バトル・ロワイアルⅡ【特別篇】REVENGEの作品情報・感想・評価

「バトル・ロワイアルⅡ【特別篇】REVENGE」に投稿された感想・評価

mooom

mooomの感想・評価

3.0
2018.12.4.tue
dTV

こんな感動物語でしたっけか。
前作はただただ絶望サバイバル。
今回は殺し合いというより標的を抹殺するためみんなで協力して戦争しようみたいな軸がずれてしまった感じ。

途中で竹内力さんがどうした?
という感じになる。

やはりここでも主役級の方々がご出演。
あ、この人ってあの人じゃん!
って探しながら観ると楽しめるかも。
MYP

MYPの感想・評価

1.8
序盤は前作寄りで、なかなか面白かった。でも、前作の暗い感じは無い。
ただの銃撃戦映画みたくなってて、後半になるにつれどんどん面白さ激減。
出席番号同じ人と連帯責任とかほんと嫌だなと思った。
北野武の無表情で棒読みな不気味さが良かったのに、今回はワザとらしい竹内力。
なんだか大袈裟な演技で目につくから、映画自体がイマイチな感じに…。
七原のセリフと銃撃戦が後半は多くて、前作と大違い。
生徒一人一人の印象も薄い。2は二度観ることはないなと確信。

そして、今となっては有名な俳優が多数登場してた。
花より男子メンバーが3人でてたから、おぉ!ってなった。
gocchism

gocchismの感想・評価

1.5
続きものは必ず観る!
レビューが低くても観る!

結果。
…なかなかの低い評価になりました。
同じような戦闘シーン、あまり上手いとは思えない演技、ただただ長い2時間半。
そして、竹内力のあの格好(笑)
再視聴は間違いなく、無し。
翼

翼の感想・評価

1.1
1の晩節を汚す為だけに作られたとしか思えない2の代表格。同じ監督・脚本で何故…。
竹内力のピッカピカのラガーシャツが唯一の楽しみ。
中2なら楽しめる映画。
大人になってみると、なんと中身のないチープな映画だよと思ってしまう。
前回よりも更に安易に殺されていく高校生たち(^∇^)システムおかしすぎやろ。

若者がただただ戦争の過酷さを伝えるが如く死ぬ!死ぬ!死ぬ!

てか前半の島に着くシーン絶対ノルマンディー上陸作戦をやりたかっただけやろ。

空爆かなんかでいけるやろこれ!
せめて訓練ぐらいさせてあげろよ!

俺たちが見たいのは仲間やクラスの絆やらなんやらが簡単に壊れちゃうんだー!みたいなやつや!
と無印からだいぶ趣旨が変わってゴミクソ映画になってしまいましたとさ。
見比べたわたしも物好きだな、と。

冗長。
親切解説はありがたいが、レクイエムじゃ理解できんだろ?と観客をバカにしているのかもしれない。鎮魂歌の方がまだしも物語に行間があり感動できる場面があったのに。
この特別編を作ったのは、鎮魂歌では伝えきれない・・・という制作側の自信のなさのあらわれなんじゃないかと疑う。

観る価値は藤原竜也くんが出てるという1点のみ。鎮魂歌で充分。
こちらは初めてだったので、かなり豪華なキャストが出ていて驚く。
前作に倣えば、加藤夏希や真木よう子にもう少し見せ場があれば良かったかなぁ、と。まぁ、そもそもタイマンの接近戦が殆どなかったから、仕方がないとも云えますが。
しかし、正直152分はちょっと長かった……。
sirent13

sirent13の感想・評価

1.9
1に続き2も観賞。1とは打って変わった内容で当時はきょとんとなり、反戦争のメッセージ性が強くて肩透かしを食らった。かと思えば何故、何故竹内力さんで笑いを取りに来るの?笑
バッタバッタと人が死ぬしショッキングなシーンは前作より少ないしキャラも何が何だか分からない。完全に蛇足だと思います。
vanilla

vanillaの感想・評価

3.4
ちょっと説教じみてる
別に説教じみたテーマは嫌いじゃないけどただテンポが悪いかな
学生服が血まみれの前作に比べて戦闘服は人も誰か分かりにくいね
とか、言いながら2回目みてるしまた見ると思うけど^ ^