ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師の作品情報・感想・評価

「ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師」に投稿された感想・評価

昨年ラスト映画が第1章。
今年最初の映画が第2章。

第2章も楽しかった!

戦士としての力はないけど口はうまいイワンの頭脳が冴え渡ったとこは頭いいなと普通に感心した。

今回も個性あふれるメンバーが追加されての旅は可愛かった。
小屋ちゃんかわいいし、まさかの展開で最後も微笑ましかった。

第3章も日本でやってくれないと気になっちゃう。てか何部作なんだろか。
紫式部

紫式部の感想・評価

3.6
ディズニーロシアの娯楽アクションアドベンチャー第二章

平和を取り戻したベロゴリア王国に新たな危機が迫る

成長が見られた前作ながら,相変わらず口先だけのイワンに逆戻りの今作、あの仲間達とどう戦うか、軽く楽しく見れました✨
ディズニーロシア発のファンタジー映画が前作より予算を増やして帰ってきた!

イワンと愉快な仲間たちに新たに鷹フィニエストとコロボークを追加して、コシチェイ探しの旅がパーティーで見ていて飽きない!

日本での興収はあまり期待できなさそうだけど第3作も日本公開してほしいなぁ。
sawady6

sawady6の感想・評価

4.7
1が主人公イワンの異世界との邂逅の物語ならば2は彼の成長の物語
前作同様の王道の筋立てとコメディを忘れずに、キャラ増量とワイヤーアクション強化でパワーアップ
現実と異世界を自在に行き来できる設定の使い方が秀逸且つ熱くてこれまた良作

前回から引き続き濃いキャラ達に各々の活躍・見せ場があり造り手の作品への愛も感じ気持ちが良い
ボンクラ主人公イワンの元ペテン師現戦士の活躍ぶりもあいまり、ロシアで今月公開の3への期待も高まるばかり
王道をアホな展開にズラすのが尽く上手いんだよなあ
子供向けってかなろう系??あんま夢とかロマンがないよー!!
あとロシア寒い国だからってあんなに寒そうなとこ延々歩かなくても…CG?CGだといいなー




2021/12/08 イオンシネマ名古屋茶屋
「コロボークはヤバい」と言われてもコロボークを知らんから。

ディズニー(ロシア)のファンタジー映画第二弾。
2週連続上映されたので観てきました。

ドーピングして闘う戦士の話し。
ディズニーなのにロシア製作だから日本じゃアルバトロスの配給。
上映館も少ないんですが…、今作は微妙でした。
1作目はもっと面白かったのに。
仲間と共にベロゴリアの危機を救った伝説の戦士の息子で、現代で極秘に育てられた詐欺師のイワンは恋人ヴァシリーナとベロゴリアで楽しい日々を送っていた。
そんなある日、再び魔法剣を奪うためにヴァルヴァラが現れて…、って話し。
前作で死んだと言われてたイワンの父親、一緒に暮らしてるんですけど?w
復活する場面あったっけ?
ヒロインのヴァシリーナ、呪いで雨蛙に変えられてるはずなのに、普通に人間の姿で生活してる?
そして伝説の戦士の血族じゃないと触れるだけで死んでしまうと1作目で説明されてた魔法剣、他の人も平気で振り回してますよね?
前作ラストにヴァルヴァラの正体が分かって終わったのに、今作では強大な闇の手下として襲ってくる?
コロボークは乾燥してカチカチになったパン、ラスボスは黒いグルートって、もうちょい何とかならないの?w
前半は覚醒したフリをして魔法の薬でドーピングしてた主人公、ラストは半覚醒みたいになってたけど遅くない?
最後の最後、オマケ映像で主人公の出生の秘密みたいなシーン有ったから、まだまだ続くのか?

