劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flowerの作品情報・感想・評価

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower2017年製作の映画)

上映日:2017年10月14日

製作国:

ジャンル:

4.0

あらすじ

少年は少女を守りたい。そう、思った。魔術師〈マスター〉と英霊〈サーヴァント〉が、あらゆる願いをかなえる願望機「聖杯」をめぐり戦う――「聖杯戦争」が起きて10年、冬木市で再び戦争が始まった。前回の「聖杯戦争」の参加者である衛宮切嗣の養子・衛宮士郎は遺志を継ぎ、戦うことを決意する。 士郎のそばには、彼を慕う少女――間桐桜がいた。彼女は毎朝、毎晩士郎の家に通うと朝食と夕食を作り、天涯孤独だった士郎と…

少年は少女を守りたい。そう、思った。魔術師〈マスター〉と英霊〈サーヴァント〉が、あらゆる願いをかなえる願望機「聖杯」をめぐり戦う――「聖杯戦争」が起きて10年、冬木市で再び戦争が始まった。前回の「聖杯戦争」の参加者である衛宮切嗣の養子・衛宮士郎は遺志を継ぎ、戦うことを決意する。 士郎のそばには、彼を慕う少女――間桐桜がいた。彼女は毎朝、毎晩士郎の家に通うと朝食と夕食を作り、天涯孤独だった士郎と優しい日々を過ごしていた。だが「聖杯戦争」が始まると、冬木の町に流れる空気が変わった。あちこちで殺人事件が起き、不穏な空気が流れ始める。士郎は桜を自宅に泊めることを決意した。 士郎は召喚したサーヴァント・セイバーとともに、魔術師の遠坂凛と同盟を結び「聖杯戦争」に臨む。だが、その戦いは暗躍する者たちによって大きくきしみ、歪み始めていた。

「劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

FGOから入った人間だから初代を勉強しようと鑑賞。ワカメが最高にヘタレなのが好き。桜がもうなんかやべーやつにしか見えない。面識あんま無い先輩の家にいきなり押し掛けるってのはどうなんだろうか。余談だけど、一応PC版は経験有。ただエロCG回収だけに勤しんでいたから話は全く分からんかった
もこ

もこの感想・評価

4.5
流石の映像美。
4DXの演出は作動音が多少気になるも圧巻でした。
2部も見るぞー!
Otias

Otiasの感想・評価

3.5
さくらーーーーーーー!!ってなる。本ルートとはまだそこまで分岐してない様子なので次回以降楽しみ(先は長い)
ao

aoの感想・評価

5.0
最高。何度観たことか…
HF見るために仕事をめちゃくちゃ休んだ。
ありがとう全てのHFに関わった人達…🙏🙏🙏
Ryuji

Ryujiの感想・評価

4.3
今自分は何をみたんだろう
そんなことを見終わった後感じました
映画というには文章的な
アニメというには現実味があり
そして、fateというにはあまりにも異質すぎる作品でした
原作をプレイしてから何年も経ってしまったからなのか細かな展開を忘れており、それも相まって大変満足できました
今後のストーリーを知っている手間、映像としてどのように表現されるのか今後が楽しみです
タスク

タスクの感想・評価

4.2
アニメ化するたびに見せられた最初〜セイバー召喚までを大胆にカットしその分新たに桜の新規シーンを入れたのはとても良かった
さらにアニメの度に改悪を入れようとする某きのこの暴走を止めて原作通りに進めた監督グッジョブ

このレビューはネタバレを含みます

私の周囲では、主人公が苦しめられる展開が受け付けられない人が多かったですが、私はとても楽しめました。
魔術師らしさがない、どこか手ぬるいメンツを冷酷な臓硯(悪役)が手練手管を用いてバッサバッサと屠っていくのは気持ちよかったです。
また、屠られる面々は主人公サイドかつテレビシリーズでは大活躍しているというのもあり、呆気ない最期に意外性もあり最高でした。
かに

かにの感想・評価

4.2
サーヴァントの戦闘シーンの迫力だけでも十分すぎる見応えでした。音響含め、大画面で味わえて劇場で見ることが出来て本当に良かったと思っています。緊迫感が段違いです。
続きもぜひ劇場で観たいです。
この大傑作をマークし忘れてた。パラレルワールドってのは承知で観たのだが、「えぇぇえ……まじかよ…」の連続だった記憶。
TOM

TOMの感想・評価

3.4
映像美。とにかくアニメーションとしてのクオリティが高く、圧倒的。
>|