水曜日が消えたの作品情報・感想・評価

上映館(97館)

水曜日が消えた2020年製作の映画)

上映日:2020年06月19日

製作国:

上映時間:104分

あらすじ

「水曜日が消えた」に投稿された感想・評価

な

なの感想・評価

3.4

期待値高かったかな〜

どういうストーリー展開でどんな結末なのか楽しみだったけど、あ、終わり?て感じでなんとも言えない感じだった

中村倫也の演技力でもってる作品かな


エンドロールまで見ることをおすすめします
ぴぃー

ぴぃーの感想・評価

4.0
いやーおもしろかった。あっという間に世界に入り込めました。原作があるのかと思ったけど吉野耕平さんの脚本なんですね。自分は何曜日だろうとか後から思ったりしました。図書館に行きたくなりました。
1人7役は見てて分からなくならないかなぁ?って不安だったけど、火曜日を中心に物語が進んでいくから分かりやすい。
逆に言うと火曜日以外はあんまり出てこない。でも火曜日以外もちゃんと息を感じた。皆見えないのに不思議と映像の中で生きてた。
私好きだなぁこの映画。

このレビューはネタバレを含みます

まずは…3ヶ月半ぶりに映画館へ映画鑑賞へ来れたことに…日々の日常に感謝😹

そして、まさに「日々の日常に感謝」ということを改めて感じずにはいられない気持ちになる映画…それが【水曜日が消えた】でした✨

「月・火・水・木・金・土・日」という1週間の7日間、全ての曜日で人格が違う…つまり7つの人格を持つ主人公を演じた中村倫也‼️
もはや7人で同居しているかのような生活…しかし曜日ごとに違うのだから、決して会うことは無い…これってとても厄介だなと😅
多重人格の話としても…こういう角度から見るって斬新で、不思議な感覚で面白いなって感じた✨

7つの人格があるとはいえ…主に火曜の人格の主観で描かれているので…火曜日が主人公といえる感じ♫
火曜だけに生きているということは、火曜日が休館日の図書館には一生行くことができない…。
なるほど、そういう感覚になるのか…面白い、そんなこと考えたこともなかった🤣
改めて、1週間の曜日を毎日過ごせることに感謝しなくては…という気持ちにさせてくれる😹
だが、ある時…火曜だけ生きてきたはずなのに…目覚めると水曜日が訪れる‼️【水曜日が消えた】ここから火曜の人格は、水曜日に図書館へ行けるようにもなり…深川麻衣との出会いがあったり…水曜日も生きられることに感謝する⭐️

しかしここから7つあった人格のバランスが崩れ始め不安定な状況に…人格がまたひとつと消えてゆき…主人公だったはずの火曜日の人格さえも消えてしまうのか…
しかし最後は再び7つの人格に落ち着くというまさかの展開に🙀‼️
でもコレが1番のハッピーエンドかも⁉️
エンドロールがめちゃめちゃハッピーな雰囲気に包まれていて…なんだかホッコリ終わってくれたことに安堵しました😊
しかしながら欲を言えば…水曜日の人格と深川麻衣ちゃんの幸せそうな状況がもっと見たかった🤣
でも良く考えたら…曜日によって付き合う相手とか変わるんだとしたら…それって複雑すぎて許してもらえなさそう😹
まやや

まややの感想・評価

3.6
舞台挨拶生中継付き。

VFXが「君の名は」みたいに綺麗な作品。
一つのアイデアで、色んな着地点があるタイプの作品だから、物足りない人もいるかも。
でも、SF?医療系?に寄り切らないで、
人間の人格や内面、生き方にfocusしてて、身近に感じる。
一目惚れや、普通な日常風景も多いし。

なんでもない日々や夜明けを想像させ、
地に足がつくようなテンポ感の「Alba」が、ハマる。
中村倫也さんの演技が素晴らしい。そしてエンドロールがめちゃかわでした。近くの映画館で上映してなくて少し遠くまで出かけましたが、よかったです。
自粛開け初映画として行ってきました。
隣と椅子一つ開けて座る感じね。。。

状況を掴むのは容易だったが、最後の方結局なんだったの❓とちょっともやっとしました。
中村倫也くんの演技力はさすがでした^_^
図書館でナンパするか?w

予告見てかなり楽しみにしてた作品。

日替わりの僕の話し。
うっ…、こ、これは…、テンポが悪過ぎる。
事故で脳にダメージを受けた少年が、曜日ごとに人格が入れ替わる多重人格になる話しなんだけど、出てくるのは基本火曜日だけ。
水曜日の人格が現れなくなった事で火曜が2日過ごせるようになって、好きな人が出来たけど、その人が好きなのは水曜日で…、って話し。
少し前に『ジョナサン』って作品観ましたが、あれと設定はほぼ同じ。
でもあっちはどんでん返し的ラストだったのに、こらは凄く真っ当な終わり方。
途中、徐々に他の曜日を侵食して行くとこはホラー?サスペンス?って感じだったけど、それだけ。
こう言う多重人格、解離性同一障害の話しなのにハッピーエンドって?w
ある意味斬新www

この前映画に行った時の話し。
電車に乗ってたらやたらと車内アナウンスで「扉から離れてください」と連呼してたんです。
最後には「赤い鞄の方」って放送がw
余程邪魔をしてたのか発車してから「電車の扉はエレベーターのように止まりません。次回からはお気を付けてお乗り下さい」だって。




*********鑑賞記録*********
鑑賞日:2020年6月20日
鑑賞回:15:10〜17:05
劇場名:TOHOシネマズ二条
座席情報:
上映方式:2D 通常
レーティング:G
上映時間:104分
備考:公開初週週末観客動員数3位
**********************

NEXT▶︎▶︎▶︎『エル・トポ』
紫式部

紫式部の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

主演男優のルックスも声も全くダメ😓
なので観賞をためらってたけど、ストーリーが面白そうだったので敢えての観賞・・・

火曜日以外の人格が殆ど出てない😱

セブン・シスターズと比較するのが間違ってはいましたが、ちっとも面白くなかった
せめて七人の人格が各々の特徴を出して均等に出てきて欲しかった
ばかか

ばかかの感想・評価

2.6
途中までは良かったんだよ、途中までは。
なーんで最後あんなに丸く収まったんだか。
収まったってか無理やりに押し込めて収めた感がすごい。

私は月曜日派。
>|