チェイス!の作品情報・感想・評価

「チェイス!」に投稿された感想・評価

YA

YAの感想・評価

4.1
エンタメ!!!!!!!って感じで良かった
かっこいいシーンはかっこいいカメラワークにかっこいいBGMが入ってかっこいいスローモーションで、わぁかっこいい!!!!っなるやつ

彼の設定は結構残酷だけどね

しかしアーリアの存在は大事だけど、さすがにヴィクトリアはあまりにもセクシー画面要員すぎてああいう配置のキャラはいらないなと思った
アーミル・カーンの魅力たっぷりなインド映画(^o^)
豪華なのは分かるんだけど盛りだくさんすぎて(^_^;)
3分の1ぐらいがちょうどよかったかもw
Maoryu002

Maoryu002の感想・評価

2.9
1990年のシカゴ。サーカスの団長イクバールは銀行の借金のため、我が子サーヒルの目の前で自殺してしまう20年後、サーヒルはサーカスを運営するとともに復讐のために銀行強盗を働いていた。シカゴ警察、ムンバイ警察のジャイ、アリーが捕えようとするが、なぜか神出鬼没のサーヒルには届かない。そこには驚愕のトリックがあった。

いきなりのバイクチェイスからインド風タップダンス(?)と飛ばしまくりで引き込まれる。
しかし、途中から派手派手なアクションにちょっとお腹いっぱいになってしまい、集中力が途切れてしまった。

はちゃめちゃなアクションとトリックが繰り返され、ジャッキー・チェン、ジェームズ・ボンド、イーサン・ハント、ブルース・ウェイン、すべてが混ぜ合わさったような映画だ。
特に終盤は無理がある、よくわからない展開だった。
【地上!水上!空の上!?シカゴ大暴走のアクロバット・チェイスが始まる!】

サーカス団の息子が、父親を死に追いやった銀行に復讐するポリウッド映画。

サブスクにも最寄りのGEOにもなく、少し離れたTSUTAYAレンタルで鑑賞。

『きっと、うまくいく』『PK』と同じくアーミル・カーン主演作で、タイトルから勝手にもっと縦横無尽荒唐無稽に『チェイス!』を繰り広げるお話を想像していたら、意外ときちんと作られたドラマで、しかも中盤でノーラン監督『プレステージ』のトリック⁈が。

インドではなく、シカゴを舞台にハリウッド大作顔負けのカーチェイスシーンは見応えたっぷりなんだけど、インド映画ならではのコミカルな音楽が緊迫感をユルめて、何とも不思議な映画だった。
個人的には結構好み(ラストが個人的にすっきりしていないが)。

インド版グレイテスト・ショーマン×強盗バイクチェイス。

アビシェーク・バッチャンってこんな人なのかと思いきや、結構彼の映画観てたわ。(笑)

ドライブテクがすごいというより、どちらかといえったら、バイク自体がすごい。(笑)

アーミルカーンが一種の悪役って珍しいな。これで彼の映画は結構観たかな。

銃弾のトリックはなんとなく読めました。(笑)


しかし、長い。
Robby

Robbyの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

この世にカトリーナ・カイフがいてくれて、本当に幸せです。
そして、国宝級俳優アミール・カーンは実は2人、いや3人以上いるという妄想が頭から離れません。
ぽん

ぽんの感想・評価

-
インド映画の3時間いつも通りあっという間かと思いきや最初から置いていかれてしまった、アーミルカーンの体すごいっアクションとCGとダンスとスローモーションがてんこもり
みぽち

みぽちの感想・評価

4.6
お久しぶりのアーミルカーン😍🙌
バイクチェイスに豪華ダンス、派手派手マジック、そして感動要素まで、色んな演出てんこ盛りで感情が忙しかった🤯😤😃😳😭最後なんか号泣してしまったし、体感時間30分くらいだわ😭👏なんでもっと早く観なかったんだろうと、大大大後悔。
そして、アーミルのタップダンスとかめちゃくちゃ貴重すぎん🤤!?やはり彼はパーフェクト⭐️インドマン🇮🇳ですな🥺DVD購入決定(´༎ຶོρ༎ຶོ`)👍

このレビューはネタバレを含みます

なるほど!
グランドイリュージョンインド版!!!

