MIFUNE:THE LAST SAMURAIの作品情報・感想・評価

MIFUNE:THE LAST SAMURAI2015年製作の映画)

Mifune: The Last Samurai

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:80分

あらすじ

スティーブン・スピルバーグやマーティン・スコセッシなど世界の巨匠に愛された唯一無二のサムライ俳優・三船敏郎。2016年にはハリウッド殿堂入りを果たすなど、今も世界中のファンの心を惹きつけ離さない“世界のミフネ”の波乱に満ちた生涯と映画人生に迫るドキュメンタリー映画。三船が出演した黒澤明監督「七人の侍」(1954年)、「蜘蛛巣城」(1957年)、「用心棒」 (1961年)、「赤ひげ」(1965年)…

スティーブン・スピルバーグやマーティン・スコセッシなど世界の巨匠に愛された唯一無二のサムライ俳優・三船敏郎。2016年にはハリウッド殿堂入りを果たすなど、今も世界中のファンの心を惹きつけ離さない“世界のミフネ”の波乱に満ちた生涯と映画人生に迫るドキュメンタリー映画。三船が出演した黒澤明監督「七人の侍」(1954年)、「蜘蛛巣城」(1957年)、「用心棒」 (1961年)、「赤ひげ」(1965年)、そして稲垣浩監督「宮本武蔵」(1954-56年)などに焦点を当て、家族、日本の映画関係者や俳優、海外の著名人たちのインタビューと貴重な映像資料とともに、その生涯と世界に影響を与えた「サムライ映画」の進化を明らかにする。

「MIFUNE:THE LAST SAMURAI」に投稿された感想・評価

aki

akiの感想・評価

4.0
この映画単体としてはどうだろう?と思うところもあるんだけど、まだまだ観るべき映画がたくさんあること思い出させてもらったし、そもそもすでに鬼籍に入ってしまった方達の貴重なお話が聴けただけでも貴重な映画だと思う。
b

bの感想・評価

3.8
生身の三船像を関係者の証言から炙り出していく、といった感じ。内容はあまり濃密ではなかったが、それでも興味深く観ることができた。今度、午前十時の映画祭で上映される『七人の侍』や『用心棒』がますます観たくなった。
ad

adの感想・評価

2.7
三船入門ドキュメンタリーって感想

目新しいエピソードや新解釈的なものは特になかったと思う。

また羅生門と七人の侍観たくなってきた
hepcat

hepcatの感想・評価

-
やっぱりかっこいいな三船
彼の共演者、監督、家族が彼の知られていない様子を語る

共演者が語る三船の話が好きで、完璧ではなくて、粋って表現が適切であろうか、掴み所のないところが彼の魅力だったのかな

三船、黒澤初心者の自分にはとても満足できたけど、やっぱりレビューの多くにも書かれてる、もうちょっと深層を知らなかったかも

川の清流みたいな綺麗なドキュメンタリーだったけど、三船なら華厳の滝の様な流れ落ちる30分のドキュメンタリーでもよかったかもよ

p.s
終わって皇居から見る夕焼けには感動したな
柊子

柊子の感想・評価

3.8
もう少し知りたいと思った!

が、三船敏郎の魅力や世界に及ぼした影響は本当に凄い。

たくさん映画を見たくなった。
calico

calicoの感想・評価

2.7
「世界のミフネ」の役者人生を振り返るドキュメンタリーだが、やや食い足りなさが残る。自国の名優を扱うフィルムなのにも関わらず、資料の掘り下げ方が浅いせいだろうか。語られているのはすべて書籍などで確認できることばかりで、新鮮な驚きは皆無だった。
また「ディスカバージャパンの視座を持つ外国人監督(ただし日系)を起用しよう」という企画意図も軽薄で、若干の落胆を禁じ得ない。「是が非でも私が」という気鋭の監督が国内に見当たらないという現実には、オールドスクールをリスペクトしない日本人の無教養、カッペ根性が見え隠れしている。何しろどこの会社も『価値ある男』をソフト化しようとしない国なんだから…。
日本版のナレーションには、なぜかエグザイルのメンバーを起用、本編では三船敏郎と所縁のない役所広司が出てきて、用意されたかのような三船論を、したり顔で垂れ流す。こういう品のない人選が成り立ってしまうのは、電通が絡んでいるせい?三船美佳が出てこないだけ、まだマシとするべきか。
「三船の軌跡と並行して、日本の時代劇映画の歴史を探る」というサブテーマも良いが、本編の主役を差し置きエンドロールにまで引用映像をあてがうというセンスも「?」。
やはり稀代の名優の比類なき魅力は、遺されたフィルムの数々から確認するのが一番のようだ。
写真屋の息子ということで子どもの頃から写真の被写体になっていた様子を見るに、その頃から「写される」意識みたいなものが育まれていたのではないだろうか。三船さん単体の魅力も当然伝わる内容だけど、やはり黒澤明監督絡みの話の方に引き込まれてしまう。「蜘蛛巣城」における本物の矢が(保険もかけられずに)びゅんびゅん飛んでくるというあのエピソードは何度聞いてもぞくぞくする。スコセッシ監督が「本当に危険だからこそのリアル感!」と唾を飛ばしながら語るところもらしくて良し。三船さんが監督に一切文句を言わずにこの場面を乗り切った的なことを言ってたけど、「俺を殺す気か!」と散弾銃を持って黒澤邸に乗り込んだ後日談もつけて欲しかったかな。今では数少なくなってしまった貴重な当時の生き証人の登場にも本当に感謝。(香川京子さんは今でも本当に品を残した美しさ)その香川さんが朗読する三船さんが亡くなった時の黒澤監督の「お別れ状」は響いた。「三船君、また会おう」その翌年に監督も他界したとのこと。役所広司の語り口も良かった。それにしても客が少ないのが寂しい。これがスバル座ではなく、新文芸坐であれば・・。
Wonkavator

Wonkavatorの感想・評価

3.0
悪くわないけどヌルいドキュメンタリーだなあ〜と言う印象。

ここ最近観た高倉健のドキュメンタリーのほうが遥かに良くできているため、見劣りしてしまう。

題材となっている三船敏郎然り黒澤明然り...
もっとちゃんとしたドキュメンタリーを日本映画界が創って後世に残すべきではないのか?

こう言う逆輸入な評価ばかりな現状に関しては、これに限らず日本てホント良いものの目利きが自ら出来ない残念な国
ぱぐ

ぱぐの感想・評価

4.6
役者やるなら是非、観て欲しい。
『そういう時代』という言葉では片付けられるものではない、重みのある大切なものを知る事が出来るはず。
TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

3.2
スバル座に来るのなんていつ以来だろうか?

正直ドキュメンタリーとしては若干浅い仕上がり具合。そこまで深く「MIFUNE」を掘り下げてはいないが、黒澤作品をほぼ制覇している身としては、2人の関係性と全盛期の日本映画界、特に東宝作品のバックグラウンドを観れただけでも良し!

私事だが、自分が映画に嵌まった理由は父親の影響で、何時も父が「三船は大根役者だからな。。。」と言っていた事がハッキリと理解出来たような気がする。勿論良い意味で。観て頂ければそれは分かります。

何故?
ナレーションがEXILEのAKIRAなのか?
そこだけが疑問符?
と思ったらD通さん製作なんですね。

せっかく日系アメリカ人監督起用してるんだから、それなら米国資本で製作した方が良かったのでは?と若干中途半端な仕上がりに素直にそう思ってしまった。
>|