ファルコン・ライジングの作品情報・感想・評価

「ファルコン・ライジング」に投稿された感想・評価

「血圧引っかかりましたか?じゃあ少し控え目にしておきますね。」と言いたくなるぐらいにストーリーは薄味だし、主人公が抱えているPTSDやソレを深く印象付けるフラッシュバック演出がその薄味ストーリーを補完するどころか一切絡まないという'重箱の隅'というよりは"幕の内弁当の煮物エリア"ぐらいにツッコミは入れたくなる範囲多めな展開に結構な衝撃は受けるのだが、そんな感じだからこそ安心してしっかり強い主人公。

そう!
コレは間違いなくド安定な《アクション俳優愛でる系映画》映画である。

もうオープニングから既に心的疾患ハンパねぇ演出かましておきながら、事が動き出したら合間に刺さる「彼、病気なのよ。」フラグも観てるコッチが

『イヤ、コレは大丈夫っしょ。』

って言いたくなるぐらいに機能してないんだから一周回って"ギャグ"になってる様なモンである。

ジャパニーズYAKUZAのクオリティ等に対するツッコミ不可。



…と、いきなり悪いアプローチしたのだが、この作品そこまでグダグダな駄作かというと

『実はそうでもない。』

確かに薄味だし、ひねりも無い。
ありきたりなB級映画と言ってしまえばそれまでだが、そのB級映画なりのツボは押さえていて、主人公目線でしっかりと勧善懲悪いてまえアクションを楽しめる様になっている。
愛でる映画としては及第点な作りなのですよ。
(もちろん主役のマイケル・ジェイ・ホワイトに興味も何もない人や"映画は物語が最重要"な人には薄味&ド定番な時点でお察しなワケだしw)

そしてマイケルのアクションをしっかりキッチリ映しているのだから、好きな人にはもう充分に『O.K.で〜す!』となるワケでして。


正に〈午後ローなら観ちゃう〉ぐらいな出来の、そしてソコよりも上に来る事は無い、安心安全のB級アクション作品。

アクションにおいて個性を問えば"コレだ!"があまり見えないタイプだが、逆に言えばオールラウンダー感のあるマイケル・ジェイ・ホワイトも年齢を重ねて最近は《"型が綺麗"なアクションコレオグラフ》というスタイルに見えて来た。

ジャンル特化型で攻めるなら そのスタイルを極めるのはアリかもしれない。


まぁ日本未公開な上にDVDスルーどころかストップ案件なので続編やれるぜ感満載なエンディングが成就するかは微妙ではあるが、気楽なB級が観たい気分/マイケル・ジェイ・ホワイトって誰?って人には悪くない作品だと思う。


現状日本での鑑賞はNetflixのみの様だが、以前なら観れない確定だった映画が字幕付きで観れる事に対して素直に感謝したい。
yuichi

yuichiの感想・評価

5.0
ヤクザがでてくる(笑)
アクションがなかなか見応えあるし
強すぎる(笑)

ブラジルに日本人ってそんなに多いのか
スカッとしますねー!
PTSDを抱える元兵士の男が、ブラジルで妹を襲った犯人を追うが、そこには日本のヤクザが絡んでいて...な話。

ストーリーはシンプルだけど、バリバリの肉弾戦が楽しめるアクション作品。
ブラジルのスラム街の危険な雰囲気とそこを牛耳るヤクザが絶妙にマッチしてました。
外国人が思い浮かべる、刺青に日本刀な典型的なヤクザを多分本当の日本人俳優が演じてるので日本語にあまり違和感がなかった。

マイケルジェイホワイトのキレキレアクションが楽しめました。
日本刀かっこいい。
65点
388

全体的に薄味。過去の話とかもう少し織り交ぜて欲しかったかも。
マイケルジェイホワイトVSジャパニーズヤクザ!

ブラジルの極悪ギャングの背後にはジャパニーズヤクザがいた!という超夢の溢れるストーリー
しかもちゃんとアクションの出来る日本史俳優が演じているという親切設計
あと、ブラジルなのでカポエラ使いも敵で出て来ます。
クライマックスの3体1バトルやその後のウェポンバトルも最高なので格闘アクションファンや海外映画のヤクザが好きな人は必見なのでソフト化して下さい!
mondnacht

mondnachtの感想・評価

3.9
不勉強で、マイケル・ジェイ・ホワイト氏は初見。見た目からゴリゴリの肉弾戦かと思いきや、スピーディーで繊細な殺陣に感動しました。

細かいところで、ハンドガンの左右持ち替えがスムーズなところがツボ。せっかくいいフォームなのにクリアリング甘いやろとか、拾ったら装填確認しなきゃとか、気になるところはあるにせよ、要所要所でカッコよければいいのです。

他作品も視聴しようと思います。

このレビューはネタバレを含みます

https://dosanpin.wordpress.com/2020/09/04/ファルコン・ライジング(ネタバレ)/
AnriKimura

AnriKimuraの感想・評価

3.0
外国の映画で日本人役の日本語が上手…だと…?!(日本人だった)ヤクザ描写足りないけどブラジルのスラムの危険さは伝わった
django

djangoの感想・評価

4.0
思ったよりずっと良い。
トムヤムクンのカポエイラ使いの俳優が出ていて好感度増大。
美しいカポエイラにため息。

ストーリーは、戦争の後遺症で自殺好きになってしまった主人公が、半殺しにされた妹の仇を討つためブラジルに行って超法規的に事件を解決するというもの。

アクションがわりと良く、カポエイラ使いは超一流なので、映画のレベルを底上げしている。
しかし、ラストで偉大な新シリーズが始まる‼️的に締めているくせに続編が無いっぽいのが何とも(笑)
その程度ということか。

外国映画にしてはまともな日本語もプラス要因。
この映画を観て思ったことは、インフラのほとんどをマフィアが担っているということは、定額給付金もマフィアからもらうのだろうか?
ブラジルすげえ。
定額給付金…。
困ってないけど、早くくれ。
出だしがかっこいい
主役のマイケル・ジェイ・ホワイトがめっちゃマッチョ
初めて知った俳優さん。
沈黙シリーズのセガールさんなみに強い!デカい体で足蹴りが得意。

ブラジルで犯罪組織が日本のヤクザって脚本も面白かった。
それにしても圧倒的な強さで痛快!
>|