リセット 決死のカウントダウンの作品情報・感想・評価

「リセット 決死のカウントダウン」に投稿された感想・評価

roro

roroの感想・評価

2.3
息子を救うために、110分前の過去にもどる。どう展開するのか、きになりTSUTAYAでかりて観賞。
時間を飛ぶという話が好きなくせに、ついつい、ストーリーの矛盾を探す粗捜しをしてしまう。

結末は、予想出来ない展開だったので、面白かった。
飛行機の機内誌の数ある名画紹介よりパラレルワールドというあたしの大好物のワードに惹かれました。

うん?!あれ?!けど制作がまさかの世界のジャッキー!!と言うことで???一抹の不安をいだきつつ早速鑑賞(^_^;)

パラレルワールド!!パラレルワールド!パラ?!はい?!えっ?!


鑑賞後、出来ればこっちがリセットしたいよもーー!!と心の中で叫んだ私
foxtrot

foxtrotの感想・評価

2.5
 パラレルワールドが存在するからタイムトラベルが可能となるのか?

 タイムトラベルが可能となった結果パラレルワールドが存在するのか?

 鶏が先か卵が先か・・・という因果性のジレンマの話があるが、これもその手の話と受け取れば良いだろうか。

 愛ゆえに息子を守ろうと戦うが、その愛ゆえに自分自身と争いが起ころうとした。

 その息子を守るための戦いの起点は、また別の愛ゆえのモノだったようだ。

 何かを誰かを守るために争いを繰り返す。その争いが故にまた別の者が危険に晒され守るべき者たちが生まれる。

 つまり、愛ゆえに争いが起き、また愛ゆえに争いが生まれる。この負の連鎖をどう眺めるのか・・・

 この愛を起点とした物語はいったいどこに始まりどこで終わるのか・・・

 これが今作で訴えるタイムパラドクスなんだ、きっと。
Norika

Norikaの感想・評価

2.0
ひどいB級映画だった…

あり得ない話し過ぎて…(´д`|||)

動機もしょーもない。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.5
パラレルワールドが実証され、タイムリープの研究が過熱してる近未来の設定で、女性研究者が息子を人質の取られる事件に巻き込まれ、自らタイムリープをして、息子を救おうとする展開。

まぁ、正しくはタイムリープではなくタイムトラベルで、やはり既視感はあるのだが・・・過去作品のタブーを簡単に破って、主人公が三人になり、しかも性格も変わる姿には呆気に取られたけど、一粒で三度美味しいと思えれば、悪くないのか。

さらには、アクションや裏切りの構図にサプライズは無く・・・女性研究者とは思えないタフさにはツッコミを入れたくなるが、ヤン・ミーだから許します(笑)
まぁみ

まぁみの感想・評価

2.8
韓国映画のSFは初めてみした。
パラレルワールド・・・。
この世界に本当に存在するのか
もしもタイムマシンが存在すると
したら、それはとても恐ろしい
ことですね。
mash1966

mash1966の感想・評価

2.0
https://mash1966.hatenablog.com/entry/2018/03/26/212723
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.5
物理研究所は、長年〝過去〟に戻るタイムリープ装置の研究を行っていた。ある日、「110分」だけ過去に遡らせる事に成功するが、そのデータを奪うべく組織が現れる。ジャッキー・チェンがプロデュースしたSFアクション作。タイム・リープ系の面白みは用意されており、展開が進むにつれての魅力もある。主人公となる研究員の存在感や境遇が、物語が進むにつれて変化していく様も作り込みを感じる。タイムリープ系だからこその設定も活かされていて良い。大味だが、アクション作としての迫力もあります。
ビデ美

ビデ美の感想・評価

3.2
殺された息子を救うために何度もタイムトラベルする…基本的にはありがちな話だけど…

同じ世界に同じ人物が。。
気になっていたこっちの部分がケアされてたのが良かった。むしろこの部分にもっと尺をとってほしかったかも。

にしても未体験ゾーン2018内でネタかぶりとはいやはやなんとも。。
機内で適当に選んで鑑賞。これ書いてる時点でレビューゼロ、鑑賞記録もお一人だけとはこんなの初めてです(笑)機内誌でもまったく目立たなかったのでさもありなんですが。でも2月に日本でも公開されるんですね。
設定はバタフライエフェクト的なアレですが、過去に戻るとそこに過去の自分がいるというところが違うところ。話が進むにつれてトンデモ度合いが高まります。。。まあ正直オススメ出来るレベルでは無いかと。。