サーホーのネタバレレビュー・内容・結末

「サーホー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

予告編のナレーターにちなんで、「これぞ映画の三冠王!」なんて言ってみようかと思ったんだけど…興行収入は「第2位」。

インド映画だし、決して「つまらない」作品ではない。ただ、「バーフバリ」と比べるとね…。「バーフバリ」や「きっと、うまくいく」は、三時間を「長い」と感じさせない。でも「サーホー」は「長い」と感じてしまった。特に後半。

それでもラストは綺麗にまとめたし、嫌いな作品ではない。

あと、ジェットマンなんてキャラクターを出すなら、日本の東映に一言相談があっても良かったと思った。

ボリウッド独特の世界観が渋滞してた。
とにかくお金かかってそうで、規模もでかいねんけど、なんでも詰め込めばいいわけちゃうと思うで。お腹いっぱいやわ。

韓国映画はすぐ好きになったけど、未だにロシア、インド映画あたりは馴染めない。
バーフバリでプラバース演じる王のカリスマ性にやられた人には絶対おすすめな作品です。

本作を分かりやすく説明すると「プラバース成分100%で出来た映画」と言えると思います。
「現代に転生したバーフバリ」です。もはや。

ストーリーは人物関係がごちゃごちゃしてて正直分かりにくいが、中盤のあるどんでん返し展開は、予備知識全く無い初見時には普通に騙されてたので「あ〜、そうくるか!!」と驚きました。
このタイミングでタイトルが出る演出が気が利いててメチャクチャかっこいい。

本作は3時間近い上映時間だが、実際にはちょうど真ん中辺りで実質別の映画が始まります。

前後編に分けてくれたらまだ分かりやすい話になってたかも。

あとストーリー設定と同じくらいてんこ盛りのアクションシーンが後半辺りから特に乱れ打ちになるので、初見時は自分の頭の情報整理が追いつかない感じになってました。

そういう意味では、色々ネタバレを知ってる2度目以降の鑑賞時に色々楽しめる様になる作品ですね。

「バーフバリ」「サーホー」と圧倒的カリスマを見せ付けたプラバースですが、個人的には是非MCU作品に主演ヒーローとして出演して欲しいと思ってます。
お金かかってるわりに面白くないインド映画なんて腐るほどあるけどさ。日本の映画館で観れるのがコレって本当残念。もっと他にあっただろ...。

ストーリーが何やってるんだか理解できない上に興味も全く湧いてこないから苦痛。
インド映画だし話がつまらなくてもプラバースがカッコいい!とか音楽シーンが素敵!とかなら全然いいけどそれも一切感じなかった。
迫力、臨場感がくせになる。
怒涛の展開。
主役がカッコよすぎる。
まさに万歳。
うーん…インド映画もバーフバリのプラバースさんも大好きなんだけどこれは合わなかったな。
長すぎるし、序盤サーホーの女性への迫り方もなんかちょっと嫌。これなら2時間か100分程度に収めてテンポ良くしてほしかったなという印象。
正直ソープオペラみたいな恋愛シーン、MVみたいなシーン必要あったかな?
今作はちょっと前半にキメ顔が多すぎるので、自分的にはプラバースさんは現代風じゃない映画での肉体美、いるだけで王たる存在感のあるバーフバリみたいな方が格好良くて好き。
ラスト20分くらいの玉座に座るまでの怒涛の展開と演出はめちゃくちゃかっこよかった。ただストーリーというかキャラクターの立ち位置がどんどん変わっていくのでついて行けずに終始どういうことなの?と思いながら見ていた。
最初の敵の名前がジョンスノウで「I know nothing」と言ったとき、こんなところにもGOTネタが!と思わず笑ってしまった。
 近未来?wとか思ってたんだけど、面白いわ。
 時々メタいトコもGOODだし、コメディ要素ありのアクションクライム物!
 テンポも音楽もイイし、プラバースの登場シーンから最高すぎる。インドのイケメンジャッキーかよww
 もう完全にプラバースのFANだわ。
 バーフバリ観た最初の方なんて、なんだこのおじさんって感じだったのに……もう世紀のイケメンにしか見えねぇwww

