セブン・シスターズの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

セブン・シスターズ2017年製作の映画)

Seven Sisters/What Happened to Monday?

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに…

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに検問所が設けられ、人々の生活や行動が厳しく管理される中、とある病院で七つ子の姉妹が誕生する。母親は出産と同時に死亡し、姉妹は唯一の身寄りである祖父に引き取られた。祖父は7人を月曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜、日曜と名付け、「児童分配局」に見つからずに生き延びるための方法を教え込む。その方法とは、それぞれ週1日、自分の名前の曜日にだけ外出し、カレン・セットマンという共通の人格を演じることだった。

「セブン・シスターズ」に投稿された感想・評価

月曜日から日曜日まで
7つ子一人一人の名前が
曜日で決められていて
曜日ごとに外に出られるが
7人でたった一人という構成🌏

世界人口爆破によって生まれた話だけど意外と見応えあった👍💕
へい

へいの感想・評価

-
人口増加を食い止める為に一人っ子政策をとり、2人以上の場合は冷凍保存する政策を取っている世界。
その中で、隠れて暮らす主人公の7つ子だったがある日1人が行方不明に。

なんといっても、このディストピア映画のストーリーが秀逸だった。次にどうなるか、黒幕が誰かを楽しみながら見てしまう。
アクションも多くて楽しめる。

主人公の演じ分けには驚かされる。5人の同じ顔の姉妹が戦うシーンや姉妹同士のシーンも臨場感溢れる。

ラストには果たして未来があるのか。
近未来が舞台。人口増加による食糧危機に直面した欧州連邦が一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行。そんな世界の中で、月曜、火曜、水曜、、、、と名付けられた7つ子の少女達が、1人の女性に成りすまして生きていく姿を描いたSF作品だ。主演のノオミ・ラパスが7姉妹を1人で演じている事にも注目。

予告では小難しい言葉が並んでいるけど、字幕や吹き替えで実際に月曜、火曜、と互いを呼び合う少女達の姿はどこか漫画っぽい。「レインボーマン」や「てんとうむしの歌」等、昭和には曜日に因んだ漫画やアニメが結構あった事を思い出す。

2人目以降の子供を冷凍睡眠するのが何故か小学生ぐらいのタイミングだったり(出産する前に規制するか、中国のように出産後に経済的罰則を与えるかでしょ、普通に考えれば)、7つ子を彼氏が見分けられなかったり、突っ込み所満載なんだけど、そこは気にせずに、漫画的な世界に入り込むのが、本作を楽しむコツだと思う。こういうSFって何だか久しぶりだ。

「7人で1人」が彼女達の人生の基本ルールだったはずなのに、割と簡単に途中から歯抜け状態になってしまうのはガッカリだったけど、そこを除けば、独創的で楽しい作品だと思う。
依緒

依緒の感想・評価

5.0
1人7役に惹かれてレンタル。

近未来。世界は人口増加による食糧不足などの問題から一人っ子政策に。2人目からは児童管理局に収監され、人口が安定する未来まで凍結する。
反するように、多胎妊娠が増える問題も。
そして生まれた7つ子は月曜日~日曜日の名前を付けられ、カレンという女性を7人で曜日ごとに生きることに。
そうやって生きてきた7人は30歳に。外ではカレンとして1人を演じるも、それぞれに個性が。

ある月曜日。Mondayが帰ってこない!
そこから始まるSFサスペンスアクション。
なんと見応えがある作品なの!
私の中で、かなりのヒットだわ!!
ドキドキハラハラだし、切ないし、でもそこには愛もあり。
展開の先が読めないところもすごく良かった。

7役を絶妙に演じ分けたノオミ・ラパスに拍手を。
cinema

cinemaの感想・評価

3.7
1人7役、ファンなら非常に魅力的な作品。
ファンの自分はもちろん、展開も飽きることなく楽しめました。
ナニコレめっちゃおもろいヤン!
あっとゆう間の2時間でした。
目が離せない、めちゃ入り込んでしまった。

おもろいけど、けっこう残酷、、、
しかし、1人で7役ってすげぇな
見事な演技やった👏🏾👏🏾👏🏾👏🏾👏🏾

木曜が好き。ベリショ素敵すぎっ🖤
やっぱり映画館で観たかったわ
さむ

さむの感想・評価

3.5
個人的な感想です。レビューが辛口の方がいて、全く期待せずに観ました。この映画、良作なのではないでしょうか?読後感はロボコップとチャッピーでした。人口増えすぎのディストピアという難しく、穴だらけの設定は気にせずに観れました。7人の姉妹が上手く主役を演じる構成と、テンポが抜群でこの先どーなっちゃうの感は高く、ラストも満足できる映画でした。主演のノオミラパスさんのインタビューがめちゃくちゃ美人で惚れました。
やす

やすの感想・評価

3.5
赤子達の泣き声は、産まれたことを喜んでいるのか、悲しんでいるのか、、、っていう感じのラストでした。

途中から主役の人和田アキ子に見えた。
K

Kの感想・評価

3.7
人口爆発、食糧不足が限界に達した結果、
厳格な一人っ子政策が施行された近未来。2人目以降の子供は冷凍保存され、理想の未来で目覚めさせるという内容。

そんな時代に生まれた7つ子の姉妹たちは30年間7人で1人の人生を送ってきたが、突然、それまでの人生が揺るがされていく。

その真相と真犯人は誰なのか、サスペンス、アクション、SF、愛が詰まっていて世界観はかなり面白い。

ノオミ・ラパスが1人7役を演じているが、それぞれの個性を出しているから素晴らしい。ストーリー展開もすごく引き込まれた。
apbp

apbpの感想・評価

4.0
一人っ子政策が敷かれた近未来、7人姉妹が日替わりで同一人物を演じるという奇妙な生活を送っている家族の話。
当局に7人姉妹というのがバレたら捕まってしまうという緊張感が作品全体を盛り上げる。

月曜日に出ていった姉妹が、何故か帰ってこない。当局に捕まったのか、それとも他のトラブルか。困惑する6人姉妹だが、謎は解決しないまま、火曜日にまた一人送り出す。一体外の世界で何が起きているのか?

脚本も良く出来ていて、飽きずに最後まで見れました。全く期待していなかったので、結構満足度高めです。
>|