ウィザード・バトル 氷の魔術師と炎の怪物の作品情報・感想・評価・動画配信

「ウィザード・バトル 氷の魔術師と炎の怪物」に投稿された感想・評価

スマホと魔法のコラボです。
合わせてスマホウ。

空を切り裂く剣を封印する鍵を巡って氷の魔法使いがバトルしてクリスマスツリーなお話。

このゴテゴテしたジャケットがとてつもないB級感を放ってたので借りましたが、A級で王道で結構楽しめました!

見ごたえはあるんですけど氷ベースなので白とか青が多いです。
敵は赤なので分かりやすいです。
でももうちょっと色が欲しかったかな。

現代の話なので魔法使いがスマホを使って写真撮ってます。
念写とか投影するんじゃなくてスマホの画面を見せてきて状況を教えてくれます!w
スマホでテレビ電話もします。
なんで敵と仲良くテレビ電話してるねん!!!!!www

「どうやって鏡文字を書いたの?」
「スマホで調べて反転させたのさ!」
天才!!!!!!

2020年440本目
ロシア舐めてたわ。
映像も技術もすごかった、ハリーポッター並。
とにかく、めちゃくちゃ金がかかってるのは分かる。
ワクワク感も高くて、すごく楽しい。

全てにおいてスコア4.0をつけたいけど、最後の戦いでカメラカットが悪い…!
何ヶ所かの戦いが同時進行で進むから、カットで場面展開するのだけど、そのカットの仕方が悪い。
今、どこのシーンを観ているのか、誰の戦いを観ているのか、とても分かりずらいので、迫力の戦闘シーンのハズが興ざめしてしまう。
あそこだけ、なんであんなカット割りするんや……!!!( ´ཫ`)シバクゾ

登場人物は、焦点をあてる人物を絞りすぎてる感はある。
主人公、彼氏候補、その他烏合の衆、という感じ。
子供映画ならこの方がいいんだけど、ストーリーの枝葉が複雑な部分もあるので、対象年齢は子供だけじゃないはず。

-とすると、おじいちゃん達やその他の仲間にも、もう少しキャラクター性が欲しいところ。

結局、おじいちゃんたちの兄弟喧嘩なのだが、敵役のおじいちゃん以外、正直、誰が誰なのか、お爺の区別がつかないのもツラい。

区別がつかないと言えば、父…主人公の父ィ!
なんでそんな登場の仕方なんだ!??
もっとこう…おま……感動の再開の仕方ってあるやろ……(演出家ァァァ!)( ´ཫ`)シバクゾ

この映画を総括すると、
・設定→いい
・ストーリー性→王道だがいい
・キャラクター→他の人物も立ってればいい
・音楽→面白い
・画像→すごく良い
・演出→盛り上がる部分で盛り上げられてない!

これは2も観たいんだけど、一番良いところの演出がアレだと、ちょっと期待ハズレな気もして………( ´ཫ`)カナシイ

このレビューはネタバレを含みます

時を止めた世界で「動ける者」が候補者とはいい設定ですね。
これならば候補者探しが遥かに楽になる。

属性が氷(味方)と炎(敵)だけってのは少々物足りない。

てか、候補者多すぎ。

果たして「魔法の家」は実際のところどうなのだろうか?
魔法使いの間で流行ってるジョークのようなものなら丸見えだが、校長はわざわざジョークに付き合ってくれたのかな?

玉でエネルギー弓を形成する魔法武器がカッコイイ。

輪にならないと時を止められないというのはもどかしいですね。
長い気がしたけど見応えあった。現代なんだけど昔っぽい感じもあって、そのミスマッチさもちょっと面白かったり…主人公の女の子、ベレー帽似合いすぎ。
最後まで観ました。
ハリーポッターと同じくらいの評価かな。
けどキメラデザインダサイ。
NYのパーティーシーンはヤバいくらいダサイ。エンパイアステイトビルやったらNYっぽいという発想も古いし、パーティーでかかってる音楽、NYでは誰もそんな選曲しませんよ🤣
UoxoU

UoxoUの感想・評価

2.7
知ってる俳優さんがたくさん出ていたので観てびっくりしました😂
ツッコミどころ満載で面白くて良かったです
楽しんで観れたしわたしは好きかな(笑)
頭の上に屋根を作るシーンは好き😂👌🏼
ぽち

ぽちの感想・評価

2.1
丸顔ロシア美人のタイーシャをひたすら愛でる為の作品で、それ以外はおまけだと思って良い。
まだ今作と「魔界探偵ゴーゴリ」しか出演作は無いが、今後も活躍するであろう女優なので要チェックだ。

作品はヒロインが女子高生だしロマンスもあるが、ティーン向けかというと、ストーリーや設定は小学校低学年向けのお伽噺。
それにまるでTVドラマを再編集したような雑な編集やつながりの悪いストーリーで盛り上がらない。

しかし調べて見ると「変なサンタ話」ではなくロシアの「霜の精ジェド・マロース」を題材にして、そこにクリスマスとサンタを加えたようだ。
そして売れ線を狙いヒーロー物っぽくVFXを使ってハデにしたって感じ。

基本的なところがお伽噺で、その上に今風の物語をのせているので、結果的にどの年代をターゲットにしたか分からない珍作となったのだろう。

でも、そんなことどうでも良く、とにかく美しいタイーシャを堪能できるのでそこにすべてを懸けて見る作品だろう。
たけ

たけの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

寝てたのかと思うくらい話が繋がらないし(理解はできるんだが)、深堀して欲しいところがすごく浅い。
惜しい。
filmslist

filmslistの感想・評価

2.0
アベンジャーズとハリーポッターを合わせた感じ。映像も綺麗だしまぁまぁ楽しいかな?と最初思ったけど、最後のほうの作りが本当に雑。
主人公の女の子も、悪の道だろうと好きな男の子について行くわ!なんて言ってるし、脳内お花畑だし、ラストは意味不明だった。
お父さんとの感動の再会も少し描写あったけど、それだけ?!って感じ。せっかくなら最後の戦いにお父さんも参加すればよかったのに。

制作に時間がなかったのかな?って感じ。
日本とはクリスマスの文化が少し違うんだなぁと感じる作品でした
>|