不法侵入の作品情報・感想・評価

「不法侵入」に投稿された感想・評価

Shizka

Shizkaの感想・評価

3.3
緊迫感、妖しさがいい。が、今考えるとエロビデオのような展開だなw
レイ・リオッタのイメージを絵に描いたような映画。
それ以上でもそれ以下でもないから、リオッターじゃないとキツいかも。

前作が『バックドラフト』だったカート・ラッセルも完全に鎮火されてるし。
同じような役なら『ブレーキ・ダウン』に軍配!
狂った警官に付け狙われる夫婦を描いたスリラー。

カート・ラッセルは今回は巻き込まれ系。タフガイも弱き市民も演じられるところが彼の強みだろう。
しかし、本作のMVPはやはりレイ・リオッタ。執拗に夫婦を追い詰めるマッドコップを怪演している。

ストーリー的には、レイ・リオッタ演じるピートの過去をうまく描ければ、もっと深みのあるものになっただろう。
しかし、テンポもよくマデリーン・ストウもサービスしてくれるので最後まで楽しめる。

主人公の親友の弁護士が本当にいいやつでほっこりするw映画史上、一番いい弁護士!
ねぎお

ねぎおの感想・評価

3.0
ストーカーと言えば思い出した。レイリオッタの眼って怖い。
「フィールドオブドリームス」シューレスジョージャクソン役もどこか怖かった。
名優です。
ひでG

ひでGの感想・評価

2.5
平日のお昼間にテレ東で放映されてたら見るとちょうどいいくらいの映画。お手軽、いろんな意味で。

ストーカもの。今回は警官。そりゃあ、怖いぞ、職権使い放題じゃん!

それにしても、この時期のレイリオッタは胡散臭く役多かったね〜、確かに、レクターに頭かち割られたのも彼だったよね。

あとマデリーンストーは色っぽい。

まあ、そんな感じだけの映画でした。
レイちゃん!(/ω\)キャー この頃から変質者役的な。
うっかり閉め忘れてわずかに開いていた戸の隙間。
その隙間からニュルニュルと蛇が音もなく侵入してくる感覚の映画。
侵入してきた蛇は狙いを定めた獲物に部屋の隅から少しずつ絡みついていく。確実に仕留める為に外敵を排しながら。

蛇役はこのての役にうってつけのレイ・リオッタ。
今までは彼の眼がイヤらしさのポイントだと思っていましたが、改めて見てみると微笑んだ時の口角も結構イヤらしいですね。
Kara

Karaの感想・評価

3.1
レイリオッタの目が怖い作品。覚えてるん、以上!!
ワン

ワンの感想・評価

4.0
人当たりが良さそうな警官がストーカーに!! 恐怖の隣人(じゃないけど)系スリラー。警官に扮するレイ・リオッタの瞳があなたの心に“不法侵入”する。

夫婦の家に強盗が押し入り、駆けつけた警官の一人がレイ・リオッタです。夫婦に防犯対策など指導し友人になるのですが奥さんに一目惚れ。なんとか物にしようと旦那を罠にはめて拘置所送りにしちゃいます。

特に意外な展開があるわけでもないです。ラストの対決もかなり雑な感じでした。それまでは良かったですけどね。奥さんに拒絶されたときの悲しそうな眼が印象的でした。
Zoloev

Zoloevの感想・評価

3.6
昔観たけど再観。警官のレイ・リオッタが素晴らしいなぁ。他の俳優さんと違うのは独特の目力・・・・目ヂカラだと思う。相手をジッと見つめる目、意を決した時に瞳孔が開いた様な表情の目、自分のストーカーまがいの行為が拒絶された時の悲しい目。
偶然にも出逢ってしまった美しい人妻に対する曲がった恋愛感情をコントロールすることが出来ず次々とエスカレートしてしまうストーカー行為。最初は親切心、お近づきになりたいと思ってじわじわ近付いて行く様子は時々起きる悲しいストーカー事件の心理を巧みに描いてる元祖ストーカー映画でした。相手に自分のことが拒絶されていると感じると途端に攻撃に転じるのは自分の感情を抑えることが出来ない病気なんでしょうかね(*´Д`*)
>|