最果てリストランテの作品情報・感想・評価・動画配信

「最果てリストランテ」に投稿された感想・評価

俳優目当てで観に行きました
好きな男が出てるし 料理も美味しそうだから最高になっちゃった
ハマ

ハマの感想・評価

3.0
変わった映画です。
短編集な感じでゆっくりドラマなんかで見たかったです。
つも

つもの感想・評価

3.1
いいんだけど、なんていうか、そこまで私は心動かなかったなぁ。
感じた気持ちを丁寧に言葉にしたいと思った。心にしまっていたい程の優しさと温かさ。
このレストランで迎えてくれる岬とハン、そして訪れる人々の人生に色が戻っていく景色を目の当たりにしたこの時を大事にしたいと思う。"
死"は"新たなる旅立ちの瞬間"。
このレストランはその瞬間を共有している。

何度でも観たい。
ずっと観ていたい。
永遠なんてないのだけど、岬とハンのこのレストランでの日常をずっと見ていたい…。
素敵な関係性である。


作品に出会えて良かった。パンフレットを読んで、2018年のフォトシネマ朗読劇を経て今回の映画化なのだと知った。こちらの朗読劇も観劇したかったなとひしひしと感じる日々。
テーマは良いが、間のとり方と脚本が惜しい。

もっと間や余韻を残してもいい、感動を長引かせられず物足りない
全てを語る脚本、台詞が多すぎる。映像で語らせないのならラジオと同じ

役者陣が非常に上手く、最後のストーリーは心を揺らすものがある

主演が神かっこよすぎたファンになった
sakichi

sakichiの感想・評価

3.7
試写会で。

三途の川を渡る前、死を間近にする人々が最後に会いたい人と美しい食事をし、ひとときの会話をするための「生」と「死」の狭間に存在するレストラン。

そのレストランで繰り広げられる生前と死後のヒューマンドラマは、普段見落としがちな大きな過ちや小さな幸せを気付かせる。そして生きることを考えさせる。

本当に大切なものとは?大切なこととは?そんなことを観終わった後に自問しながら、本当の幸せに近付ける映画じゃないかと思う。