ボクは映画観る時上着をブランケット代わりに膝にかけ、その上にスマホを裏向けに置き、更に上に鞄を置くようにしてるんです。
元々が年中マナーモードなので音は出ないし、鞄で蓋してるからメールとかの着信の通知の光もほぼ漏れない。
ただ体勢変えたり足を組み直すとスマホが滑り落ちる事があるんです。
ガラスフィルム貼ってるので今までは大丈夫だったんですが、此の日落としたら丁度中央辺りに緑色の縦線が…。




*********鑑賞記録*********
鑑賞日:2021年12月6日
鑑賞回:21:15〜23:30
劇場名:イオンシネマ京都桂川
座席情報:Screen11 L-6
上映方式:2D 字幕
レーティング:G
上映時間:121分
備考:ハッピー55
**********************

NEXT▶︎▶︎▶︎『EUREKA 交響詩篇エウレカセブン ハイエボ』
mi2wit

mi2witの感想・評価

4.5
ディズニー・ロシアが贈る、剣と魔法の異世界転移ファンタジー三部作の第二部。

前作のラストで明かされた黒幕の過去編がメイン。
前作が楽しめた人なら、今作もオススメ。

しかし、ラストで黒幕の秘密が明かされるも、いいところで終わってしまった。。。

本国ロシアでは、もうすぐ第三部が公開されるそうですが、ぜひ日本でもやってくれ〜!

このレビューはネタバレを含みます

第2章で終わるかと思いきや、どうやら続編があるらしい。しかもその展開たるや、横溝正史の作品みたい。実はあの人とこの人が血縁で繋がっていて…という展開、本当に金田一耕助をメンバーに入れたくなってくる。横溝正史の作品、ロシアでもウケるのではと思った。

それはさておき、波紋が使える前のジョセフ・ジョースターみたいな主人公のキャラクターは相変わらず。ペテン師らしく、口先や突差の閃きでピンチを切り抜ける「主人公らしくない」キャラクターがストーリーとミスマッチで楽しい。主人公の成長物語という点では王道なストーリー。

この作品で思うのは、敵が「元々いい奴、普通の奴」ということ。何かの力に支配されて悪い奴になっている場合が多い。次回作は更にそこへ「血縁」が絡んでくるらしい。ヒロインとのやり取りは遠距離恋愛のラブコメみたいだったけど、それが昼ドラみたいなドロドロした展開になることは確実。もはやお子様向けの作品ではない。

登場するキャラクターの多くはロシアの昔話に登場するキャラクターらしい。日本なら桃太郎、金太郎、かぐや姫を使って作るようなもの。それでこの内容。ディズニー・ロシア、やはり恐るべし。
コロボーク楽しみやなぁって思ってたら、のっけからいきいきと弾みまくってて笑った。
コロボークって小鳥ちゃんとか食べるの??笑

あまり本国のメディア作品を知らないのでアレですが、
中世ロシアベースの民話の感じが鮮やかに具現化されていて良い作品だと思う。
本で読んだあれやこれが目前に現れるのはやっぱり楽しい。
どうにか3作目まで日本で上映してほしい…!

・前作よりアクションに気合いが入ってる?
・中世ロシアっぽいおとぎの村かわいい〜!スーズダリだかヴラジーミルだかの農村博物館を思い出す。
・ヴァシリーサちゃんかわいいしかっこいいのでディズニープリンセス入りしてくれ
・闇の光にくべられるイヴァンのミッキーマウス靴下
・ペチカに電子レンジ入ってるのは笑う
・唐突に始まるロシアンSASUKE
・ムロメツ父ちゃんカッコいい。テレモクのムロメツブリヌィをオーダーしたくなる。
・バーバ・ヤガーの小屋って複数生息してるもの?からの小屋ベビー繁殖は笑うしかない
・コシチェイおじちゃんがポンコツテレビ化していた
・安定のВсё для тебя
・大地の神聖化はロシアっぽいなあと
・それに対比して大地から遠く離れてしまったモスクワ…
パワーワード:デイズニーロシア、の第2弾

主人公のウザさは相変わらずだけど
前作より面白かった!

新メンバーのボール状の妖怪も楽しかったな~

で、期待させといて3作目は続けてやんないのw
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品