劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel II. lost butterflyの作品情報・感想・評価

「劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel II. lost butterfly」に投稿された感想・評価

衛宮切嗣のように「正義の味方」になる。と、今まで思い続けただけに、内なる自分との葛藤に苦しむ士郎。そして、決断する。

しかし、ワカメの行いに、プツッ、とタガが外れた桜は瞬く間に呑まれ、変貌する。。。

暴露話が色々あった。
切嗣との繋がり、姉妹であること。

ワカメは終始、中途半端な立ち位置だった。力不足と分かりながらも、思い通りにならない事に腹を立ててしまう。どうしようもない。あいつがいなければ、もっと桜はまともだっただろうに。しかし、あいつはそーゆー役回りの奴だからしょーがないのか。

アーチャーの腕を取ってつけただけで生きてるものなのか?まぁ、そこは魔術という言葉でどうとでも取り繕えるか。にしても士郎とアーチャーの体格差では、アーチャーの腕は少々不釣り合いではと感じてしまう。

士郎の血を舐める桜が兎に角エロい。

バトルシーンの迫力たるや半端ない。バーサーカーVSセイバー(闇落ち)の戦闘は凄まじく、あんなに苦戦していたバーサーカー相手に、魂を幾度となく削り取るセイバーが圧巻‼︎
ごし

ごしの感想・評価

4.5
桜ァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!
にく

にくの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

見終わってすぐの感想は「制作進行一人!?マジ!?」だった。
ヘラクレス並みにガッツが無いと死んじゃうよー。すごい。
イリヤくるくるしててかわいい。
素晴らしい映像美と凄まじいアクション描写ですね。
今回は不謹慎たが桜のエロティシズムもすごく感じてしまった。
案外すんなり結ばれてしまった二人にあれ?ってなった(笑)
正義の味方としての究極の選択を迫られさぁどうする衛宮!
早速MOVIXにて鑑賞。
最早ストーリーが最高なのは分かっていたので言うまでも無いって感じではあるけど、作画に演出、音楽、演技、全てが最高峰の出来になってて、映像作品としても素晴らしい出来になってました。前作も凄かったけど余裕で上回ってきたのでビックリした。戦闘シーンは勿論のこと、ちょっとした仕草とかで充分キャラクター達の感情表現が成立してるのがすごい…!

また、原作の文章と映像が相互補完になってて気付かされる事が多かったのも楽しかったです。

慎二、お前そんなに泣いてたのか…。
レク

レクの感想・評価

4.0
HF(間桐桜ルート)では聖杯戦争を描いた上記ルートとは異なり、"聖杯"とは何か?の核心の部分を描いたもの。
劇中の台詞ひとつひとつが重い。
愛と嫉妬、暖かな理想と蝕まれていく世界、光と影の錯綜で描かれる精神と現実。

過去作アニメSNとUBWではほぼ空気だった間桐桜の背景が見えるからこそ、この世界のおぞましさや禍々しさが炙り出される。
魅力的なキャラクター、そして脚本が濃密で鑑賞後にも引きずるほど。

三部構成の二作目でこれだけでは評価は出来ないのだが、前作に引き続き作画、音響、脚本が素晴らしく前作「HF1」を超える出来だ。
波瑠

波瑠の感想・評価

3.3
桜ルートの絶望感たるや。
健気だし、純愛だし、なんだけどどうにも応援する気にならなかった。
アーチャーがひたすらに素晴らしい。
sakana

sakanaの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ひさびさに初日に見た映画で舞台挨拶中継で見た、それだけ期待して見に行ったら、
期待以上のシナリオと演出と迫力やった!
原作未プレイでアニメはディーン版とUBWは見たけど今作が一番衝撃的で重い話になってた。
戦闘シーンで作画はすごかったな声優までもが世界レベルですごいって言ってたぐらいやったし
爆発5秒に900枚ぐらいらしくてネット曰くアニメは1秒24-30枚だそうです、その時点でufoは化け物レベル、
しかも第1章よりも高クオリティ。
今回話桜の緩急ある展開でびびった、夢の中で桜が楽しんでるのかと思いきやの人を食っててでからのギルの高速退場はそんなんありかよって思った、
原作が原作やから今までにしてなかったからないと思ってた展開を始めて取り入れて隣の人の反応が面白かった。
ただ原作がゲームってこともあってかセリフはゲーム臭いものが多かったかな。
早く2020年になってほしいな最近Fate調べすぎて原作のネタバレ動画ばっかりあがってくるから最終章どうなるかわかってしまう。
もりた

もりたの感想・評価

5.0
来年春が待ちきれない。
戦闘シーンはZero、UBW、空の境界などと比べてもダントツで凄かった。迫力がとんでもない。
アンリマユは大画面で見るとほんと怖い。
Aimerの主題歌もダークで良かったです。
たつ

たつの感想・評価

4.0
一章を観た勢いで思わず鑑賞。
前作に引き続き、迫力ある戦闘シーンに釘付けになる。
作画が本当にすごい…。

また、全体の物語を通して終始不気味で暗くて重い空気が渦巻いている雰囲気も好き。楽曲も見事にマッチ。
グロさも相まってコレまた良い。

気になる終わり方で最終章が今から待ち遠しいです。
>|