ゾンビ&ザ・ゴースト・トレインの作品情報・感想・評価

「ゾンビ&ザ・ゴースト・トレイン」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

マッティペロンパーがスクリーン上で陽気に歌を歌っている。それだけでもう何もいうことはない。
12/29鑑賞
虚ろで寂しくなって、帰り道の寒さが倍増した。
マッティ・ペロンパーの歌声(カントリー!)と、良き親友っぷりには温まった。
スクリーンで会えて嬉しいなあ。
『愛しのタチアナ』コンビが並んでいるシーンが胸熱…。
1853Perry

1853Perryの感想・評価

3.8
マッティペロンパーが動いている嬉しさ。始まりのシーンがあって良かった。救われる感じ。
cozycozy

cozycozyの感想・評価

2.5
貴重な機会だったとは思う。久しぶりにスクリーンで見るマッティペロンパー。
神

神の感想・評価

3.5
TNLF2018
どうあってもマッティ・ペロンパーの存在が強い。ブラック・サバス流れてきたのがまた最高。
いち麦

いち麦の感想・評価

3.0
TNLF2018にて鑑賞。これまた哀愁と異国情緒運ぶ音楽が紛れもないカウリスマキ兄らしい作品。結局は酒に溺れてしまうゾンビの情けなさ。物語は浅いし彼の存在感もマスク程にもなく、M.ペロンパーが食っていた。
cyph

cyphの感想・評価

3.8
ミカ・カウリスマキ初めて観たけどかなりかなりよかったすきだった 音楽がいい、救いのなさとユーモアの共存がいい、マッティ・ペロンパーの顔と歌声がいい、寡黙で一途でパワータイプな女の子がいい、ずっと寒そうな道を歩いてるのがいい 「幼年期の廃墟の中で人生は続く」 ゾンビが転落していくドラマといえばそうかもしれないけど、ビールを飲みにいくと必ず遠くから笑いかけてくるおじいさんとかどこまでも追いかけてきてくれる友人ハリとか ずっと細々とユーモアと救済が描かれててよかった
haruka

harukaの感想・評価

3.8
ゾンビ、ゾンビよ、どうしてあんたはそんなにそんな奴なんだい…。お金を貸す、仕事も世話する、迎えにだって行く、いつまでもゾンビを見捨てなかった、親友ハリーが尊い。誰も演奏を聴いたことがないというバンド、ゴースト・トレインがすごくいい存在感。あれは死の象徴なのだろうか。
なつ

なつの感想・評価

3.3
@ノーザンライツフェスティバル
アキカウリスマキの兄ちゃん、ミキ監督×マッティペロンパー!

マッティペロンパーを観られただけでいいよ、私は(笑)
悪くはないし、嫌いでもない。
でもユーモアもエッジも効いてない。
だけど…明日には忘れてる、そんな映画ではない。
マッティペロンパーが相まって、心の片隅には残る。
ミカ兄4本目。こんな救い様のない映画を撮っていたなんて・・・
アキみたいな様式美はないけど、より自由な感じがして嫌いじゃない。

アル中ベーシスト、ゾンビーの放浪記。
でも、まあ酒飲みにとって人生の目的は、酒飲んで酔っぱらうことだから、
ゾンビーはこれで本望なんだろうな、他人がとやかく言うことではない。
最後でマッティもそれが分かったんだろうな。
久しぶりにマッティ・ペロンパーに会えて嬉しい。
>|