ハリー・ベンソン: 写真は語るの作品情報・感想・評価

ハリー・ベンソン: 写真は語る2016年製作の映画)

Harry Benson: Shoot First

製作国:

上映時間:89分

3.4

「ハリー・ベンソン: 写真は語る」に投稿された感想・評価

良くも悪くもプロフェッショナルなクソジジイ

敵同士だったベトナム兵が終戦後米兵に言った「夜中に敵陣に忍び寄ったよ。殺すためじゃなく、音楽を聴くためにね」が印象的(写真じゃないんかい)

あと「悪口を言われるのが嫌い!」という有名人がいたら、その人に擦り寄るために「あいつ罵倒されるの好きなんだぜ」って言いふらすところ、クソだけどなんか良かった
whitelily

whitelilyの感想・評価

3.5
ビートルズ、ウィリー・ネルソン、ジェームズ・ブラウン、マイケル・ジャクソンなど数々のスターや歴代大統領たちを歴史的瞬間とともにカメラに収めた写真家ハリー・ベンソンのドキュメンタリー映画。
元々ジャーナリストの写真家であっただけに写真に対する情熱や信念の凄まじさに驚愕。どんな時代もどんな真実もレンズに収めて伝えることのみを信念に写真を撮り続けたハリーさん。時代、背景とともに写真を撮ったときのエピソードを交えながらのインタビュー形式のため公民権運動の指導者キング牧師と言葉を交わしたエピソードなどなど…貴重なエピソードも語られていてとても興味深い。

写真の中の被写体はすごく自然でハリーさんの被写体に対する愛情が感じられた。ハリーさんにしか撮れなかった一枚。
『特別になりたければ、さらに上を目指して自分自身を追い込む』プロフェッショナルな仕事の神髄を観てすごく啓発された。
YP子

YP子の感想・評価

5.0
2016年制作の写真家ハリー・ベンソンのドキュメンタリー。

ハリーがインタビューに答えるカタチで話は進んでいくのだけど、そこに登場する著名人はすごい魅力的な人ばかり!
当時の写真や映像が見れたりするよ。


フランク・シナトラ
ジェームズ・ブラウン
ビートルズ
オノ・ヨーコ & ショーン・レノン
モハメド・アリ
ウィリー・ネルソン
マイケル・ジャクソン
ヒラリー&ビル・クリントン
ドナルド・トランプ
ドリー・パートン
ボブ・ディラン & ブルース・スプリングスティーン
ロン・ウッド
ビースティ・ボーイズ
マーティーン・ルーサー・キング牧師


他にも大勢の素晴らしい方々の写真を撮ってる写真家!
彼は報道カメラマン。
1964年のビートルズのアメリカデビューに同行した事がきっかけでアーティストも撮るようになった。
なんとも被写体を自然体にさせる事のできるカメラマン。
そして“孤高の被写体”を好んだカメラマン。

マイケル・ジャクソンのネヴァーランドを写真におさめることができた数少ない写真家でもあって、ドキュメンタリーの中ではマイケルがインタビューを受けてるシーンも見れるよ!しかもすごい自然体。

『ウィー・アー・ザ・ワールド』の収録にも立ち会った。一晩中撮影が許されたのはハリーだけ!すごい!



“僕は自分が目にしたものをフィルムに収めるだけだし、それが真実を語ってくれると信じてる。”



なんてかっこいいんだ!ハリー。
ハリーの周りに集まる家族や人々の笑顔が彼の人柄や写真家としての素晴らしさを語っていると感じたドキュメンタリーでした!

写真や音楽が大好きな私からしたらヨダレものの素晴らしいドキュメンタリーでした!