セブン・シスターズの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

セブン・シスターズ2017年製作の映画)

Seven Sisters/What Happened to Monday?

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに…

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに検問所が設けられ、人々の生活や行動が厳しく管理される中、とある病院で七つ子の姉妹が誕生する。母親は出産と同時に死亡し、姉妹は唯一の身寄りである祖父に引き取られた。祖父は7人を月曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜、日曜と名付け、「児童分配局」に見つからずに生き延びるための方法を教え込む。その方法とは、それぞれ週1日、自分の名前の曜日にだけ外出し、カレン・セットマンという共通の人格を演じることだった。

「セブン・シスターズ」に投稿された感想・評価

ノオミ好きな人は観よう?
ただ、もう少し強いノオミ見たかった。


新しいストーリー性で
とても惹き込まれた。

結構面白い。
なんとなく展開は読めるんだけど
設定がおもしろいから
楽しく観れた!
「7つの人生を持つ女。」

主演のノオミ・ラパスが1人7役に演じた近未来ディストピアSF。人口過多と食糧不足から政府は厳格な一人っ子政策を発令し、2人目以降の子どもは親元から引きはがされ冷凍保存されるという、もう設定だけでヨダレが出そうな映画。

設定だけで面白そうと思うようなエンタメはハズレも少なくないが(特に映画に顕著)、この作品は面白かった。近未来SFと1人7役という情報だけでサスペンスぽいのかなと思い飛びついたので、思ってたのと違う感じでバイオレンスアクションな感じだし話も重かったが、それもまた良し。

まず1人7役を演じてるノオミ・ラパスが凄い。キャラ付けされてるのもあるかも知れないが、それぞれキャラも全く違う7人を見事に演じ切っている。7人もいて最初は混乱するが、見ていくウチにちゃんと誰が誰か分かるので大丈夫。まあ誰が何曜かまでは把握しにくいかもだが。

そしてかなりヘビーな題材を扱っているので、人もバンバン死ぬ。それこそ言っちゃうけど7つ子全員が生きて終わり、は無い。何人生き残るのかという緊張感もあってハラハラできた。一見良い雰囲気で終わるが考えさせられるラストも皮肉が効いてて最高。

敵組織のマヌケさとか冷凍保存の下りとか正直話運びが雑だなと感じるトコロもあるにはあったが、それをあまり感じさせない程熱が入った良作。良い掘り出し物だった。なんか結構マイナーなまま埋もれた感があるが、こういうのこそ推せばヒットすると思うんだけどなー。
Natsumi

Natsumiの感想・評価

4.5
ドラゴン・タトゥー時代からノオミ・ラパスほんまに演技派でかっこいい。七つ子ってゆう設定やけど、全部全然違う人格に見事に演じ分けててもう顔すらも違うく見えてきたくらい。
物語もだんだん入り込める感じで、感動も出来る。オススメ ☻
ゆ

ゆの感想・評価

3.6
想像してた内容とちょっと違ったけど良かった!
7人が全然違う性格でそれを演じ分けてるのがすごい🙄🙄アクションもすごい🙄
2時間超えだけどそんなに長く感じなかった🙏
がい

がいの感想・評価

3.5
「ザ・ドア」のマッツ×マッツでウホウホしてたのに
ノオミラパスファンはウホウホどこの騒ぎじゃない
好きな俳優の七変化が見れるなんて羨まし過ぎる
この類のマイケルシャノンver. をください 想像するだけで顔がニヤけます。
ゆり

ゆりの感想・評価

3.9
ずっと観たかったやつ〜
目が離せなくて面白かった!
ツッコミどころはたくさんあるけど設定的に気にならない!
こういうのもっと観たいなぁ
人口爆発により一人っ子政策が強行されたそう遠くない未来のお話。
そんな時代に生まれた7つ子が7人で1人の人間として暮らすから自分の決められた曜日だけしか外に出られない。そんなわくわくする設定でした。
それぞれ名前を曜日で呼びあってるのが好き。

これドラマでのびのびした脚本だったらもっと面白そうでした。
1人7役、7人で1人っていう設定が面白くも悲しい
可もなく不可もなくって感想
zk

zkの感想・評価

3.3
未来。人口過多を防ぐ為に定められた「児童分配法」によって生まれ過ぎた子供たちは冷凍保存される運命となっていた。そんな世界に生まれた7つ子たちは、一人の人格を演じて生きることを決意する。原題は『What Happened to Monday』。

いかにも昔のSFっぽい設定。ただ、ツッコみどころがかなり多かった。
主演のノオミ・ラパスは頑張っているんだけど、とにかく脚本の粗さが目立つ。ディストピアものとしてはいまいち
>|