劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flowerの作品情報・感想・評価

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower2017年製作の映画)

上映日:2017年10月14日

製作国:

あらすじ

少年は少女を守りたい。そう、思った。魔術師〈マスター〉と英霊〈サーヴァント〉が、あらゆる願いをかなえる願望機「聖杯」をめぐり戦う――「聖杯戦争」が起きて10年、冬木市で再び戦争が始まった。前回の「聖杯戦争」の参加者である衛宮切嗣の養子・衛宮士郎は遺志を継ぎ、戦うことを決意する。 士郎のそばには、彼を慕う少女――間桐桜がいた。彼女は毎朝、毎晩士郎の家に通うと朝食と夕食を作り、天涯孤独だった士郎と…

少年は少女を守りたい。そう、思った。魔術師〈マスター〉と英霊〈サーヴァント〉が、あらゆる願いをかなえる願望機「聖杯」をめぐり戦う――「聖杯戦争」が起きて10年、冬木市で再び戦争が始まった。前回の「聖杯戦争」の参加者である衛宮切嗣の養子・衛宮士郎は遺志を継ぎ、戦うことを決意する。 士郎のそばには、彼を慕う少女――間桐桜がいた。彼女は毎朝、毎晩士郎の家に通うと朝食と夕食を作り、天涯孤独だった士郎と優しい日々を過ごしていた。だが「聖杯戦争」が始まると、冬木の町に流れる空気が変わった。あちこちで殺人事件が起き、不穏な空気が流れ始める。士郎は桜を自宅に泊めることを決意した。 士郎は召喚したサーヴァント・セイバーとともに、魔術師の遠坂凛と同盟を結び「聖杯戦争」に臨む。だが、その戦いは暗躍する者たちによって大きくきしみ、歪み始めていた。

「劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower」に投稿された感想・評価

じゃぱ

じゃぱの感想・評価

5.0
まずufotableに拍手したい。
本当に全て素晴らしかった。特に戦闘シーンの凄まじさ。そして桜のエロさ。何より麻婆豆腐。
桜ルート全く知らないから、3部作でどうなっていくのか本当に気になる。考察読みたいけどネタバレありそうで読めないんだな。ヱヴァのように何年も待たされるわけじゃないから良いか。
とりあえずもう一回観に行こう。来年も、その次も楽しみ。
銀次

銀次の感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます


何はともあれ絵が綺麗で
戦闘シーンも迫力があっていいです!

ストーリーはやはりステイナイト・UBWを
踏まえないとついていけない分岐の入り口がね…
そして桜ちゃんのカットがどこをとっても可愛い!
すごく可愛い!

しかしサーヴァントほぼいなくなっちゃうので
悲しさがハンパない…
あにきぃ…

最後に内臓をぶちまける士郎くんに大変よかったです。
しお

しおの感想・評価

4.3
HFは英雄譚ではない。
生きている人間の物語だ。生き残ってしまったもの、生かされているもの、生きたいと願うもの、生きていることを当たり前のように享受しているものたちの、物語なのだ。
映像という媒体でそれをぶつけられ、ただただ放心するしかなかった。
何よりエンドロールで、衛宮士郎と間桐桜の次にくるのが間桐慎二であることに、愛を感じた。
これはsn、zero、ubwみてから見ると良い、サクラァ!
小塩

小塩の感想・評価

4.5
0、UBWのみ視聴
バトルシーンだけでも元取れるレベル
ライダーVS真アサシン最高すぎて震えた
次回予告でいい感じに締まってたし
迷ってるならいくべき!
あ

あの感想・評価

5.0
ufotableありがとう。全てが良かった 美しい
ニシダ

ニシダの感想・評価

4.0
ライダーカッコいい〜〜〜〜〜〜 全体的に静かで雰囲気あってよかったです。

戦闘シーンよく動くのは分かってるから、変に強調されるとちょっと臭く感じた。間延びした印象がしばしばあったけどでかい画面で見て胃もたれしただけかもね。
セイバー召喚のシーンを早送りにした時点で一本の映画として評価されることは諦めている。
原作の桜ルートも他ルートの伏線回収の役割を結構持っていたようだし、今作が予備知識を必要とするのも当然と言えば当然なのかもしれない。

というわけでそれなりに予備知識がある者のみに向けたつくりだが、単純にアニメとしての出来が良く、評価したい。
展開が早過ぎることも遅過ぎることもない。作画は言わずもがなトップレベルの美しさだし戦闘シーンでどれだけ動いても崩れる気配は全く無い。
声優の演技もいつも通り安定していて、桜の色気は特筆すべきだと思う。なんであんなにエロいのか。

第2章以降では恐らく桜の身によくないことが起こることは間違いないが、早く観たいと思う。
10月14日の深夜0時から上映された最速上映にて鑑賞。原作ゲームは未プレイですが、TVアニメシリーズは殆ど観ています。

TVアニメで『Fate』シリーズを二度アニメ化したufotableが、遂に「桜ルート」を映画化!
TV版で限界に達したと思われた作画クオリティが、今回更なる進化を見せつけてきました(笑)

原作ゲーム『Fate/stay night』は3つのルートが存在し、その全てをクリアしないと物語の真相が掴めないという仕様になっており、今作は唯一アニメ化されていなかった最後のルート「Heaven's feel」を映像化したものです。

今作は最後のルートということもあってか、既にアニメ化された「Fate」ルート、「Unlimited Blade Works」ルートと共通した物語序盤のストーリーは大幅カット。私は映画は一作品として完結すべきだと考えているので、初見の人がついていけない作りは少し残念でした…

ストーリーも全3章に分割して公開する事を前提に作られているため、かなり中途半端なところで終わります。映画を観ていると言うよりは、大画面でTVアニメを観ているという感覚になりました。

しかし、画面がとにかく綺麗。我々オタクは取り敢えず高クオリティの作画を見せてくれれば満足しますから(笑)
ストーリーも中途半端に終わったとは言え、続きが気になる終わり方で、面白かったことは間違いないです。
「映画を観に行く」のではなく「アニメを観に行く」と割り切っていれば、かなり楽しめると思います。

上映終了後、友人とパンフレットを買いに行ったのですが、3000円もする豪華版パンフレットが私が購入したところでまさかの完売。あれ、まだ初日だよね?というか、これ最速上映だよね?
そう、オタクは一人でパンフを2冊、3冊と購入する生物だということを劇場は把握していなかったのだ…
yellowbird

yellowbirdの感想・評価

3.8
奈須きのこ/TYPE-MOON原作の“Fate/stay night”の“Heaven's Feel (間桐桜ルート)”を3部作で描く劇場版アニメ映画の第1部。
あらゆる願望を叶える“聖杯”。その“聖杯”をめぐって、魔術師(マスター)と英霊(サーヴァント)による新たな争いが始まる…。
TVアニメ化された“セイバールート”、“遠坂凜ルート”に続く第3のルートで、第1ルート、第2ルートの途中からシナリオが分岐するお馴染みの展開。第1部はセイバーが真アサシンとの戦いに敗れる所まで。
“セイバールート”アニメ化から早10年。個人的には凜推しなので、“凜ルート”アニメ化で満足していたのだが、やはり“桜ルート”も面白い。今回も“傷物語”のように、アニプレックスの戦略にはまって、第3部まで観てしまいそうな予感…。
>|