リセット 決死のカウントダウンの作品情報・感想・評価

リセット 決死のカウントダウン2017年製作の映画)

逆時営救/Reset

上映日:2018年02月14日

製作国:

上映時間:105分

2.8

あらすじ

シングルマザーで物理研究所の上級研究員であるチア・ティエンは、長年、“過去”に戻るタイムリープ装置の研究に尽力していた。ある日、遂に生体組織を「110分」だけ過去に遡らせる事に成功。更なる研究のための追加資金も確保するが、そのニュースにより、ひとり息子ドゥドゥが謎の誘拐犯ツゥイ・フーに攫われ、その命と引換えに重大な研究データを要求される。しかし、チア・ティエンは指示に従ったにも関わらず、ドゥドゥ…

シングルマザーで物理研究所の上級研究員であるチア・ティエンは、長年、“過去”に戻るタイムリープ装置の研究に尽力していた。ある日、遂に生体組織を「110分」だけ過去に遡らせる事に成功。更なる研究のための追加資金も確保するが、そのニュースにより、ひとり息子ドゥドゥが謎の誘拐犯ツゥイ・フーに攫われ、その命と引換えに重大な研究データを要求される。しかし、チア・ティエンは指示に従ったにも関わらず、ドゥドゥの命は奪われてしまう。その命を取り戻すため、チア・ティエンは未完成の装置を使い、決死の覚悟で「110分」前の過去に遡る。果たして、愛する息子を救えるのか!?ツゥイ・フーの背後に蠢く黒い秘密とは!?

「リセット 決死のカウントダウン」に投稿された感想・評価

くぅー

くぅーの感想・評価

3.5
パラレルワールドが実証され、タイムリープの研究が過熱してる近未来の設定で、女性研究者が息子を人質の取られる事件に巻き込まれ、自らタイムリープをして、息子を救おうとする展開。

まぁ、正しくはタイムリープではなくタイムトラベルで、やはり既視感はあるのだが・・・過去作品のタブーを簡単に破って、主人公が三人になり、しかも性格も変わる姿には呆気に取られたけど、一粒で三度美味しいと思えれば、悪くないのか。

さらには、アクションや裏切りの構図にサプライズは無く・・・女性研究者とは思えないタフさにはツッコミを入れたくなるが、ヤン・ミーだから許します(笑)
まぁみ

まぁみの感想・評価

2.8
韓国映画のSFは初めてみした。
パラレルワールド・・・。
この世界に本当に存在するのか
もしもタイムマシンが存在すると
したら、それはとても恐ろしい
ことですね。
mash1966

mash1966の感想・評価

2.0
https://mash1966.hatenablog.com/entry/2018/03/26/212723
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.5
物理研究所は、長年〝過去〟に戻るタイムリープ装置の研究を行っていた。ある日、「110分」だけ過去に遡らせる事に成功するが、そのデータを奪うべく組織が現れる。ジャッキー・チェンがプロデュースしたSFアクション作。タイム・リープ系の面白みは用意されており、展開が進むにつれての魅力もある。主人公となる研究員の存在感や境遇が、物語が進むにつれて変化していく様も作り込みを感じる。タイムリープ系だからこその設定も活かされていて良い。大味だが、アクション作としての迫力もあります。
ビデ美

ビデ美の感想・評価

3.2
殺された息子を救うために何度もタイムトラベルする…基本的にはありがちな話だけど…

同じ世界に同じ人物が。。
気になっていたこっちの部分がケアされてたのが良かった。むしろこの部分にもっと尺をとってほしかったかも。

にしても未体験ゾーン2018内でネタかぶりとはいやはやなんとも。。
機内で適当に選んで鑑賞。これ書いてる時点でレビューゼロ、鑑賞記録もお一人だけとはこんなの初めてです(笑)機内誌でもまったく目立たなかったのでさもありなんですが。でも2月に日本でも公開されるんですね。
設定はバタフライエフェクト的なアレですが、過去に戻るとそこに過去の自分がいるというところが違うところ。話が進むにつれてトンデモ度合いが高まります。。。まあ正直オススメ出来るレベルでは無いかと。。