オペレーション:レッド・シーの作品情報・感想・評価・動画配信

オペレーション:レッド・シー2018年製作の映画)

紅海行動/OPERATION RED SEA

上映日:2018年09月22日

製作国:

上映時間:143分

3.5

あらすじ

「オペレーション:レッド・シー」に投稿された感想・評価

中国のマイケルベイことダンテラムが爆発!銃撃!ゴア描写を徹底的に描いた中国版ネイビーシールズ!

中東の紛争地域に囚われた中国人を助けるために8人の精鋭が戦場に飛び込んでいく!
という中国ミリタリーアクションはストーリーがあってないようなものなので銃撃戦が見れればそれで良いって人にはうってつけ!

冒頭の海賊に占拠された船を迅速に制圧する中国軍のシーンがカッコいいし銃弾を放った瞬間からスローモーションに突入するT34ライクなシーンが意識しすぎ!ってぐらい出てくる、もちろん本家同様に戦車の砲弾でT34するシーンもあり!

中東に場を移してからはローンサバイバー状態でずっと銃撃戦、流石に「13時間」ほどとは行かないけど常に撃ちまくってる

残虐非道なテロ組織の卑劣な罠を掻い潜り任務を遂行する辺り一面にバラバラ死体が転がってる地獄絵図はグロさ観点から見たら100点
生温いミリタリー映画は見たくねえ!って人にはうってつけ!

両軍のスナイパーによる駆け引き展開どっかで見たことあるなぁって思ったら「アメリカンスナイパー」か!めっちゃ似てる、絶対意識してる!

戦車で砂漠を大爆走して砂嵐に突っ込むとか「マッドマックス怒りのデスロード」ですか!ダンテラム好き放題しすぎ!

ゴア描写もかなり気合が入ってて
避難民が乗るバスに小型爆弾が落下してはミンチが完成するシーンのエゲツなさ!
顔の皮膚が半分吹っ飛びながら闘い続ける中国兵士!
指が2、3本吹っ飛びながらも格闘する中国兵士!
「オペレーションメコン」も相当だと思ってたけどこれはそれを上回る

ダンテラムがプロパガンダを利用してこの映画あの映画のアクションを自分でやりたいという願望が見えるし実際それをミリタリーに置き換えたようにオマージュしてる。実話を基にしてるけどノンフィクション度0なthe アクション映画なミリタリーアクションだから超面白い
グロゴア満載のミリタリー映画を見たいなら本作とメコンはおすすめ
Matthew

Matthewの感想・評価

-
しょっぱなから続く銃撃戦に政治と家族愛も絡んで見ごたえが重たい!ジャーナリストの話から始まったといえ激動だ
2018年のダンテ・ラム監督作品。
「他国の領海に入ることは許されない」は、日本人が聞けば噴飯もの。ラストの東シナ海のくだりといい、中国のプロパガンダ映画と言われればそれまでだが、本作の見どころは、中国海軍が全面協力した圧倒的な戦闘描写! アクションに次ぐアクションで息つく暇がない。

そして、政府が検閲してるはずなのに、ハリウッドも真っ青なほど無駄に徹底したゴア描写には驚いた。指、腕、足、頭がもげる、もげる。

どこまでを史実として描いているのか分からないが、多分、自国民救出という箇所だけかな。イエローケーキのくだりは要らなかったね。

あと、テロリスト御用達のトヨタは何となく分かるが、いすゞ、三菱など、敵の車がほぼ日本車ばっかりなのは何か意図があるのだろうか。考え過ぎかな。

エンタメとして十分楽しめました。でも、エンドロールで安いラウドロックが流れてて、そこに関しては日本映画を彷彿としてしまった。まあ、日本は逆立ちをしても、こういう志向の映画は作ることができないだろうな。残念だ。
ひで

