RENDEL レンデルの作品情報・感想・評価

RENDEL レンデル2017年製作の映画)

Rendel

上映日:2018年02月12日

製作国:

上映時間:105分

2.7

あらすじ

多くの国民が失業にあえぐフィンランド。失職の末、世界的企業である “VALAケミカル社”に身を投じたラモ。罪のない多くの子供たちを人体実験に使い、激しい反発を受ける“NH25ワクチン”で巨額の利益を貪ろうとするこの企業の実態は、裏社会で暗躍する巨大犯罪組織。そんなVALAの動きを不審に感じたラモは、ある機密資料を盗み出すが、その報復として愛する妻と幼いひとり娘を殺されてしまう。VALAを壊滅させ…

多くの国民が失業にあえぐフィンランド。失職の末、世界的企業である “VALAケミカル社”に身を投じたラモ。罪のない多くの子供たちを人体実験に使い、激しい反発を受ける“NH25ワクチン”で巨額の利益を貪ろうとするこの企業の実態は、裏社会で暗躍する巨大犯罪組織。そんなVALAの動きを不審に感じたラモは、ある機密資料を盗み出すが、その報復として愛する妻と幼いひとり娘を殺されてしまう。VALAを壊滅させるべく謎の女に導かれるまま、ラモは復讐を誓い、漆黒のマスクとコスチュームを身に纏った暗黒のヒーロー“レンデル”として立ち上がる。しかし、計画を阻まれ始めたVALAは、世界中から腕利きの傭兵たちを招集し、レンデル抹殺を企てていた。

「RENDEL レンデル」に投稿された感想・評価

フィンランド産バットマン?!

だか中身は一般人。

復讐心だけであそこまで人は強くなる。

パンチに欠ける内容でした。
buenavista

buenavistaの感想・評価

3.0
何か最近各国からヒーローが
出てくる出てくる🎵
強いんだか弱いんだか❗

ミーハーな私としては、
既にマーベルから洗脳されておりまして
うんともすんとも響きませんでした☺
haru

haruの感想・評価

3.5
ヒーローに転職しました。

フィンランド生まれのお手製ヒーロー。顔に絶対とれないタールを塗り、黒ずくめの服を着用するだけで完成する質素な「レンデル」ですが、彼の強みは超能力でも並外れた体力でも知力でもなく、殴られても撃たれても必ず起き上がる驚異の精神力!しかもこの方素人なんです!(前職は某社の財務部長)敵は銃所持or筋肉爆発or殺し屋なのに、なぜか戦えるのは闇深い理由が。ここらへん北欧っぽさ出てまして、すっごく応援しくなります!敵もハリウッドでは絶対ありえない斬新な(雑な)扱い。あんまり評判良くないみたいですが、続編作る気マンマンみたいで個人的には楽しみです。

ちなみにレンデルは飛びませんし、走りません。
本作は、フィンランド産のスーパーヒーロー映画。

どこにでもいる普通の男がダークヒーロー『レンデル』となり、妻子を殺した相手への復讐するという ありがちなストーリー。

まず簡単な感想として…
魅ドコロのない映画ではないが主にストーリー構成の問題で退屈する場面が多かった…。

構成の問題とは『なぜ主人公ラモがレンデルとなり敵と戦っているのか』をいくつかのパートにわけて小出しにしていることである。

敵と戦っているレンデル(現在)の間にラモがレンデルになるまで(過去)が挟みこまれている構成になっており
レンデルの戦う目的が序盤から中盤にかけて、ものすごく解りづらい。そのためレンデルに感情移入ができず映画に入り込めなくなってしまう。

戦闘シーンはまぁまぁといったところ。
特別な能力はなく、戦い方は肉弾格闘。
無敵のヒーローというわけではなく、普通に攻撃を食らってピンチになったりもする。

この辺りのヒーローぶりはジェームズ・ガン監督の【スーパー】にダブるものがある。
が、【スーパー】の方がまだ魅力も人間味も感じられた。
そもそもレンデルは喋らない。
彼がどんなことを考えながら戦っているのか、もう少し描いてもよかったんではないかと思う。

ヒーロー映画ということでマーベルやDCみたいなお金のかかった映画を期待しないほうがいい作品である。
ソガ

ソガの感想・評価

3.9
フィンランド産ダークヒーロー映画。
マーベルで疲れたので箸休めに視聴しました。

仮面かと思ったら、細胞と一体化して皮膚が硬質化するものを塗っており(一生取れない)ジャケットも家族が遺した最後のプレゼントという中々重い設定。

内容も主人公がレンデルになる経緯と淡々と復讐していくシーンとを交互に見せながら進んでいきます。本当に淡々と反撃をくらいながらも敵達を倒していくので、マーベルみたいに爽快感などを求めてる人にはオススメ出来ない作品です。

なんか続編を作る気満々みたいなので期待して+0.5
レンデルの渋いデザインとカッコいいエンディングだったので+0.4

何だかんだ楽しんで観れた映画でした。
Masaki

Masakiの感想・評価

2.0
強いのか弱いのよく分からないヒーロー。
いまいち盛り上がりに欠ける。
ダークヒーローとしては魅力に欠けるとこありますが、イタリア産ダークヒーロー『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』同様、欧州独自のエモさ放ってます…BigUp!
炒飯

炒飯の感想・評価

3.6
右肘が最近ずっと痛いです。
右肘が何かしらに進化すると思うと、夜も寝れません。
炒飯です。

フランスが贈る
スーパーダークヒーロー
レンデル

借りた理由は
ぱっと見ジャケのキャラが
昔クソほどハマった某ゲームのキャラクターに似ていたから

上級騎士様ー

ジークん時も思ったけど、ヨーロッパ系のヒーローもんは、ヴィランがまじで容赦ない笑
あ、ヒーロー側も容赦ないや笑

普通は各地のヒーローを呼んで大集合するのに、ヴィランを呼ぶのかい、
軽く胸熱でしたけど笑

唐突にレンデルのオリジンが描かれるけども、あれ、ヴィランの作り方だよ笑

特に力も無い復讐の鬼が頑張るおはなし

最後はなんだか、息子!頑張れ!
ともなる不思議な話笑
Tails

Tailsの感想・評価

4.0
超人的な、所謂『ヒーロー』
では無いところに面白味を感じます。

超人が、ご高説を垂れて正義を執行するより
常人が、死を覚悟して臨む正義の方に
より深みと重みを感じました。

確かに、デッドプールを意識しているのかな?
と思える『くすっ』となる演出が
ありますが、昨今の何でもアベンジャーズ
に比べれば、月とすっぽんかと。
Nori

Noriの感想・評価

2.0
フィンランド発ヒーロー映画ですが、寝落ちの繰り返しで、鑑賞遂行まで3日くらいかかりました。

今回のヒーローは顔にタールを塗っただけの人間のため、特殊能力は皆無です。
それと対峙する世界各国から集められた悪の集団がクソ弱い。

続編が有りそうな終わり方ですが、絶対見ない。
>|