ミッドナイト イーグルの作品情報・感想・評価

「ミッドナイト イーグル」に投稿された感想・評価

引退した戦場カメラマンが国家の危機に巻き込まれる話。
なんで見てしまったのか…ツッコミしかない…。主人公側の素人が強すぎて実は訓練された人々だったのか?と疑問に思ってしまうほど。多分原作はもっと面白いのだろうけど…。ちょいちょい入ってくる説教臭さい台詞も浮いて聞こえる。
設定に無茶があるんだけど、原作だとそこまで感じなかったのにやはり実写版にすると難しいものだ。
Ryo

Ryoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

何がいいって総理のかっこよさですよね。それにつきます。昔見た記憶だけど印象に残ってるのはそれくらいかなあ…?

あとは主人公と自衛隊の人が「じゃあ、あの世で」みたいなやりとりしてるのも、覚悟を決めた感じが出ててカッコよかった。
scotch

scotchの感想・評価

3.0
某国(北朝鮮ってハッキリ言えよ!)の工作により核が搭載されたステルスが日本の山中に墜落した。すげえ設定だ。
が、ツッコミどころ満載。

・素人強すぎ。竹内結子の上司や部下はもはやスパイレベル。
・工作員、強いのか?弱いのか?自衛隊は瞬時に全滅させるが素人は外しまくり。
その他もう書ききれないくらいあります。ギャグと思うしかない(笑)

原作をいじったのが災いした模様。話はそんなに悪くないと思うんですがねえ。これがハリウッドとの差って感じかな。

このレビューはネタバレを含みます

 米軍の特殊爆弾を積んだイーグルが山中に墜落して某国工作員が爆発させようってんで、戦場ジャーナリストと記者と自衛隊員が戦う話。

 奥さんを失くして一人息子を義理の妹が育てて、義理の妹には嫌われている。傷ついて山で生活してたらたまたま墜落するイーグルを目撃したことにより、友人の記者と山へ向かう。そこで謎の工作員から銃撃を受けたりして何かトンデモないことに巻き込まれたぞとなる。
 妹は雑誌の記者で横田基地を爆破して逃走している工作員と接触して、彼女も何者かに襲われたりして。

 アクション映画としてはテンポが悪くて、さらに肝心のアクションシーンも撃つ人撃たれる人を交互に映して、しかもスローで演出に変化がないので見てても盛り上がらないです。しかも自衛隊も工作員も真っ白の迷彩なのでどっちがどっちかわからなくて戸惑うという。
 自衛隊がやられても援軍は出さないし、工作員も一体何十人いるんだってくらいいっぱい出てきます。自衛隊の援軍が来ても「お前らまで死ぬのを見たくない」と追い返しちゃうという。
 妹のシークエンスも工作員をかくまうのもそんなに盛り上がらなくてきつかったです。そのため130分の上映時間の長さだけが気になってしまいました。

 イーグルを巡る攻防と主人公の傷ついた過去が回想で挟まれることによって更にテンポが遅く感じてしまうのが問題だと思いました。主人公の過去の傷とかよりも爆弾の攻防一本で話を持って行ったほうがよかったと思いました。

 藤竜也さんの総理大臣がカッコよかったのはよかった映画でした。
asa

asaの感想・評価

3.6
最初に見た時はつっこみどころ満載で感情移入出来なかったんだけど、2回目の鑑賞後は結構泣いてしまいました。出演者みんながはまり役でかっこよかったし、息子の優君は可愛くて健気。あと、やっぱり大沢さんの笑顔はいつ見ても良いですね〜。素敵です♪
M

Mの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

若かりし(といっても27歳の)玉木宏が見たくて鑑賞。死ぬ時の演技がなんかおかしくて笑ってしまった。
エイサークが良かった。
面白いけど、弱い。
ハリウッドリメイクとかしたらすっげぇ面白くなりそう。絶対無いと思うけど。

このレビューはネタバレを含みます

何という不条理
何という決断
何という勇気
そして、何という強さ
作り物だと分かっていても涙が溢れてましたが、残された人達の笑顔に救われた気がします。
あぁ、スクリーンで観たかったなぁ。
海外の作品と、日本の作品の違いってこれだよね〜!!て感じの映画。海外だったらすんごい作戦てどかーん!ばこーん!!と解決うぅ〜!!て感じだったんだろうな。日本がやるとこんなにもハートフルになるんだねぇ…玉木宏が美しかった
>|