過去のない男の作品情報・感想・評価

「過去のない男」に投稿された感想・評価

終始無表情イイ!
アキカウリスマキって謎に日本要素取り入れるよな。
好きなのかおもろがってるんか。
とはいえ、めちゃ良い作品でした。
ヒっロ

ヒっロの感想・評価

4.0
2002年公開のフィンランド映画。アキ・カウリスマキ作品。

列車を降り夜の公園で暴漢に襲われ記憶喪失になる男。その後男はコンテナで暮らすことになる。

ほぼ誰も笑わないし、感情がないセリフ。警察官が○○○まがいの悪い奴。その男の飼ってる犬の名前が猟奇的な映画のタイトルだったり、コンテナのご近所さんの暮らしも面白い。これにドハマリし大笑いしたのを覚えている。その後アキ・カウリスマキ作品立て続けに何本か観た。

最初に観たのがいつだか覚えてないが、今回は久しぶり。💿にBS2『衛星映画劇場』のタイトル。懐かしー。

今回クスクスはした。何度か観たけど、以前観た時の大笑いはなかったが面白かった。

小津安二郎の大ファンであるアキ・カウリスマキ。
クレイジーケンバンドの『ハワイの夜』や、お寿司が出てくるが、なんで“ハワイ”なんだろ
梅田

梅田の感想・評価

-
良い。ずっと真顔だけどずっとギャグやってる。犬の名前が「ハンニバル」で爆笑してしまった。
某小説の理解が深まるかなと期待して鑑賞したけど、チープな作りの中に味わい深いものがあり独特というかこれまで観てきていない方向性だったので淡々と楽しめた。けれどこのテイストがたまらなく好き、というわけではなかったし期待していた部分には遠かった。
深いものを期待すると肩透かしを食らうのでご注意を…(笑)

『ハンニバル』がかわいい。
クレイジーケンバンドのハワイの夜がいい味出してるのよ。汽車に寿司に日本酒。カウリスマキの日本へのリスペクト&ラブには感じずにはいられない。
うおおおおお〜!!!めっちゃ好きだ!!!!!!
この独特のテンポ感が心地よくずっと観ていたい...!

登場人物たちの挙動が本当に好き!無表情気味な人物たちのどこか変わった挙動、そしてツッコミ不在のまま切れるカットが生み出す空気感が堪らなかった!出てくる人々がみんな少しずつ抜けているところが愛おしい....

みんな表情が平坦めなのもあってか行動が情報の記号のように感じ、その記号を通じて場面の印象が形成されていく感覚がありました!あとセリフに関しても同様で、抑揚のない発話によりセリフの文字情報が印象に残る!!!

そして音楽がめちゃくちゃ最高でした
なんかいいことあるかもしれないし他人は結構優しいかもしれないという気持ちになりました。
いつもながらかなりしんどい状況なのに心温まるのは音楽のせい。寿司は定番。
カウリスマキ好きなのに観てなかった
美しいフィルムの質感、青、深い色彩……脳内北欧のイメージに合致した豊かな映像は本当に綺麗。移民とホームレスのリアリティのある悲劇を、慎ましく無表情だが可愛らしい人間の描写が喜劇的に包み込む。
「礼には何を?」「俺が死んだら情けを」
「犬が鼻を噛みちぎるぞ」「俺の影が鼻の分だけ短くなるだけだ」など、キザにカッコつけても何も起こらない可愛いユーモアが、ボロボロの現実を生きる糧としてくれる。それに、主人公も情けない記憶喪失のホームレスおじさん、ヒロインも怖い顔の救世軍のおばさん、冴えない人間しか出てこない。「落語的」とはアキカウリスマキ作品に対する母親の談だが、確かに記憶喪失になってホームレスに拾われ、救世軍で仕事を見つける……という淡々と生活を送る姿や周りの人間の人懐こさは江戸を舞台にした落語の雰囲気を感じる。包帯グルグルの主人公がゆっくり起き上がる所はチープなゴシックホラーを感じて笑えるし、悲劇的な暴漢に殴られるシーンさえ勢いがない。フラットで、そして笑える。
カラマリユニオンの頃から変わらない、人間の可愛らしさ優しさと現実の非情さをユーモアと共に描く作風がたまらない。
また、カウリスマキ作品の通底するテーマ「人は音楽と共に生きる」が、一番形となって現れている作品だった。救世軍で無表情に働く女性は眠る前にツイストを聴くし、救世軍のバンドは俗っぽい音楽を聴いてリズムを取り、炊き出しに来たホームレスは踊り、救世軍の上司は恋の歌を歌い、主人公はライブを企画する……極めつけはスタッフロールの曲 「stay」 「音楽だけがこの世界から救ってくれる」と歌う曲。カウリスマキ作品は、ユーモアとフラットさの中で、しかし現実に起こっている移民問題や貧困・格差問題から目を逸らしはしない。その中の最下層で生きる人間たちが、音楽と共に生きる姿を描く。この曲はカウリスマキ作品を代表する曲だった。
小津安二郎を崇拝するアキカウリスマキ、描写の平坦さはまさにといった所。
とても好きな作品。
kuu

kuuの感想・評価

4.5
炊き出し+ビール+ティーバッグ+残り物+キノコ狩り+寿司+酒◎



カウリスマキ監督フィンランド三部作その弐

油断禁物→転禍為福💕心温まる物語です
>|

あなたにおすすめの記事