セブン・シスターズのネタバレレビュー・内容・結末

セブン・シスターズ2017年製作の映画)

Seven Sisters/What Happened to Monday?

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに…

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに検問所が設けられ、人々の生活や行動が厳しく管理される中、とある病院で七つ子の姉妹が誕生する。母親は出産と同時に死亡し、姉妹は唯一の身寄りである祖父に引き取られた。祖父は7人を月曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜、日曜と名付け、「児童分配局」に見つからずに生き延びるための方法を教え込む。その方法とは、それぞれ週1日、自分の名前の曜日にだけ外出し、カレン・セットマンという共通の人格を演じることだった。

「セブン・シスターズ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

まずストーリー設定だけですでに面白い

序盤も説明臭くなくいいテンポで進んでいくし最後までドキドキ楽しめた

割と激しめに人が死んでいくから、ホラー苦手勢としてはちょいちょいビビったw

正直マンデーが裏切ったのは途中でなんとなくわかっちゃったから、
ああね、って思ってたらまさかのご懐妊!!!
だからかぁー!!って感じで最後のオチもよかった!
トイレでもみ合った時にどっちがどっちかわからなくなる演出もいいね!!

ストーリーでは、表面上は少子化政策の廃止でよかったよかった、という感じだったけど
ラストの新生児がズラーっと並んでるところを見ると何が正解なのかゾッとした

映画の中でも頻繁に出てきた街の人の風景は通勤ラッシュかと言うぐらい歩いてて、そんな中あの数の子供たちがと考えると....

実際にこの映画のように、人口が溢れるほど増えた時どうするべきなのか、なんか凄く考えてしまった

地球は無限じゃないからね

この主演の女優さん、凄いね!
7役だけどホントに一人一人の個性がちゃんと演じ分けれてて感心した!
あまり期待してなかったのだけど,思っていたより全然面白かった
髪型が違うだけでかなり印象が変わるという事を実感できる
今のとこ隠れた名作な感じ?
WOWOW📺
1人7役!すごかった!
ちゃんと違いわかるし。
面白かったけどグロいシーン多かった。
まさかのMonday…
人口爆発で中国の一人っ子政策が世界規模になったような世界観。ノオミ・ラパスが一人七役をこなしていて、それぞれちゃんと演じ分けしてるのがスゴいところ。世間にバレないために一人が傷を負うと全員が傷付かないといけないという連帯責任がキツく物語に深みを与えています。
前半から中盤までは敵との戦力に開きがあり、一方なのでちょっとイライラする。終盤の爆発の為の溜めとも言えますが…。

所々にあるアクションシーンや逃走シーンは迫力があってハラハラしました。焼却ババアが同じ目に合うのはスッキリしましたね!ただ悪の根源のババアの最期が目に見える形で無いのが残念。最期の捨て台詞は要らん(# ゜Д゜)
ただ悪役としては存在感が抜群でした。

7つ子にそれぞれ見た目にキャラを持たせ分かり難さを軽減しているけれど、終盤は展開上もあって誰が誰だか頭の中が混乱します。終盤の展開は予想外で驚きました。
最近は悪役が多いウィレム・デフォーが好い人役で良かった。でももう少し彼の演じるキャラクターの背景を掘り下げる必要があったと思います。

前知識無しで全く期待していませんでしたが、非常にSFサスペンスアクションとして見応えのある映画でした。
舞台は人口爆増のため行き過ぎた管理社会となった世界。一人っ子政策が敷かれ、二人目の子供からはシェルターでやがて来るその時のためにコールドスリープが義務付けられているのだが、主人公は一人に擬装した7つ子で……という話。

序盤〜中盤は7つ子のキャラクターが上手く分かれていてそれが描かれておりとっても可愛い。それぞれの長所を生かしてときには助け合って……プリキュアみたいで強くて可愛い。

中盤〜終盤からは一人一人に人権がなさすぎて見ていて辛かった。上記のようなパーソナリティを引きにしているような作りなのにじゃんじゃかじゃんじゃか人が死ぬ。
つえぇ若草物語を期待して見たらバイオハザードだった。悲しい。

登場人物もめちゃくちゃ死んでいくし、複数いる黒幕はやっていることとは裏目に非常に幼稚かつ矮小で上記の殺戮が余計虚しい。この映画のディストピアポイントはここが一番。人間がまじで終わってる。救いようがない。

ただ、7姉妹が今まで生きて来た意味を終盤ではしっかり回収するのでそこに関しては綺麗なまとまり方をしている、が 無理矢理感は多少否めずなんともスッキリしない終わり方だった。

尺不足なのかとも思うけれど結局何を描きたかったのかが不明瞭でしたのでこのスコア。
なんかわし性格悪いのだろうか。MONDAYが行方不明で、捕まるところの映像出なかった時点で「こいつ裏切ってるんじゃ・・」と思ってしまった。いや、ノオミラパスの顔が怪しいからじゃ!

しかし七役って凄い!トライするスタッフも勇気ある。
・・となるといかに性格づけしてそれを伏線として落とし込むか。
FRIDAY(で良かったかな?)の金髪は一番うまく使ってましたね。とりあえず髪の色で人間判断しちゃうから、合成じゃなくてダミー女優ですね。ただこのやり方はほとんどの場面で編集前提の曜日個別撮影。ちょーっと編集タイミングというか同じ人がやり取りしている感が出ちゃってましたね。
部屋の中での彼女たちについては遠近付けた立ち位置にしてうしろをぼかしたりしました。

しかしSUNDAYが室内で死んだあとの四人の遠近ぼかしが背景の家具と合ってなかったですね。細かい男ですみません。

話としてはMONDAYがみんなを裏切らなくてはいけない理由がしっかりしていたので、よかったです。
①2018/08/16
どれだけ顔が似てようとそれぞれに個性があって、助け合って暮らしてきたのがすごく伝わった。技術革新によって悪い方に転んだと思いきや最終的にはハッピーエンド?でよかった。
1人っ子政策下に生まれた7人の子供。身を潜めながら、生きながらえて30年が経ち、姉妹の一人が帰ってこなくなることをきっかけにこれまでの生活が崩れていく。
姉妹は政府に狙われていくが、スパイのような能力まで備わっていないところに現実味があり、共感を覚える。

検問所を一つ通るだけでもハラハラドキドキ感があり、終始見てて面白い作品。
テンポもいいしラストまで飽きずに観れるし、面白い!
網膜スキャンにくり抜いた目をかざす未来映画あるあるが見れます。
面白かった。
Mondayの選択は悲しいが、仕方ないことだったのかと思う。
あぁーって感じ、、
>|