コンティニューの作品情報・感想・評価・動画配信

「コンティニュー」に投稿された感想・評価

主人子が強くなるために剣術を何度も練習したり、誰かと何度も一緒に過ごして相手のことを深く知っていったり、タイムループもののお約束を踏襲。いい話に仕上げている。

特殊効果はややチープなところもあるが、アクションシーンのテンポが早くて無駄に引っ張らないところが良い。フランク・グリロが豪快に楽しませてくれる。

ナオミ・ワッツが演じると、感動が増すから不思議。現実離れした設定のコメディ寄りB級アクション映画だけど、なんだか感動させられた。
メル・ギブソンの見せ場は少ないけど、豪快なパンチと、何度も撃たれる姿を見れたのはお得。
朝のお目覚めは振り下ろされるナイフ。窓の外ではヘリからマシンガンの嵐。しかし、男は動じない。コーヒーを飲みながら、攻撃を華麗に躱していく。

何度殺されてもリセットされる。
今日は5月9日。
昨日も、そのまた昨日も、5月9日。
殺し屋達に命を狙われるタイムループ。

アトランタで退役したデルタフォースの兵士であるロイ(フランク・グリロ)は、4か月以上同じ日の5月9日に複数の暗殺者に殺され、生き返る日々を繰り返していた。疎遠になった妻ジェマ(ナオミ・ワッツ)の研究が自らのタイムループに何らかの関係があると知った彼は—— 。

顔は悪役。身体はバキバキ。
Mr.イケオジ、フランク・グリロ。

彼のボヤキナレーションで進むループミッションは、思ったより軽快で、アクションコメディ風味。

全体的に漂う80年代っぽさと、ファミコンの8ビット感満載のアバンタイトルが堪らない。

個性豊かな殺し屋達も良い。

メル・ギブソンが悪役。
ナオミ・ワッツはいつもの如く尊い。
ミシェル・ヨーに剣術を習う展開がアツい。
チョイ役だけど、ケン・チョン大好き。
「マリグナント 狂暴な悪夢」のアナベル・ウォーリスも出ているゾ。

死なないとリセットされないなんて辛いよね。毎回死ぬ思いするなんて死ぬ程イヤだけど、グリロは余裕綽々で笑えちゃう。

後半になるにつれて、脚本の粗さが目立つのが残念。髪の毛を触媒にしたループ装置の科学的根拠は全くもって意味不明だし、メルギブさんも流石に年齢的に衰えが目立つし、エンディングは尻切れトンボだし。

でも、このノリは割と好き。
koma2chan

koma2chanの感想・評価

3.5
結構コアな俳優フランク・グリロのややコメディーチックなアクション映画で、オール・ユー・ニード・イズ・キル見たいなゲーム見たいな内容です。
何回もやり直してクリアしてくみたいな感じです。
何度も死ぬ
そして強くなる

これは面白かった♪
アクションもよかった!
月の狼

月の狼の感想・評価

3.0
まぁまぁ面白い。
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が好きなら
本作も楽しめるかと。

作りもそれなりに気を遣っていて
設定先行な感じは無いと思う。

アクションも気合が入っていて
テンポ良く進むので飽きない。

わざわざメル・ギブソンを起用した意味は分からないけど
キャスト陣に不満は無い。

最後は急に終わるけど
説明せずとも分かるよね?って感じは好き。

及第点はあげれる作品かと。
taxx

taxxの感想・評価

3.3
死に戻りループ系。演出や設定がゲームっぽいのでそういう話かと思ったらそういう訳でもなし。よくあるパターンの外枠を変えたような内容なので目新しさはなく。キャラの濃さやテンポやノリは突き抜けていたのでコメディ的な楽しさがあった。
元奥さんの身勝手さとラストにモヤっとしたけど、主人公のキャラが良くて面白かった
saskia

saskiaの感想・評価

2.8
記録
───────────
2022/𝒩𝑜.398◡̈*✧🌛☽・:*
おうち映画𝒩𝑜.398
劇場映画𝒩𝑜.𓂃‪𓃱𓈒𓏸❁*·▹
MayumiM

MayumiMの感想・評価

3.6
殺され慣れ過ぎてる男が、何かのキッカケにヒントを得ながら、同じ一日を繰り返す真相に辿り着くというタイムループ物。
正直、ジェマのやらかした理屈臭い方はよく判らなかったんだけど(ソコが一番大事なんじゃ……)、何度も何度もデッドエンド→リセットボタンを繰り返してエンディングを迎えたRPG系ゲームの思い出がカブりまくったせいか、ロイとのシンクロ率だけで楽しめたというのが正直なトコロ。ココまで来てその締めかよという呆気なさには残念な印象がないではないんだけど、アレは多分バッドエンドの方で、何処かにある隠しコマンドが発動できればハッピーエンドが待ってるハズ……という期待感が美味しかったかも。イヤまァ、きちんと片付けてくれればもっと嬉しかったけど。
それにしても、ボコられるためのラスボスがメル・ギブソンって何て贅沢(笑)。
気づけば、主人公と同じ気持ちになって、タイムループしていた。結局はある1日の出来事でしかないんだけれど、1日は結構長く、いろいろ学べる。現実には時間を繰り返すことはできないが、頭のなかで何度もシミュレーションすることで、同じ効果があるかも・・・とか、単調で覇気なく生きている人生も生きる意味やリフレーミングによって変えることができるかも・・・とか、自分の生活に取り入れてみたい。主人公がタイムループすることによって、自分にとって何が大事なのか自然と気づき明確になっていく過程や人格が形成されていく様子が盛り込まれ、ラストシーンの主人公の態度に説得力が生まれている。SFアクション、小ネタも満載でおちゃらけているようで、伝えたいことは結構まじめ。
>|

あなたにおすすめの記事