素晴らしき日の作品情報・感想・評価

「素晴らしき日」に投稿された感想・評価

久々に見ました。
最悪な1日の後に見るのはいいですね。
この映画に出てくる博物館、NBCスタジオの前やロックフェラーセンターのエスカレーターのある場所は実際に行ったことがあります。18年前の話です。

主人公のメラニー(ミシェル ファイファー)は一人息子のサミーと暮らしていたのですが、ジャック(ジョージ クルーニー)の元奥さん再婚相手の男とハネムーンい行ってる間一人娘のマギーを預かり、子供達の野外学習に間に合うようにメラニーに元へ行って欲しいと頼むのですが・・・。

主演のミシェル ファキファーは「テキーラ サンライズ」のイメージが強かったので、こういう役をやるなんて思いませんでしたね。いつも自立した大人の女性という感じで、私の初めての職場にいた女性と雰囲気は似ています。ジョージ クルーニーはまだ「ER 緊急救命室」のロス先生を演じていた頃であの役はとにかく無責任な男役からの転身というのがポイントでしたが、この作品では仕事を第一に考える役です。この頃の作品では「フロム ダスク テイル ドーン」も好きです。それから子供達の大活躍でした。男の子の方は「ホーム アローン3」に女の子は「インデイペンデンス テイ」のウイットモア大統領の娘役でした。あとメラニーの元旦那のエデイは「24」シーズン1で悪役を演じましたが、この役とのギャップがすごく本当に同じ人という感じです。それから、メラーの上司は「レオン」のホテルマンと同じ人です。

とにかくこの映画には思い出がたくさんあります。ビデオで何回見たことか。まさかストリーミングという形で見れるとは思いませんでした。ただし、この物語の以前にメラニーとジャックが会ったことないのは不思議ですね。そうそうジャックがまさかのパンツネタとは驚きました。それからサントラも持っています。いい曲ばかりですね。

今回約10年ぶりの鑑賞jは良かったです。
良い映画でした。
Kenny LogginsのFor The First Timeが沁み入りますよ。
honmosuki

honmosukiの感想・評価

4.0
若いけど、ダンディなジョージクルーニーと綺麗なミシェルファイファー。父娘、母息子で出会い、最初は反目しつつも仕方なく協力し奮闘する中、距離を縮める。爽やかなコメディドラマ。
なお

なおの感想・評価

3.0
騒がしいラブコメディはちょっと苦手で自分には合わなかった。
ラストの2人の雰囲気は良かった。
ミシェル・ファイファーは髪型アップにしてるほうがセクシーだと思う。

オープニングで流れる「one fine day」がとってもいい曲です。

DVDコレクション📀で発掘🎞
久々に観ました👀
G.クルーニーとM.ファイファーの夢の共演🎬

建築家のメラニーと人気コラムニストのジャックは、ともにバツイチ❎
ひょんな事から、お互いに子供を抱える二人が、自分たちの置かれている境遇にもがきながらも接近して恋に落ちて行く...💘

バツイチ同士のカップルが、最初反目し合うも、恋に落ちて行く様子がコミカルに描かれています💏
お互いの子供がキューピッドの役割を果たしているのも面白い👶
そして、何よりもG.クルーニーとM.ファイファーが若くて初々しい⁉️...中年のカップルが微笑ましくて...いくつになっても恋するって良いものだと感じさせてくれます💕

子育てに忙しくてお互いを見つめ合うことが少なくなったご夫婦に観てもらいたい作品ですね👀
きっと配偶者のことが、ジョージやミッシェルに見えてくること請け合いでしょう...と思います👍
もちろん彼氏や彼女がいる方々にも...👫

そして、ラストのシーンがホッコリとして来るような...子供というのは本当に貴重な存在ですね👨‍👩‍👧‍👦

また、この作品のサントラも良くて、原題にもなっているテーマ曲の’One Fine Day’ が特に素晴らしくて...心にしみる名曲ですよ🎼🎶👍
MiYA

MiYAの感想・評価

4.0
この平凡なタイトルはまったく期待を抱かせず、ただミシェル・ファイファーが出ているというだけで観たんですが、なかなか良かったですよ。

ジャンルでいえば「ラブコメディ」に分類されるのでしょうが、過剰なドタバタになりすぎないバランスの良さ(品の良さ?)が目を引きますね。そこはやはりミシェル・ファイファーとジョージ・クルーニーのベテラン俳優のなさえるわざ。

ひたすら親の足を引っ張って迷惑をかけ続ける悪ガキの振る舞いにはイライラしつつも、愛する子どものため、そして仕事のために走り回る二人、そしてなんだかんだと助け合う2人は自然と応援したくなります。自制的な大人の恋もうまく描けてますよ。ラストもとても温かい気分になるし、よいね~。

それにしてもこの頃のミシェル・ファイファーはほんとキレイだなぁ。ついでに、ジョージ・クルーニーを誘惑する女性記者が無駄に美人だったので誰かと思ったら、これがデビュー作のアマンダ・ピートでした。ほほう。
大好きな映画。
ジョージ・クルーニーがどこを切り取っても素敵過ぎて顔がにやけてきちゃう。
子供と一緒のときが特に好き。いいパパだなぁ。とても和んだ。

最後に彼女の家で過ごすとき、疲れたママじゃなくて綺麗な姿でキスしたいと彼を待たせて歯磨きしながらムダ毛処理して服をとっかえひっかえしながら選んでキッチリ化粧して髪型も決めて┅
ここもすごく好き。
G・クルーニーの魅力爆発。M・ファイファーは綺麗だけどはまり役とはいえない。子供二人も特筆することはない。ストーリーも平凡。だが、クルーニーの目を合わせない口説きや、子供に対する配慮(クッキー&フィッシュ)、子供の扱い、猫だっこ、とどめのキスの間、女心を揺すぶりまくる。この後の色男街道まっしぐらの前の貴重な一本。上目遣いの媚び。汚いコート姿もカッコいいぞ。
ファイファーのちびT姿あり。
シングルマザーのメラニー・パーカー(ミシェル・ファイファー)と元妻が再婚して新婚旅行にいくため娘を預けられた男性ジャック・テイラー(ジョージ・クルーニー)が、ママ友繋がりで出会い、子守りを協力してこなしながら仕事にも奔走していく話で、なんとか乗り越えていくうちに、互いに牽かれていき...

この映画の子供たち、6才児なんですが、落ち着かないし、色々とやりたい放題、何処かに行ってしまうし...それでも、二人がマジギレせずに大好きな子供たちって許してしまうところ、いいですね~♪
自分も娘が幼稚園の時はいつも手を繋いでいたな~なんて思い出して懐かしかったです(笑)

ミシェルは頑張ってるシングルマザーを熱演。クライアント相手に演説?するシーンは息子への愛情に溢れていてカッコ良かったです。
ジョージは意外に真面目な役でしたが、人形劇とか子供との絡みが自然で、楽しいお父さん、似合ってました。そして水溜まり、お姫様だっこで子供たちとはしゃぐシーンはほっこりでした。

好きなジャンルのラブコメディ。お約束の展開でしたが、沢山笑えるシーンもあり、映像も少しオシャレな感じだったので、楽しめました。
ミシェルファイファーが可愛い過ぎる作品です!!人妻の色気ムンムン♪♪
ファイファーは小山茉美さんで観たい派ですが、この作品は田中敦子さんがピッタリです(*^▽^*)
小山クルーニーは鉄板ですね(*≧∀≦*)
ちなみにこのキャストはテレ朝版。ソフト版は知らない。持ってるけど 笑
>|