セブン・シスターズのネタバレレビュー・内容・結末

セブン・シスターズ2017年製作の映画)

Seven Sisters/What Happened to Monday?

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに…

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに検問所が設けられ、人々の生活や行動が厳しく管理される中、とある病院で七つ子の姉妹が誕生する。母親は出産と同時に死亡し、姉妹は唯一の身寄りである祖父に引き取られた。祖父は7人を月曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜、日曜と名付け、「児童分配局」に見つからずに生き延びるための方法を教え込む。その方法とは、それぞれ週1日、自分の名前の曜日にだけ外出し、カレン・セットマンという共通の人格を演じることだった。

「セブン・シスターズ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

7つ子ちゃんがケンカしたり和解したりしながら、最終的には団結し、それぞれの特性を活かして巨悪に立ち向かい、世界を変革するお話。で、エンドロール前にはまたギャーギャー言ってケンカしてる打ち上げの様子が描かれる。

……みたいな感じのお気楽アクション映画でしょって思ってたら、全然違った。7つ子が結構ハードな展開でどんどん死んでく。SFアクションというよりはスリラーだった。

姉妹の中には秘密を抱えている子も居て……というあたりは世界観の設定と有機的に絡んでいて上手い。

原題のWhat Happened to Mondayは姉妹の秘密モノということもあって『ジェーンに何が起こったか』(What Ever Happened to Baby Jane?)とかけてるのかなと思ったり。

予算の問題か、SFガジェットがかなり限定的かつ少なかったり、世界の広がりに乏しかったりして、近年のNetflix映画に近い感触。ただ、ビッグバジェットでもインディーでもない、中間くらいの規模で好きなことやってるって映画が割と好きなので、それはそれで良かった。

ダンカン・ジョーンズにしろ、ライアン・ジョンソンにしろ、ドゥニ・ヴィルヌーブにしろ、この規模感でそこそこ面白いSFを撮った監督は次作から一気にレベルアップしてるという印象があるので、期待。

ノオミ・ラパスの一人七役は面白いけれど、それぞれのキャラクターが記号的といってもいいくらい類型的なので、「うおぉー、演じ分けすげぇー!!」というレベルには至らず。デフォーは相変わらずデフォーだったけど、登場シーンが少なかったので、もう少しデフォー含有量を増やしてほしかった。
イロモノ的な、設定だけ面白いのに見たら残念な感じかなと思って見たけど、
いやーこれは面白いぞ?

設定おもろいのに開けたら残念シリーズには散々ガッカリさせられてきたので、
ガッカリしないだけで嬉しくなる。笑

少し先のストーリー展開は結構予測がついてしまうんだけど、
全体の流れとしてどうなるんやろう?っていう好奇心でぐいぐい見られる。
姉妹で力を合わせて戦う!みたいな感じかと思いきや
姉妹バンバン死んでいくし(´・_・`)

大きな流れとしては、下層のものが巨悪と戦う!的な勧善懲悪ものなので、
勧善懲悪大好きな私は楽しめた。

彼氏さん万能やな!
姉妹は死にまくるくせに、彼の物分りの良さ、そしていち職員のくせに戦ったら異様に強いところに関してはご都合主義すぎるやろ!な部分もあるけど、
カレンにベタ惚れなところがかわいいのでオッケー←

黒幕に関しては
ミステリ慣れしてる人はすぐ分かるんだろうけど、
私にとっては避けたい黒幕だったので、
なんだか複雑な気持ちになった。

自分の子供のためなら親はなんでもするんかしらんけど
だからといってお前それはどうなん。
と、わりと腹が立った。
あんだけガツガツに自分の姉妹殺しておいて、「この子達は奴らに渡さないで」は都合良すぎるやろ!
くそやろーやん!
動機と結末がもうちょっとマシであって欲しかった。

家族の絆系の話は好きだけど、
どんな愚かで非道な行いも
「子供のため」という免罪符のもと
納得されたり許されたりするのは反吐が出る

へー、子供のためやったら兄弟殺しても美談になるんや?ふーん?

そういうわけで結末にはかなりモヤモヤするけど
作品としては良作だと思います。
ネタバレでもないかもだけど、結構あっけなく姉妹達が死んじゃうのか悲しい。
ノオミがかっこよすぎる。
てか特典のインタビューの時のピンクで統一したシャネルのスタイリングがイケすぎてた。
面白かったー!

