オペレーション:レッド・シーの作品情報・感想・評価・動画配信

「オペレーション:レッド・シー」に投稿された感想・評価

中国万歳プロパガンダ映画だの言われてるけど蓋を開ければ地獄が広がってる超極悪アクション映画でした

前作の「オペレーション・メコン」もかなりしんどい映画だったけど
今回はそれ以上に辛くて激しい映像に仕上がってました

欧米のシリアスな戦争映画を遥かに越えるアクションシーンの地獄っぷり
前半の自動車自爆攻撃も中々辛かったけど中盤のバス襲撃 後半の市街戦など苛烈な銃撃戦のフルコース
敵も味方も狂ってるアクション映画は見たい人は是非これを見ましょう
めちゃくちゃ疲れるけど

ダンテ・ラムの狂気でプロパガンダ臭が消えた戦争アクション映画の傑作なのでアクションファンならガタガタ言わずに見ましょう
よりプロパガンダ電波が出てる作品を見たい人は「戦狼」の方をお勧めします
usme

usmeの感想・評価

2.0
中東っぽいどっかの国の内戦勃発から、在留中国人と人質にされた中国人をを救うために中国軍がドンパチやる話。元ネタはノンフィクションらしい。

[所持管理番号]
Hiroking

Hirokingの感想・評価

3.0
実際に行われた救出作戦を基に描かれた、中国製ミリタリーアクションらしい‼️
実際に救出作戦で活躍した艦艇などが使用されたりして、リアルさを追求する辺りが、すごいね😅
迫力とリアルさは、邦画と比ではない作品でした😆

2021年365本目
冒頭、ソマリアの海賊が眼帯してたので最高!と思ったが、中国の隊長が「他国の領域に入るな」とか、ジャーナリストが「真実を伝える」とウソばかり言ってるのでやめた。
海軍だってことを忘れる程の陸戦!!
てっきり海上で戦いまくるのかと。
シーはレッドにならんかったな〜…
中国の国旗が赤いから中国の海、ってことを言いたかったんだろうか…
5日後→5天後かっけ〜(あほ丸出し)
グチャグチャ肉とベタベタ皮膚。
惚れ惚れギミックと高い戦闘スキル。
バス爆破くらいのことろがマックスだったな…
メコンの時もだったけど後半になればなる程ダレるなぁ…
日本語吹替で観たから"くるまばくだん"の響きがマヌケに聴こえてツボって困った。
本作も申し訳程度に女メンバー入れてくるけど前作のがタイプ…←

2020/03/26レンタルDVD*吹替
Mycroft

Mycroftの感想・評価

4.0
市街戦、迫撃砲との対峙、スナイパー対決、戦車同士の砲撃戦。凄惨・壮絶な軍事アクション。中国軍のプロパガンダ臭は余分。
G行為

G行為の感想・評価

4.0
中華ミリタリーものって事で最終的には中国万歳!に終着する作品なんでしょ?
と、軽い気持ちで観賞し始めたのですが想像以上の超大作。
その物量と迫力に圧倒されて正直疲れました。。w
この濃厚で暑っ苦しい作風はダンテ・ラムならではでもありますね。

イウェア共和国?という架空の国ですけど、中東付近の内戦から起こった人質救出作戦で史実に基づくお話だそうで。
作戦を実行する蛟竜という精鋭部隊の8人。
主人公をはじめ知らない俳優さんばかりだったんですけど、みんなキャラ立ちしててイイ顔してるように見えてくるんですよ。
(分かったのはちょい役のヤムヤムとチャンハンユーくらい)

市街戦、狙撃戦、戦車戦...etc
終盤の戦闘シーンは今までの戦争映画のシチュエーションを全部詰め込んだかのような欲張りセット。
しかも爆撃で負傷した傷口や吹っ飛んだ手足、黒コゲの死体など、結構モロに見せつけられます。

予算が段違なんでしょうけど戦艦や戦車も実際の兵器が投入されてて、もはや中国の作品ももう日本とは本気度が違うなぁと。。
2015年イエメン内戦時の中国人捕虜救出作戦を映画化した、ミリタリーアクション作品である。
8人の中国軍特殊部隊「蛟竜突撃隊」VS 150人〜200人以上の現地テロリスト集団との戦闘シーンは、中国海軍の全面協力を受けただけあって迫力は圧巻である。
キリコ

キリコの感想・評価

4.0
派、派手〜〜〜〜!!!笑
ひたすらアホのドンパチ!!!!
戦車で笑って、ウイングスーツで爆笑。
アベンジャーズかよ。
MA

MAの感想・評価

3.5
凄い迫力
2時間超ひたすら戦闘
緊張感ハンパない
ただグロい
>|