の関係
母親の横で寝るためにお金を数えさせる境遇って。。

生きるだけでお金は必要なんやと、こんな映画をみられるなんて幸福で、少年はものを盗んだり売ることを楽しまないといけないことがあったり、あんなたくましいと生きてりゃ笑えるかな。悪ガキへの憧れ

(2018/04/06)
ーーーーーーーーーーー
(2018/03/30)

シモンの空!サイモンとシモンってどうちゃうねんとか思ったけど調べてない。辛いけどキッズの中でてっぺんなのがまた悲しかったりしたけど、景色が美しかったりしたし、たまにわかる〜ってなったから救われてた感じあった!

(友だちにおすすめもらって観た、最寄りのTSUTAYAに置いてなかったから取り寄せしてみた。思ってたより早く届いた?みたいでレンタル店で取り寄せることを覚えた)
一人でニュージーランドに行った時に飛行機で観た映画。
機内で観る映画は通常の3割増に面白く感じることを差し引いても最高な映画だった。
最後リフトですれ違う姉弟が切ない。

もうすぐ春。「孤独はイヤだった。」まさに今観たい映画!母の愛情を忘れてしまったシモンが必死に生きる姿は哀しい。なんでか衝撃を受けたジャケットの画。このシーンはひたすらつらい!でもぶつかり合う家族ってなんだかいいよな〜。
yu

yuの感想・評価

3.5
少年の視点から見ると、とても胸が痛くなる
身勝手な大人のエゴが描かれている
どんなに最低な母親でも子供にとっては唯一の親であり、大切な母親。

毒親に嫌悪感を終始感じた作品だった
かげば

かげばの感想・評価

3.9
ジャケットの姉と弟の視線の角度。
それがそのまんま作品に凝縮されている。

冒頭のセリフのないシーンからラストまで、淡々としていて切なさがリアル。
シモン役の子の演技も、レアセドゥの表情もピタッと当てはまりすぎてて更にしんどい。
貧困、母子家庭、男の子の健気さが心に刺さる…
レアセドゥの美しさと奔放さが際立つ映画。
レア・セドゥ演じる姉があまりにもダメすぎて、シモンが12歳と思えないほど大人びて見えるけど、大人の世界はやっぱり彼が考えているほど甘くない。

フランス映画らしく明確な結論を出してはいないけど、二人がすれ違うということが将来を物語っているのかな?という風に感じた。
agumon

agumonの感想・評価

5.0
なんだこの映画。最高過ぎるだろ。頭の中がセドゥセドゥセドゥセドゥセドゥ
俺の中で世界一素晴らしいと言い伝えられているレアセドゥのかったるそうな顔が観れまくり。すっっっっっっっっっっっっげえ良い。すげえ。
やばい。やばすぎる。やばすぎて語彙力落ちまくる。やべえ…
今まで観た映画の中でダントツで一位。やべえ。
どん底生活がずーーーーっと続く感じ、都合の良い展開が嫌いな俺には最高である
扱ってるレンタル店がとても少ないのでレアセドゥが好きな人はどんな手を使ってでも頑張って入手しよう。観た記憶を消してまた観るのを百億万回繰り返したい。
(あまりの衝撃に頭の悪いレビューとなってしまったため後で書き直します)
>|