ツナグの作品情報・感想・評価

「ツナグ」に投稿された感想・評価

M

Mの感想・評価

2.5
見てて悲しすぎた。
なんか救われるような救われないような。

松坂桃李がちょっと垢抜けない…
gm

gmの感想・評価

3.4
公開が終わってすぐ出たDVDで当時見た。
大人になってもう一回見たけど、また違う視点で観れたかな
ストーリー展開としてはありがちなシナリオ。死んだ人に会いに行けるとしたらどうしますか?と。観ていて、本当にやるせない気持ちになる映画だと思う笑
個人的には、橋本愛と大野いとの話が号泣ポイントだったなあ。
き

きの感想・評価

4.2
非現実すぎる内容でそこまで感動はしなかった、だって死んでしまった人に会えるなんてそんな融通の効くことある??
muka

mukaの感想・評価

3.4
作中にもあったが、亡くなった人に会いたいのは生きている側のエゴじゃないかと。
これは、傲慢な、驕った考えかもしれない。だけど、それでも死者が抱えた物語は、生きて残された者のためであって欲しい。
ひかり

ひかりの感想・評価

3.8
泣きすぎてハンカチじゃ足りないしメイク元も子もないってぐらい泣いたな
生きて会えてる今って凄いな

映画終わりに自分に置き換えて考えてみたらもっと涙止まんないし帰りの車でも親に見つからないように泣きまくってた
ハードル上げて観ると肩透かし。
樹木希林の演技で泣かされた。
・好青年で、かっこいい
・目に見えないものは心で見る
・今を大切に、悔いなく
Antaress

Antaressの感想・評価

3.1
樹木希林が演じるアイ子は死者と生きた人とを会わせることが出来るシャーマン的な女性。

非現実な内容でも彼女のとことん自然な演技によって説得力が出るのですね。
この役を他の俳優が演じていたらもう少し評価が下がったと思います。

主演の松坂桃李より樹木希林が印象に残る映画です。
Komi

Komiの感想・評価

3.1
あれ、なんで?この話知ってる…と思ったら、辻村さん原作の映画化だった。
記憶通りの映像が出てくるってことは、原作の文章が、映像化できるほどリアルで表現力豊かだったことと、原作に忠実な映画化だったってことかな。登場人物にも違和感がありませんでした。

橋本愛ちゃんの慟哭と、樹木希林さんの味のある演技が印象的でした。
あとは松坂桃李くん。9年も前なのに、今と全然変わらないねえ。

優しい人たちばかり出てくる優しいエピソードなのは観てればわかるんで、感動は観る側それぞれにもう少し委ねてほしい。全部ナレーションで説明入れる必要ないと思うし、ヤマ場のBGMがちょっとくど過ぎないかなあ。
>|