てっきり姉妹7人協力して政府と戦う話だと思ってたら、結構早くから姉妹が一人、また一人と消えたり死んだりするのでしんどい…

一人7役がすごい!本当に7人の姉妹みたいだった、キャラの演じ分けすごい
金曜が可愛い〜

結局は愛に目覚めた月曜の裏切りでほかの姉妹達が狙われたんだけど、そんな月曜にも木曜は最期まで愛情があって泣けた…
2018 5/11 ついつい「いやー、それにしてもほんとにソックリな姉妹だなぁ」と思っては「だからそういう演技だってばよ!」と思い出すを繰り返してしまいました。面白かったです。
めちゃくちゃ面白かった…すごいディストピアだ
現実世界でも起こらないとは言えないシステム それでももう間引くしかねえ!っていうのは思考の停止なんだよな…
金曜日が一番好き 強くはないけど賢い

個人的にみんなノオミラパスだから裏切りっ子にヘイトが溜まりにくいな〜
原題がすごくいいじゃないですか…月曜に何が起こったか?
人口過剰で一人っ子政策が導入された世界において7つ子で生まれたノオミラパス主演の近未来SF。観るしかない。
結論、駄作。何でこうなるのか。
折角7つ子なのに、誰が誰でどう言う特徴があるのか分からない。名前が曜日だが、木曜がヤンチャで金曜がパソコンオタク、土曜がセクシー担当、月曜が真面目、水曜がアスリート系、と言うのが理解できた頃には終盤。当然、各自の個性を活かせていない。全員が週に6日引きこもり生活、特殊訓練も受けていないのに、部隊に襲撃されても返り討ちにしてしまう。家にある道具を武器に戦うって、本来なら戦闘のエキスパートスキル。アクションが全体的に大味。カットのツギハギが頻繁なのも残念。
現在でも、骨格などで個人を識別できるのに、テクノロジーが進化した時代に見破れないのはリアリティが無い。網膜検査はやるのに、DNAはやらない。網膜検査をどうやって切り抜けているのかも不明。幾ら何でも、7人同じ顔と言うのも無理が無いか。外に出るときは同じ格好、指を無くしたら、全員同じ所を切断。そこまで用心してるなら、各自の髪が長かったり染めてたりするのは不自然。髪も同じにすればカツラ要らないはず。そして、1人だけ体を鍛えまくっている。違いが出ちゃう。
外に出たら、その日あったことを映像で共有するはずなのに、仕事の進捗を把握出来ていなかったり、アパートの管理人との会話も知らない。会社の同僚との会話もぎこちない。酔っ払って帰って来たり、薬物依存の奴までいる。彼氏をコッソリ作ってた奴の代わりに未経験の子が抱かれても気付かれ無い。よく30年バレなかったものだ。
そもそも、人間が多くて資源が不足するのが問題なのに、冷凍保存するのは辻褄が合わない。冷凍を維持するのに、どれだけのエネルギーを使うのか。終盤、冷凍では無く実は焼却していたとなり、妙に納得してしまった。冷凍する現場や映像を見せる機会が今までなかったと言うのも変な話だ。
話の展開が大体読めてしまうのも勿体ない。眼球引っこ抜いてセンサーに掛けるとか、1人捕まってる奴が、遠目の映像だったから目を抜かれた奴だなって伏線が下手。どこかで観たことあるものを寄せ集めて作ったような作品。
人を平気で殺したり、街中で発砲したり手段を選ばずに攻めてくる黒幕が隠したいことが闇献金。何だかスケールが小さい。
7人の内の1人が裏切っていた理由が、恋をして子供を授かったから。身勝手。そいつのお陰で世の中が変わった的なセリフがあったが違和感。裏切っただけだし。トップを失脚させるだけで世の中が変わった。君主制でも無いのに。最初からトップの暗殺でもやれば良い。
あまり映画を観ない人なら、驚きがあって楽しめるかも。
呆気なく姉妹が死んでいく……。
もっと皆パワフルで、7人全員で政府に立ち向かうのかと思ってた(><)

1人7役は凄い!演技力に圧倒されました!(^^)
月曜日に一体何が起きたのか。副題通りの切なくもすっきりする話だった。
1人7役と聞いた時は驚いたけど、本当に7人の人間がそこにいるようにしか見えなかった。ノミオ・ラパスさんの他の映画も見たくなる。

誰よりもカレンに忠実で、誰よりも家族の命を第一に考えていた月曜日がそれ以上にかけがえの無いものを見つけてしまった時の気持ちはどんなものだったのだろうか。赤ん坊を持つ母親は自分の命より自身の子供の命を優先するけど、月曜日にとって自分=姉妹達だったのかもしれない。
途中から見たんだけどまあ面白かったかな?
焼却と指切断があーーーーって感じだったけど。
気向いたら次は最初から見直したいなあ。
>|