プリデスティネーションの作品情報・感想・評価

プリデスティネーション2014年製作の映画)

Predestination

上映日:2015年02月28日

製作国:

上映時間:97分

3.7

あらすじ

〈奇妙な発端〉 1970年、ニューヨークの酒場に現れた青年がバーテンダーに奇妙な身の上を語り始める―。女の子として生まれ、孤児院で育った“彼”は、18歳の時に恋に落ちた流れ者との子を妊娠。しかし、その男はある日“忽然”と姿を消し、赤ん坊も何者かに誘拐されていた。そして、出産時の危機から命を救うため、自分は男になったという……。 〈驚愕の事実〉 青年の哀れな境遇に同情したバーテンダーは、自らの驚く…

〈奇妙な発端〉 1970年、ニューヨークの酒場に現れた青年がバーテンダーに奇妙な身の上を語り始める―。女の子として生まれ、孤児院で育った“彼”は、18歳の時に恋に落ちた流れ者との子を妊娠。しかし、その男はある日“忽然”と姿を消し、赤ん坊も何者かに誘拐されていた。そして、出産時の危機から命を救うため、自分は男になったという……。 〈驚愕の事実〉 青年の哀れな境遇に同情したバーテンダーは、自らの驚くべき素性を明かす。なんと彼は未来からやってきた時空警察のエージェントだった。青年に自分の人生を狂わせた者への復讐のチャンスを与えるため、バーテンダーは1963年にタイムスリップし、さらに青年をエージェントにスカウトする。 〈時空を超えた宿命とは〉 エージェント引退を決意しているバーテンダーの真の目的は、因縁ある連続爆弾魔フィズル・ボマーの犯行を阻止すること。はたしてバーテンダーは爆弾魔を発見できるのか?彼はなぜ青年をリクルートしたのか?そして時空を超えた壮大なミステリーの背後に隠された衝撃的な“宿命”とは――。

「プリデスティネーション」に投稿された感想・評価

sena

senaの感想・評価

4.5
始まりはどこー
最後も宿命だったのか、未来を変えれたのかどっちなの…
私の頭の中も輪廻してキリがない

インセプションとかシャッターアイランド好きな人は絶対に好き
しかも長くなくてさくっと観れる
性への違和感、 人生を壊した男への憎悪、 自己嫌悪、 絶望。タイムトラベルの矛盾から生まれた1人の人間の物語。運命に選択肢はあるのか、それとも定められたものなのか。タイムパラドックスが、1人の人間の年齢、性別、感情を支配していく。
SF、数奇なロマネスクストーリー、 サスペンス、それら要素を100%満たした難解系映画の理想的な作品。

それから…前半に「お前の人生を壊した男を差し出すと言ったら?しかも、お咎めはなしだとしたら、そいつを殺すか?」というセリフを胡散臭いイーサン・ホークが喋るシーンがあるのだが、コレがスゴくイイ。他に類を見ないほど超絶カッコよくてワクワクドキドキするのでそれを味わうだけでも観る価値アリ。オススメ。
Seven

Sevenの感想・評価

-
途中で何となく気がついたけど、やっぱりそう言うことか!!
正しく卵が先か鶏が先か。それとも雄鶏?
考察好きな人はめちゃくちゃ楽しいだろうな。これから考察サイト巡ります。
みさき

みさきの感想・評価

3.8
面白い!
タイムパラドクスを使った映画のテクが詰まってる!
自分自身を愛したり愛せなかったりずっと同じ人間なんておらんのな
ギュン

ギュンの感想・評価

3.8
なんとも奇妙な人生
イーサン・ホークは此の手のジャンル映画に出続けて欲しいです
Kefu

Kefuの感想・評価

4.2
タイムトラベル物だという前知識のみで視聴したけども、とてつもなく奇妙な話しでした。
短編小説を読んだような後味。
サラ・スヌークの演技が凄い。
MOVIEBUG

MOVIEBUGの感想・評価

3.5
Hard twisted story. Nice movie.
Junkers

Junkersの感想・評価

4.5

イーサン・ホークとサラ・スヌークによる自分喰いタイムパラドックス作品…笑

原作はロバート・A・ハイラインの「輪廻の蛇」
1959年によくこんなの書いたな…。

いや、素晴らしい。

正直ね、この日本のキャッチコピーはダメだよ。
イメージが歪められるから。

「時空へ逃げても追い詰める」

……⁉︎
その日本向けキャッチコピーから想像されるような、そんな映画じゃ無い。
パッケージも合わない…。
日本頑張れよ😓

まぁある意味、裏切られるから良いのかもしれないが。

とりあえず観て欲しい。
冒頭のバーのシーン。
あそこをしっかりと観ることができたら後は大丈夫👌
むしろそこのシーンが大事である。

作品としてはタイムパラドックスもの。
しかもいくつも重なるタイムパラドックス。
冷静に考えると「いや、無理っしよ、それ👉」ってのもあるんだけど、それをも考えさせない伏線の回収と収束が素晴らしくて面白い。

時間軸にどうしてもついていけなくなるんだけど意外にそれでも大丈夫。どうにかなります笑

終盤はもう「あぁぁ…あぁぁ…まさか…あぁぁ…これもまさか…あぁぁ…え?…あぁぁ…なるほど…」の連続。


「お前の人生を壊した男を差し出すと言ったら?」
「お咎めなしだとしたら、殺すか?」

ここから始まる輪廻。
もう鶏🐓が先か、卵🥚が先か、とかの話じゃない。



リラックスして頭が空っぽの時におススメ作品。



しかし、サラ・スヌークって女優さん、すごく既視感あったんだけど過去作は何一つ見たことなかった。
というか、まだまだ出演作も少ない。

ちょっと見方によってはジョディ・フォスターやディカプリオに似てるなんて言われているけどそのせいもあるのかな?
素敵な演技をする女優さんでした🙆‍♀️
ダニー

ダニーの感想・評価

3.9
原作は輪廻の蛇!ネタバレしてるので、題名変更は大成功。

とてつもなく怪奇な話。説明したらダメなので書きませんが、ビックリはすると思います。良し悪しは別にして。イーサンホークぴったり。

しかしこの話を大昔に考えたハインラインは天才だと思います。どんな世の中の見え方してたのか。フィリップKディックとか、さらに昔だとラヴクラフトとかもそうです。1日で良いから変わってみたい。でも1日以上だと発狂しそう。

彼らが現代に生きてたら、原作枯渇のハリウッドをバンバン盛り上げてくれる気がする。話が逸れました。

★18本目感想★
みらの

みらのの感想・評価

3.7
先は読めちゃう感じもあるんだけど、テンポがよくて結末に近づくにつれてひゃ〜なんとか変えてくれ!と思う。
こんな宿命は負いたくない。
パラドックスすぎて本当始まりはどこ??(これを考えるのは野暮らしい。)
2周目切ない…

あとこの表紙間違ってるイメージと!なんならビッグフィッシュみたい!
>|