コンティニューの作品情報・感想・評価

「コンティニュー」に投稿された感想・評価

YC

YCの感想・評価

3.6
これは好きな映画!簡単に言うとループものですが、ゲームのように死ぬたびにコンティニューしていくという内容。何百回もやり直してるのでどんどん強くなっていくのもおもしろかったし、主人公が元デルタフォースなので強くてカッコイイんだなー。
バンバン銃で撃って潜入してくとこが気持ちよくて、CODとかバイオハザードとかやってるみたいな気持ち。
コメディタッチで笑えるところも多かった。
ただ終わり方が…。
見せたいところは全部見せたんで、終わり方はどーだっていいですよ!っていう感じの終わり方でしたねwww
ド直球ループもの。

剣使いの殺し屋は一番手こずってたけど
最初ほうで倒した殺し屋の死体の山の中にいたよね?w

こまけーことはいいんだよ!面白かったよ!
高天原

高天原の感想・評価

2.9
ゲームや映画、アニメの見過ぎかな…
デルタ卒だともっと基本が強いのでは?とか思っちゃったので反省します。

普通に面白かったけど
途中からテンポが落ち始めて
ラストが不安になってたら案の定😇
あのあとが気になっちゃうよね〜
地味な感じの本作。上映館も少なく当初観るつもりはなかったのですが、評点高めだったのと、メル様ご出演とのことで鑑賞です。

ループ物ですね。オープニングの映像からちょいとレトロなゲーム画面を連想させる作り。その意図はどんどんわかってくるのですが。まぁ、「(ある面において)ゲームみたいな」カラクリの中でストーリーが展開していくんですね。

テンポもアクションもなかなか良くできております。映像も演者さんたちもしっかりされてますしね。ストーリーもちゃんと作られています。にもかかわらず、そこはかとないB級感。不思議です。
で、お話の内容ですが、、、きっとこの辺りがB級感を醸し出す要因なんだろうなぁ。。。と思います。
もう一捻り、もう一工夫、もう一踏ん張り・・・欲しかったなー。

ストーリーの帰結はとても良くできていると思います。
うんうん、なるほどなるほど・・。
ほう?え?それで?え?さらに?え?そっちに行くぅぅぅぅ???
みたいに、あぁそっかそれあったか!という展開で飽きさせませんよ。でも、娯楽アクション作品だとしても、もうちょっと丁寧に語って欲しいところあるんですよね。僕が理解力足りないだけだと思いますが、悪者の「悪巧み」がよくわからんっ(笑)だって、動機がわからないし、
「え?それやっちゃったら・・・誰得?」みたいな結末だし・・・狙ってるの。
さらに、ループ構造の説明が少ない(笑)
「とにかくこれでループすることになりました!」みたいだし・・・。
さらにさらに、一番残念なのは・・・RPGゲームテイストを模してしまったところかなぁ。セーブポイントから何度でもやり直せるってのが、緊迫感とスリリングさを完全に無くしているんだよなぁ。できればLIFEは有限でやってほしかったかな。限りあるから、必死になるし、真剣になるし、一生懸命スキルあげていくんだけどな。
うーん、コンティニューしすぎじゃない??

でも、まぁ娯楽作としては良作なのかな?
らくだ

らくだの感想・評価

4.0
「朝イチから殺し屋、戦闘ヘリの機銃掃射やカーチェイス、爆弾魔や女剣士と、ありとあらゆる物騒な連中に命を狙われ、死ぬとその日の朝に戻ってまた命を狙われる」地獄みたいなタイムループに閉じ込められた主人公・ロイが、その日の出来事を記憶しながら少しずつ生きている時間を延ばしてループから脱出しようとする…という死に覚えゲー学習型タイムループアクションです。なんだそれは

タイムループモノはいまや珍しいものではなくなりつつある一大ジャンルで、「死ぬと朝に戻る」というオプションプランももちろん同じように珍しくはないのですが、「死ぬと朝に戻る!そしてお前の命を狙うものが溢れかえって絶対に殺す」という、”死”にここまで比重を置いたタイムループモノはなかなかないんじゃないでしょうか。この主人公も敵も死に放題という基盤によって行われるアクションが、もう本当に遠慮がなくて最高なんですよね。命がひとつしかない一般的なアクション映画ではこうはいかない、というオンリーワンな景気の良さがあります。その地獄を死んでいく中でコツを覚えながらじわじわと「強くてニューゲーム」して状況を打開していくのがまた、タイムループ、そして覚えゲーの王道たる気持ち良さでそっちもしっかり押さえてくれています。大事!
そして主人公の命を狙って次々に現れる刺客たちも個性的かつ凶悪で、何度出てきてもちゃんと飽きさせない、そんな濃い味付けがうれしいですね。出てくるたびに「観音が成敗!」という様子のおかしい口上でネタキャラっぽく見せてくる中華女剣士が作中最強格なのはずるい。

ラストは賛否両論ありそうな独特の幕の下ろし方でしたが、ここまで余白を残したのはある意味では大胆でカッコいいとは思います。想像の余地が楽しいので、ぼくは「賛」寄りですね。しっかり埋めてほしかったという気持ちもありつつ…


あと、主人公・ロイを演じるフランク・グリロの肉体美とオーラが本当にすさまじくて、不意打ちではないヨーイドンで戦ったら絶対に勝てる!という厚さと頼もしさに惚れます…この男に入念に対策されたら世の中の人間は全員ザコですよ
ナオミ・ワッツも信じられないくらい美しくて腰抜かしちゃいそう…
タイムリープを繰り返し元妻と息子を救う話。

主人公のロイがそんなに強くないからクリアするまで繰り返す事でレベルが上がった様な気がしてゲームみたいで面白かった。

少し気になった部分が後になって回収されて良かった。
20210616 Tジョイ博多
ラストはスッキリしなかったなー。
何度もやり直すうちに色んなことをクリアしていくのはゲームみたいでおもしろかったけど、知識だけじゃなくて体験(というか技の習得?)まで持ち越せるのちょっと不思議だった…
とはいえリズム良く観れた。
フランク・グリロめちゃくちゃかっこいいけど、56歳なのね!身体はバキバキなのに首だけ年齢隠せてないのすごい気になった。でもすごいかっこいいんだけど。(2回も言う)
女優陣は皆美しくて良かったな。
ケン・チョンすっかり俳優じゃん!予備知識を入れずSF映画だと思い鑑賞。ラン・ローラ・ランとスモーキングエースみたいな構成。(調べたらスモーキングエースの監督だった)ミッシェル・ヨーも出てきてビックリ。
面白かったんだけどなんかおちきらない感じ
設定とか流れは好きなんだけどなぁ
でも他のタイムループものに比べると少し違った感じで面白かった
とりあえずフランク・グリロの顔と筋肉がめちゃくちゃかっこよくて好き
papi

papiの感想・評価

4.0
ゲームみたいな世界観
なんも考えずに見ると楽しめる映画!!
細かいところは置いといて、観客を楽しませようとする思いが伝わってきた。あと監督の趣味も笑
B級アクションものだけど演出もジョークも爽快だから疲れた時には効く

剣術のシーン、マトリックスみを感じた
>|