SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬の作品情報・感想・評価

「SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬」に投稿された感想・評価

Meg

Megの感想・評価

2.0
取り巻きに囲まれているSUKITAさんをお見かけしたことあるけど、感じのいい方でした。
桃鈴

桃鈴の感想・評価

3.5
鋤田さんのことを知らずに、本人とお話したことがあります。こんな凄い方だったなんて😂とても優しいおじさまと思っていたら。世界を股にかける日本人は素晴らしいと思います!
nogsing

nogsingの感想・評価

3.8
デビッド・ボウイやマーク・ボランはじめ、国内外のアーティストのポートレートやアルバムジャケットを手掛けてきた写真家、鋤田正義に迫るドキュメンタリー。

音楽や映画が好きな人なら誰でも一度は目にした事のあるアートワークの数々。恥ずかしながら日本人の手によるものとは知りませんでした。そしてそのことを知った今、誇らしさと同時に尊敬の念を禁じ得ない。

世界的に有名な写真の貴重な撮影秘話が、関わった人々や本人の証言によって明らかになる。鋤田氏の人柄や目線が謙虚かつ優しさに溢れていて、国籍を超えて様々なアーティストとの交流があるのも至極納得です。

写真好きな、音楽好きな方にはぜひ観て欲しい、良質なドキュメンタリーでした。
じょい

じょいの感想・評価

3.0
芸術は日常の中にあるけど、
芸術の輝きはスペシャルなもの。

素直な人が報われる世界であって欲しい。

ドキュメンタリーとして、もう少しクリエイティブな刺激が欲しかったけど、母親を撮った写真の話が良かったです。
sokwtkhr

sokwtkhrの感想・評価

3.3
鋤田さんは魅力的だし、登場人物もすごく豪華。

知らないことも多かったし、面白かったのだけど、正直上質なドキュメンタリー仕事の流儀。

もっと、作り手側のこだわりや工程など、独自の価値観に迫って欲しかった。
鋤田さん。実は、その存在を初めて知りました。
彼の撮った写真はいろんな所で目にする機会が多々あり、知ってましたが、、、
特にD.ボウイ、あんなにもクールで魅力全開な写真!マークボランやイギーポップ、どれもがスタイリッシュ!

でも、鋤田さんの見た目や雰囲気はふつーのおじさん(失礼!)
ただ、彼の才能を信じた人たちの人脈やコネクションが凄い!登場するロッカー、アーティスト、クリエイター、みな一流の人達ばかり。インタビューに応えてる人、全部好き❣️
何よりも彼の出発点。カメラを手にして撮った何気ないショット。天性のセンスと才能が備わってる、としか言いようがない。

ただ、映画としてはちと長いかな…
鋤田さんの作品同様スタイリッシュにまとめて欲しかった。
鋤田正義氏、日本人としても写真家としても尊敬する人物ですが、ドキュメンタリー映画としてこれが面白いかと言われれば首を傾げる。
ほぼ全編がインタビューで展開され、さまざまな所で評価されているということはわかってもひとつひとつの話を聴いているのは疲れてくる。もっと音楽を前面に押し出したりしてもよかったのでは。
若い頃は技術に走り型に嵌まったものを生み出し勝ち、今またそれをぶっ壊せたら面白くなりそうだと感じてる。

みたいな事を仰っておりまして、ちょいとぶん殴られたような気持ちになりましたよね。

歳を重ね技術を身に付け小手先仕事をするようになっちゃあ仕舞いだぜ。

なんて事を考えていたあたしゃまだまだひよっこですらなかったわよね。
sarco

sarcoの感想・評価

2.9
写真や人がら、話を寄せるひとたちはすばらしいのに
眠くて仕方なかったという(-_q)
勉強不足でスキタサンのことは知らなかったけど、みんなが評価するすごい写真家ってことは分かった。
ポールスミスとの対談は上映してる時間が短かったし、会話が一方的で必要あったのかはよく分からん。
>|