SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬の作品情報・感想・評価

SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬2018年製作の映画)

上映日:2018年05月19日

製作国:

上映時間:115分

3.8

あらすじ

デヴィッド・ボウイをはじめイギー・ポップ、マーク・ボラン、YMO、寺山修司、忌野清志郎など、時代の寵児たちのきらめく瞬間を捉えた写真家・鋤田正義の創作活動から人柄までを追った初のドキュメンタリー。布袋寅泰、山本寛斎、永瀬正敏、糸井重里、リリー・フランキーをはじめとする鋤田と親交のある様々な人の証言による多くのアーティスト達に愛された鋤田の人としての魅力に迫る。

「SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬」に投稿された感想・評価

じょい

じょいの感想・評価

3.0
芸術は日常の中にあるけど、
芸術の輝きはスペシャルなもの。

素直な人が報われる世界であって欲しい。

ドキュメンタリーとして、もう少しクリエイティブな刺激が欲しかったけど、母親を撮った写真の話が良かったです。
sokwtkhr

sokwtkhrの感想・評価

3.3
鋤田さんは魅力的だし、登場人物もすごく豪華。

知らないことも多かったし、面白かったのだけど、正直上質なドキュメンタリー仕事の流儀。

もっと、作り手側のこだわりや工程など、独自の価値観に迫って欲しかった。
鋤田さん。実は、その存在を初めて知りました。
彼の撮った写真はいろんな所で目にする機会が多々あり、知ってましたが、、、
特にD.ボウイ、あんなにもクールで魅力全開な写真!マークボランやイギーポップ、どれもがスタイリッシュ!

でも、鋤田さんの見た目や雰囲気はふつーのおじさん(失礼!)
ただ、彼の才能を信じた人たちの人脈やコネクションが凄い!登場するロッカー、アーティスト、クリエイター、みな一流の人達ばかり。インタビューに応えてる人、全部好き❣️
何よりも彼の出発点。カメラを手にして撮った何気ないショット。天性のセンスと才能が備わってる、としか言いようがない。

ただ、映画としてはちと長いかな…
鋤田さんの作品同様スタイリッシュにまとめて欲しかった。
鋤田正義氏、日本人としても写真家としても尊敬する人物ですが、ドキュメンタリー映画としてこれが面白いかと言われれば首を傾げる。
ほぼ全編がインタビューで展開され、さまざまな所で評価されているということはわかってもひとつひとつの話を聴いているのは疲れてくる。もっと音楽を前面に押し出したりしてもよかったのでは。
若い頃は技術に走り型に嵌まったものを生み出し勝ち、今またそれをぶっ壊せたら面白くなりそうだと感じてる。

みたいな事を仰っておりまして、ちょいとぶん殴られたような気持ちになりましたよね。

歳を重ね技術を身に付け小手先仕事をするようになっちゃあ仕舞いだぜ。

なんて事を考えていたあたしゃまだまだひよっこですらなかったわよね。
sarco

sarcoの感想・評価

2.9
写真や人がら、話を寄せるひとたちはすばらしいのに
眠くて仕方なかったという(-_q)
勉強不足でスキタサンのことは知らなかったけど、みんなが評価するすごい写真家ってことは分かった。
ポールスミスとの対談は上映してる時間が短かったし、会話が一方的で必要あったのかはよく分からん。
写真家・鋤田正義さんのドキュメンタリー。わたしにとってはマーク・ボランでもボウイでもなく「小説ワンダフルライフのあの表紙を撮ったひと」という意味で人格形成に少なからず影響を及ぼしているわけで、長らく公開を心待ちにしておりました。とてもよかった。

周囲の談話だけでなく本人自ら製作現場に立ち会う構成からは、今なお第一線で活躍し続けるバリバリの現役感が伝わってきます。にもかかわらず本人に全くギラついたところがなく、終始柔和な笑顔と実直かつ丁寧な語り口を保たれてるのも素敵だったな。

布袋氏邸のマグカップが例のあの柄の色違いだったこと、ポール・スミスに会いに行った際のTシャツがブラックスターだったこと、海外の名だたるクリエイターがこぞって彼を「ミスター・スキタ」ではなく「スキタサン」と呼んでいたのが印象的でした。パンフレット欲しかったです。既に完売だなんてあんまりだ…。
Shino

Shinoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

誰もが認める一流のアーティスト達から、
絶大な信頼を受けている鋤田氏❗️
その所以が知りたくて仕方なかった(o^^o)

画面に映し出されるモノクロの写真を、じっと見つめていると、今にも動き出しそうな感じさえしてきた😱

やはり、彼の中のリズム感であり( 写真家だけどミュージシャンみたいだって)
常に好奇心に満ちていて、留まっていない事であり、そしてやはり、愛に溢れる人‼️…という事だな😆👍

「柔らかくて、強い人」と、彼を称した言葉に納得👌
さすが、コピーライターさん😅
写真とは一瞬の時を切り取ったもの。
その仕事はすばらしい。人柄の良さが偲ばれるエピソード。
鋤田さんの写真展が観たい。
>|