ひでの感想・評価

3.4
中国アクション映画
笑いは一切なし
死闘

イエメン内戦での人質救出作戦を描く
8人の特殊部隊と150人のテロリストの闘い

非常にアクションシーンが多く迫力が凄い

銃撃戦からの銃撃戦
戦場感がリアルに表現されている
銃撃戦の中でのドローン攻撃やイージス艦の機関砲や主砲、狙撃、戦車なども盛り込まれ戦闘が◎

戦闘シーンが好きな方はおすすめ
だいぶ中国軍強い!かっこいい!!
ってされてる感じはあるけど、まぁそりゃ中国映画だし、ハリウッドなら米軍最強!やってるし似たようなもんだろうなって思った。そこが気にくわない人には絶対に合わない映画だとは思う。(あと最後の南シナ海と「勇者は恐れず、強者は無敵」ってスローガンは映画としては絶対に要らなかったと思うけど、まぁ中国軍様のご機嫌伺いしとかないと協力してもらえなかったとかなんかなと思ったり)

映画そのものは良かったと思う。
ストーリーはありきたりだけど、軍事行動中の動きが良かった。

まぁそのミリタリーな着眼点以外に特に面白いところはなかったけどw
yuko0925

yuko0925の感想・評価

3.3
なんという国威掲揚映画。
アクションシーンはこれでもかっていうぐらいの物量作戦でなかなか迫力があった。
日本はいくらお金があってもこういう映画は撮れない気がする。
しかし中国人は同胞を大事にするなーと改めて。たった1人の女性を助けるために特殊部隊の隊員4人も死んでるし。
やってしまった…だけじゃなく騙された…

ずっと前から知ってはいたけど、絶対チャイナのプロパガンダだな…っと思って避けてましたが、思いの外ココの評価が高かったんで勇気を出して見たのですが…



本当に時間の無駄したと思う。ハリウッドの中東をテーマにした映画のパクりまくりだし、脚色されまくってリアリティのカケラもない。

こんなくだらない映画にスコア1.0もつけたくない。(0.3くらい)

この駄作が面白いと感じる人もいるのだなー、っと勉強になったのが唯一良かったとこ
BOB036

BOB036の感想・評価

3.0
途中からだったけどミリ物アクション物としてはかなり力が入っている中国映画。ちょっとグロいシーンあり。リアルさを追求している感。
なかし

なかしの感想・評価

3.8
初の中国映画
アクションとかストーリーは良き

事実に基づいてるらしいが、
戦闘力がラディッツ並、強すぎ

グロいシーン多すぎ

時々雑なCG

たぶんこれが日本映画かハリウッド映画だったら好きになるけど、中国映画は感情移入しにくい
Kazuchan

Kazuchanの感想・評価

3.0
我が🇨🇳軍は最強である‼️
我が🇨🇳人民は他国の領土を侵さない‼️
素晴らしい国家である‼️

そういう映画🎬

ダンテラム監督🎥なので見始めるが…

キツイ💦

僕は軍事アクションも得意では無いようだ…💦

しかしながら、クライマックス30分〜15分〜怒涛の展開😁

指が、腕が、脚がもげる‼️
口が裂け、血が撒き散る‼️
そういう描写が苦手でない方ならば面白いかもしれない。
少数の部隊がとんでもない多数のテロリストをぶっ倒す様…ダンテラムは、🇨🇳万歳🙌ではなくて、実はコレがやりたかったのかもしれないな😁
(それにしても…🇭🇰資本では映画が撮れない時代なんだな…なんでこうなってしまったんだろう…香港昔よりも経済水準は上がっている筈なのに…レイモンドチョウが本当に素晴らしかった✨偉大さを改めて思い知る。)

似たような…では、ウージン先生監督・主演の「戦狼」を思い出す。
アレは面白かった😁違いは何なんだろう…考える。

1 俺、カッコいいだろぅ?!😁最高だろぅ?😁映画だけど、本当にカッコ良かった🤣👍🏻

2 その⬆️スター性✨
今作は、はじめまして✋🏻ばかり、、演技は下手ではない。。でも魅了されない。。ただ普通に芝居するだけでは惹きつけられないのかもしれないな。。

3 銃撃ばかり。どうしても!僕みたいな低能な輩には殴る蹴る!のわかりやすい肉弾…やっぱり!カンフー見たいんです😁


サイモンヤムがゲスト(友情)出演
ん?広東語??二重にニンマリ😁😊
>|