傷物語II 熱血篇の作品情報・感想・評価

傷物語II 熱血篇2016年製作の映画)

上映日:2016年08月19日

製作国:

上映時間:68分

ジャンル:

3.6

あらすじ

それは3月25日-春休みのある日のこと。私立直江津高校に通う高校二年生・阿良々木暦は、偶然に学校一の優等生・羽川翼と知り合う。彼女の口から飛び出したのは、最近出没するという「金髪の吸血鬼」の噂だった。普段人との関わりを避けているものの、気さくな翼のことを好ましく思う暦。その夜、暦は噂の吸血鬼と遭遇する。“怪異の”キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード。金髪金眼の彼女は、四肢を切断…

それは3月25日-春休みのある日のこと。私立直江津高校に通う高校二年生・阿良々木暦は、偶然に学校一の優等生・羽川翼と知り合う。彼女の口から飛び出したのは、最近出没するという「金髪の吸血鬼」の噂だった。普段人との関わりを避けているものの、気さくな翼のことを好ましく思う暦。その夜、暦は噂の吸血鬼と遭遇する。“怪異の”キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード。金髪金眼の彼女は、四肢を切断され、周囲に血を撒き散らしながら、暦に助けを請う。求められるままに、キスショットに自分の血を与える暦。次に目覚めたとき、彼は彼女の眷属に生まれ変わっていた。戸惑う暦に、キスショットは告げる。「ようこそ、夜の世界へ」と……。

「傷物語II 熱血篇」に投稿された感想・評価

Mah0

Mah0の感想・評価

2.4
良くも悪くも三部作の二部という感じ。
キービジュアルの忍は本当にかわいいです。
佐藤

佐藤の感想・評価

-
最高

あるあるな展開にギャグやら何もかもをぶち込んでいる感じ~
XmasStory

XmasStoryの感想・評価

3.5
映画しか観てないので他との違いが理解りませんが好きです。カット割り、言葉遊び、怪異な映像美、ダカラ?適度なエロ、それになんせキャラの名前と好みの声優さんばかりで目に良し耳に良し。坂本真綾さんのキスショットには有無を言わさない魅力あり江原正士さんのドラマツルギーと大塚芳忠さんのギロチンカッターの存在感たるや。神谷浩史入野自由櫻井孝宏御三方の安心感も素晴らしき。ただギロチンカッターには驚きましたよ。続きまだ観てない。
やす

やすの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

こんなドキドキな展開があって、結局2人は付き合わないのかよと!
saba

sabaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

丁寧なエロとグロ堪能映画
金払った分、
ちゃんと映画分のサービスがある映画


○高速感が伝わる戦闘描写
敵のキック、観ると腕がない。
振り向くと宙を舞う腕。

○グロ描写
腕の付根から手のひら。赤子の鳴声
記憶を脳髄直握り。動く眼球、?
回転して倒れるフカン。放射状に出血。

○美しいディテール
雨の中での刃物。飛び散る火花。

○再生カットと復活カット
脚を食べるグロをデフォルメ漫画表現
成長する四肢に伸びる麦のインサート

○時間差編集

○漫画的なアングル美構図
対峙する二人、センターに無機質ビル。
校舎の窓を上がり下がり。
交差点を急カーブ
二人の背景に一面麦畑

○イメージカットのインサート
パンツが見える瞬間、地球から浮かぶ月


●会話劇のテンポ悪長

●CGカットになるロングの画、冷める

●勝敗がタンパク過
やられる描写は丁寧、
やる描写、
鉄球が顔面に沈む、絞殺、縛り上げられる
コマ数が少なく雑。効果なきリプレイ

●緩急が激
雑な前フリ
突然の会話劇
バトル!

阿良々木くんが強くなる話。
あと羽川さんがまじでイカれてる
しく

しくの感想・評価

3.4
夕暮れや夜明けの空の色とかスタイリッシュな町並みが好き。。あんな絵描きたい

腕生えてくるシーン初見ひえ…ってなった
絶対痛い、、
AzMToS

AzMToSの感想・評価

3.6
化物語シリーズ作品、劇場アニメ『傷物語』三部作の二作目に当たる一本。

今回は吸血鬼、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードを退治しに来た、いわゆるヴァンパイヤスレイヤー3人と、吸血鬼キスショットの新米眷属になったばかりのなりたて吸血鬼にして我らが主人公、阿良々木暦とのバトルの描写が中心となる。

当然だが前作に引き続き、作画と演出の質が高い。 そして羽川に愛が注がれ過ぎている。 前作よりは減っているものの、それでもかなり羽川との会話シーンが多く、そして長い。 この映画の時点では阿良々木くんの唯一の友人にして大切な人なのだから、仕方がないことではあるが。

見どころは何といっても3人の吸血鬼ハンターそれぞれとのバトルシーン。 吸血鬼だけに正に鬼気迫る戦いっぷりに血湧き肉躍ること間違いなし。 CGの使い方もダイナミックで、大規模なことが起これば壮大なロングショットへの切り替わりに、小物・破片など微細なものや体内の損傷描写等にも使われており、見せ方の巧さ自由さ、そして突然平面のアニメ世界に三次元のCGが入って来たことの違和感よりも、ちゃんと爽快感や面白さを先立って感じられるスピードや動きに対する映像感覚の良さには本当に感心する。

シリアスなシーンのTV版よりも描き込みの多い基本の絵から、ギャグ調のデフォルメ率の高い絵に変わる時の思い切りの良さも好きなポイント。 普通に考えたらグロテスクになりそうなシーンを、子供っぽいかわいさを感じられるような場面に仕立ててメリハリを出す手法は地味だが凄い。

バトルシーンの疾走感が魅力。 終わり方も堪らん。 これだけ続きの気になるラストを見せられたのに、何故俺はまだ三作目だけ観ていないのか。 できるだけ早く三作目を観ねばならんと思う。
KH

KHの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

17歳の忍、最高にかわいい。

熱血編は3人のヴァンパイアハンター戦がメインだが、1時間で3戦もあるのでいかんせん1戦1戦がまぁ消化不良。特にエピソード戦は羽川さんの下乳くらいしか記憶には残らない。

今回の感想としてもエロい。それだけである。
自らの意思でスカートをたくし上げパンツを見せる。。うん、エロいね。
最終決戦に向かう前に自分の脱ぎたてパンティを渡して生きて帰ってきて新学期に返してって。。うん、エロいね。

もう大筋のストーリーとかどうでもよくて、羽川さんエロい。。
忍、、エロい。
って感想しか見終わった後浮かんでこなかった。。これはシャフトの狙い何だろうか?
ゆーか

ゆーかの感想・評価

3.7

2017年107本目。

大好きな物語シリーズですが、
1作目は劇場で見たけど、
アニメと違う色彩がどーも受け入れられず、2作目からは自宅で。

やはり、アニメシリーズのほうがいいな。
羽川さんとのラブコメやめてほしい。(羽川推しのかたいたらスイマセン)
戦闘シーン、なんか物足りない。

しかし阿良々木くんの声は神!

でも、ちゃんと最後まで観ます。
>|