劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel Ⅲ.spring songの作品情報・感想・評価

「劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel Ⅲ.spring song」に投稿された感想・評価

面白かった!
いやぁ、映像も演出も凄く良かった!。ライダーの戦闘シーンもシビれた。ラストのaimerの曲の入り方もグッと来た。
アニメ一期とこちらの劇場版3部作しか観てないので、まずはゲーム版のクリアをこれから目指します。
S

Sの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ライダーvsセイバーオルタが素晴らしい。
アニメでしか出せない迫力と演出に凄く興奮した。
セイバーのラストはそれまでの戦闘と対照的に切なくて、思わず涙が出そうなくらい。
前作あたりから加速する絶望的な展開に対して、"魔法"の力で綺麗に話を結んだなと感心した。
登場した全てのマスター、サーヴァントがかっこよかった、ありがとう。
姉妹愛。ライダーカッコいい。

男性キャラより女性キャラがいい!
これハッピーエンドなんだよね?
まぁタイガーが生きてりゃいいや。

三部作連続で見たから若干胃もたれしました。ふぅ
Masashi

Masashiの感想・評価

4.3
前作、前々作見てからの鑑賞。
映画館で見れば良かった…。

ライダーのアクションが一番興奮した。
2回ぐらい見た。

色々、原作知らないと分からないところもあったので見終えた後、調べてもう一度鑑賞。

このレビューはネタバレを含みます

まさかの人外オチ。
桜ルート鬱すぎません?
セイバーオルタとライダーの激アツバトルは作画最高でしたが、これまで食われた英霊たち皆空気で報われねぇ…😭な感じでした。
やっちゃえバーサーカーも最期が切なかったですね。
エロゲ要素満載の前作でしたが、最後は主に姉妹愛。レリゴー流れそう。
にこる

にこるの感想・評価

5.0
最終章ということで戦闘シーンが多かったけど流石の作画でした
主題歌の「春はゆく」何回も聞いてたけど劇中で流れたとき鳥肌立ちまくった...
『Zero』から始まったFateマラソンも、ついに完走……! 通い妻が本妻になるまでを描いたシリーズも大団円! 終わってみると真のヒーローは遠坂凛だったな、と思ったが、セイバーと彼女が他ルートでもそれなりに活躍してることを考えると、このルートでしか輝けなかった桜のヒロインとしてのキャラクター性の重さを考えてしまうね。単体の作品としては、状況が加速していく1〜2の方が面白かったかもしれないが、シリーズ全体を通しての完結感も味わえて、非常に満足感のある一本でしたね。
み

みの感想・評価

4.9
ちょっと関係ない話をするのですが、久しぶりにベストムービーの一位を変えたいな、そう思ったんです。
というのも、もうずっと変わっていないから。映画をそういう風に、つまりランキングのために観ているわけではないのですが…
もうこの作品か、ヴァイオレ…か新海作品くらいしかないんじゃないか。まあ、アニメ以外で今の一位を超えてくることはないだろうなとは思っています。
それくらいアニメ大好きなんです。ベストムービーもほとんどアニメばっかりだし。
そんな中での視聴。期待も高まるってわけですよ。
結果的には期待を大きく上回り、大満足で、デカい余韻に浸っています。
ベストムービーの不動の一位を揺るがす作品であったのは間違いない。
ただ、やっぱり一位ってなかなか変えられないですね、、


最初からクライマックスのような圧倒的な映像体験。続きがきになる展開。ようやく観ることができたこの作品。ラストを迎える覚悟はできていない。
これからもっと盛り上がるであろうと思っていたのに、OPはやけに静けさを演出しています。
士郎の背中、そして風の音。即答できるものでない問いに、この演出は憎いですね。
描かれることはないのかもしれない日常、それを求めてしまう私。
とにかくエフェクトがバリッバリで本当に見ごたえがあります。
つーかここまで人気コンテンツに仕上げたのは奈須きのこがとにかく天才なんだろうな。
難しくないことはない。そう。やや私にとっては難しい…しかし映像抜きにしてもここまで続きが気になり、魅せるストーリーはもう拍手するしかない。
文章を読んだことはないけれど、おそらく文才もかなりあるとみた。
「DDD」を買ったので読んでみようかしら。
この展開熱すぎない?すげえよ、すげえ…ここまで追ってきて本当によかった…
暗闇のなかで士郎の瞳にわずかにではありますが、キラっとひかるハイライトが、希望を表しているようで。
皆にフォーカスを当てているので、もはやだれが主人公かはっきりしないほどですね。
これ映画館で観てたらと思うと恐ろしい。DVDでよかった。というのも、五時間ぐらい席を立てない自信があるからです。
ドゥリアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!
画面から離れられず、思いっきり感情移入し、もう助けて(いい意味)という感じ。あれ、この感じ、ホラー映画か?(何一つ怖くないのに、なんだこりゃあ…
こういう感動の仕方もあるんだな。勉強になった。
アアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!
ラストにこんな展開もってくるな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

一切手抜きも誤魔化しもない映像、脚本。
そして素晴らしい声優の皆さん。
これぞ日本の誇るアニメーションだなと思った。




38本目。
Fate Staynightの桜ルートのラストの作品。
バトルシーンは作画が狂ってるほど緻密で、あんなクオリティの高いシーンはなかなかお目にかかれない。
Fateシリーズ面白いよねぇ。

このレビューはネタバレを含みます

8/17
これはスゴい。初っぱなの衛宮邸での先頭で士郎が凛の方に寄ってくときの桜の表情の変化を見た時点でこれは傑作だぞって確信した。
もともとFate/StayNightの桜√はこれまでの物語を踏まえた上で無数の対比を乗せることで深みを持たせてる作品だったが、それが丁寧に映像化されていた。これはスタッフ達から本当に愛された作品なんだなって思ったし、それだけでこのコンテンツを10年以上追い続けてきた甲斐があったなと泣きそうになった。
これ、3月に公開だったら観終わった後に現実でも春の匂いに包まれるという圧倒的な作品への没入体験を味わえたんだなって思うとほんとに悔しさ隠せない。

9/18
再度見直したあと友人と感想を話し合った。
やはりFate作品の登場人物の持つ陰の欲望や衝動というのは人間誰しも一度は持つような、しかしその実誰もがすぐ気付くわけではなく蓋をしつつも直感してるようなそういうもので、それに基づいて丁寧いストーリーが作られてるから何年経っても色褪せないし何年も追いかけ続けられるんだなって思った。
>|

似ている作品