 ナイトクラブでのダンスと曲はムリのない入りだったし、恋愛シーンの曲もEDM感あって好きだわ。PVみたいで、めっちゃいい。
 そいやEDMの祭典もインドとかでやってたりするもんな~。
 女からのプロポーズな感じもイイわ。

 で、デーヴラージvsヴィシュワクかと思いきや、だよ。
 特命チーム良いのにな~、アムリタもゴースワミも好き。まさかのどんでん返しがヤバすぎたwww
 完全にヤラれた。

 万歳=サーホーなのね。

 え、今で半分?wってなったよ!
 タイトルコール、ここで来たwwwってwwwサーホーのショーが始まるって……マジかよって思ったわ。
 アムリタとのラブ旅行も音楽も良かったけど、何より伏線回収率が素晴らしいな。
 驚きに満ちてるし、ジェットマンもかっこいい。カーチェイスならぬバイクチェイスでの独特の戦い方も良かったし、なんだろう。
 オーシャンズとか色々あるけど何かルパン感がすごい!w
(まぁあの高さからじゃ水面は石も同然なんだが、別にそこは受け入れるww)

 しかもカルキがまさか~~って。どんだけ驚かせてくれるんだ。そして終盤の世紀末感溢れる殺り合い最高。
 メイスやオノやら好きよな、インド映画。即席ナイフでのぶっさしも美しい。

 アショークによる謎解きシーンでより分かりやすくなってて最高だった。
 しかも動機があの黒幕が親父で~だからの復讐だなんて!
 泣かせるわ。感動するわ。しかも目には目を戦法で36発分の痛みを与えるって素晴らしいな。マジ素晴らしいわ。

 華々しいデビューを飾り王国のボスに君臨するサーホーかっこいい。マジ神やし。清廉ではないからこそ輝いてるわ。
 その後のアムリタと再開するシーンもイイ。キスシーンで終わるのパターン大好きですから!w
 終わり方もホントいいわ~。
 サーホーだから大丈夫感もう持っちゃってるし!

 インドの現代映画ってほぼ初で観たけど、かっけーな。
どんでん返しに驚かされっぱなしでした。
でも、正直理解が追いつかないまま流したところもあるかもしれない…
人物の見分けの難易度めちゃめちゃ高くないですか?笑

はちゃめちゃすぎて、もうここまで来るとどんどんいこう!という気持ちになるな。
ただ、インド映画は突然のダンスシーンを割と楽しみに観てる節があるんですが、この映画のダンスシーン、唐突に挟み込まれたMVかな?と思うくらい浮いてたから、流れが分断されるのが気になっちゃった。
バーフバリの主役の人でとてもここでも評価良かったので観たんですが…

私にはインドの人が同じに見えるのか潜入捜査官とマフィアのボスの違いがわからない…

え?どっち?あれ?どっち?
状態でした。

みなさん言ってるようにタイトルバックが真ん中に来るのは斬新ですなー。
はい、ここで半分ねって事かしら?

バーフバリ兄さんは柔和なお顔とキリッとしたお顔も素敵です(≧∇≦*)

そして何してもバーフバリにしか見えなかった…
マフィアが支配する近未来の大都市が舞台。長らく組織の頂点に君臨していた男が殺害され、後継者争いが激化しつつあった。そんなある日、計画的で大規模な窃盗事件が起きる。潜入捜査官の主人公は相棒とともに捜査に乗り出すのだが......という話。インド映画。主演はバーフバリ役でお馴染みのプラバース。

なんだろう。アクションは一級品だし、美男美女な出演者のかっこいいシーンは満載なのにとても退屈に感じた作品。
大ヒットしたバーフバリは世界観は壮大でもストーリーは単純明快で何よりキャラクターが魅力的で観るものを楽しませていた。一方、本作なノンストップアクションの中にやたらと込み入ったストーリー挿入しつつ進行するため、驚くべきどんでん返しがあっても観てる方が落ち着いて解釈するヒマがないため全然楽しめない。また、主人公とそのライバルが身分偽っていることもあり、途中まで彼らに感情移入しづらいのも難点。あと、主人公の設定が伏線も無くすべて後出しな印象なのも良くなかった。インド映画なのでミュージカルもあるので上映時間も長い。もう少しコンパクトにまとめて欲しかった。

任務中に酒飲みすぎ
>|