椿山課長の七日間の作品情報・感想・評価・動画配信

「椿山課長の七日間」に投稿された感想・評価

西田敏行が伊藤美咲になるというキャスティングがおもしろすぎ。
伊東美咲も西田演じる生前の椿山のようなオッサンの風格を残した演技をしており、これは見もの。

ストーリーは最初でなんじゃこれ…と雲行き不安だったが、中盤以降はシリアスになりキャラクターの掘り下げと人間関係でちょっぴりウルっとくる。

しかしまぁ、The 邦画。
出オチ感は楽しいんだけどその後の展開はよくある感じです。
昔見た時、とんでもなく泣けた記憶があるけどそうでもなかった。
この時代にありがちな邦画。
設定は面白いし好き。ドラマ化したぐらい当時は流行ってたな。

久しぶりすぎる伊東美咲になんか見慣れない感じがあったけど途中からすごくよかった。

余貴美子さん素敵だった。
沢村一樹さんもいまの通りの役柄でこの当時からその地位を築いてたんだなと再認識。
成宮くんも、この役やらせたら彼以上の人いないのでは?と思える。

西田さんのシーンめちゃくちゃアドリブっぽさかましてくるから無駄にハラハラした笑
最後の和久井さんとの握手も完全それでしょ。

和久井さんに、さぁ行きましょうか。と言われたらついて行ってしまいそう。
プロモーションムービーのブラック感が面白くて好きです(笑)

突然死したある中年男が絶世の美女となって蘇り、残された家族や仲間達の事情を絡めユーモラスとファンタジーで描いた心温まるヒューマンドラマ☆

ラストもめちゃくちゃ感動しました。
過去鑑賞。「子ぎつねヘレン」の河野圭太監督作品。人気作家・浅田次郎の最高傑作と称されるベストセラー小説原作。西田敏行、伊東美咲主演映画。

笑いと涙のハートフル・ドラマ。仕事のことや家族のことなど多くの未練を現世に残したまま突然死してしまった椿山課長。姿を変えることを条件に3日間だけよみがえることを許された彼は、生前は気付くことのなかった家族の想いや愛を知る。
昔の覚え書きです。

原作を読んでいたので、少し違和感・不満を感じながら鑑賞。

素敵なシーンがカットされていることに少し不満でしたな。

まぁ、でも全体的にはよかったと思う。118分はまとめ過ぎかなと思った。

もっと一人一人のストーリーを掘り下げて欲しかったなぁ。個人的にはそこが残念。

でもまぁ、いい作品なので見て損はないと思う。
yosaka

yosakaの感想・評価

3.5
伊東美咲と西田敏之のイメージが全く合わなくてピンとこなかった。
誰でも死ぬのは怖いと思います。もちろん自分もそうです。
でも、この作品を観れば少し死に対する考えが変わるかもしれませんよ👼
生きてる今こそ皆さんに観てもらいたい作品です。
コブクロの主題歌も素敵ですよ✨
kcal50

kcal50の感想・評価

3.3
小説から映画へ…
たいがいの場合、小説ほど映画は面白くなくがっかりするものだが、これは違った!役者も小説のイメージ通りでしっくりきた。
伊東美咲かわいい😍
小学生の頃、海老名の映画館まで母と一緒に見に行ったことを今でも覚えています。好きですこの映画。
moon

moonの感想・評価

2.8
原作の小説が面白かったから鑑賞。小説の主人公の私のイメージは細身サラリーマンだったけど、画の西田敏行にドンドンイメージを持ってかれ、遂には小説の主人公イメージが西田敏行にすり替わり定着してしまった。流石です、西田さん。原作も映画も楽しめる一品
>|