インド映画はバーフバリからだけど
面白いね。

踊りあり歌ありだから
かならず3時間だけどwww
時間が吸われていく……
インターミッション。

さて。

父を銀行家に殺されたサマール
復讐するため大人になり銀行を襲うて感じだけど


双子でした。
でインターミッション入るのインドらしい。


そういう意味で…起承転結盛り上がるとこうまいよね。

しかし
そうなのー
これ警察二人の映画の3なのね

最後は双子、生きてて欲しかったなぁ
そこだけがちょっと
インド映画はそこぬけに明るく終わって欲しいなぁ

紹介されてみたけど
すごく楽しい面白かった
オススメほんと、ありがたし。
ロアー

ロアーの感想・評価

3.9
原題は「Dhoom 3」。日本のインド映画あるあるですが、シリーズものの3だけが単体で日本に入ってきてる類のアレです(何故いつも3だけ?)

しかし、リージョンフリーを目指すわたくしロアー「Dhoom 2」のDVDを購入致しました!(ただし英語字幕なので実は何もリージョン進化してない)
2にはリティック・ローシャンが出ていて、ジャケからして胸筋の谷間がエッチいかったので。先に2観た方がいいのでは?と思いつつ、届くのにしばらくかかりそうで、こっちのレンタル期限が過ぎてしまうので結局3から観ました(どうせ1も観てないし)

これはっ!ホント面白いっっ!

シリーズとしては刑事2人がメインらしいけど、3は完全にアーミルが主役で、犯罪者なのにアーミルの方に味方したくなっちゃうお話でした。
銀行強盗の手口も大胆だし、あれだよね、怪盗キッドとかがやりそうな感じ!(アレとかアレとかキッドもやってた気がする)

逃げる手段はバイクなんですが、バットポットの次にすごいバイクだった。何でもかんでもスレスレギリギリのアクションが好きな様子で、よく顔の側にタイヤが通ったり車が飛んできたりしてました。10秒に1回くらいの頻度でたくさんスローモーション入れてくるところがインドっぽくて大好きです。

正直、パパシュロフのサーカスは大したことなかったので銀行がお金貸してくれなくても仕方ないし逆恨みって気がしなくもなかったんですけど(復讐ストーリーが台無し)、息子(アーミル)が継いだ大インドサーカスはめちゃすごかったです。シルク・ドゥ・ソレイユをもっとすごくして、サーカス要素少なめでほぼダンスにしたやつみたい(サーカスとは???)
ヒロインなんてほとんど裸みたいな破廉恥な衣装で踊ってるし、実際に公演してくれたら絶対観に行きます!そもそも、女優さんであんなアクロバットなダンスしてるインド映画は初めてでした。インドビューティーのポテンシャルがすご過ぎる。

でもって、インド映画って大体前後編な作りなんですけど、今作はしっかり「インターミッション」ってテロップしてくるタイプの映画だったので、チャイ飲んで休憩入れてみました。
てかこれ、インターミッション挟んで寝落ちとかしてたら絶対ダメな映画ですね。後半になって目が覚めたら、あれっ!?えっ!?えっ!???ってなること必至(突然過ぎて驚きは増すかもしれない)

後半はひたすらアーミルの幸せルートについて考えてました。
アーミル観るのって多分映画館で観た「ダンガル」以来なので、ムキムキなのはわかってたけど、こんなかわいかったでしたっけ?
キャプアメとかアイアンマンとかアベとか、徹底してマーベルTシャツ着てるのもかわいいし、でっかいサングラスしてたのもかわいいし、靴ひも結べないのもかわいすぎる・・・

エンディングが1番かわいかったので、実はアーミル本当にアレだったらいいのにって夢観て終わりました。
>|