赤ちゃんはトップレディがお好きの作品情報・感想・評価

「赤ちゃんはトップレディがお好き」に投稿された感想・評価

YooMee

YooMeeの感想・評価

4.0
前半の「タイガーレディ」よりも田舎でベビーフードを作ってるダイアン・キートンが好き。キャリアウーマン時代の栄光を忘れられずもがく姿に共感できるけど、可愛いエリザベスの成長を楽しみ、ステキな獣医に恋するバーモントの暮らしを私も選ぶだろう。サム・シェパードの訃報に寂しさ覚え、またこの作品を見たものでした。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

2.5
2011/11/16鑑賞(鑑賞メーターより転載)
バリバリのキャリアウーマンがひょんなことから残された親戚の赤ん坊を預かり...まずこういう仕事第一がベースの役にダイアン・キートンというキャスティングのセンスが素晴らしく、それだけで点数アップ。だが、家庭が大事になり仕事を捨てという中盤は概ね予想通りだが、その中からアイデアを得て成功していくという終盤がちょっと結末ありき過ぎて個人的にはトーンダウン。新米母親の格闘も途中からはすっかり赤ちゃん置き去りで、タイトルにまでされた赤ちゃんが可愛そう(笑)。ま、そんな堅苦しいことを言う類の映画じゃないか。
riekon

riekonの感想・評価

3.0
遺産が赤ちゃんて!
このエリザベスがぷにぷにしててメチャクチャ可愛いのよね〜。
私も抱っこしたい!
この子が来てから状況がガラリと変わってよくない方に傾いてしまってる時は強い主人公でも大丈夫かなと可哀想になったけどこの後の頑張りが今までバリバリ働いてただけあってさすがだったね。
ラストの部屋のシーンが好きだなぁ。
D.キートンはキャリアウーマン役がピッタリだし彼女の笑顔が明るくて素敵でした。 ​
バッリバリのキャリアウーマンのもとに、親戚に不幸があったと連絡が入ります。求められて意味も分からずサインすると、亡くなった親戚の親権がもらえることに。
勿論、キャリアウーマンに子育ての経験などなく、四苦八苦していくという、この時点でどういうストーリーか全てわかってしまうほどの、ダイアンキートンの慌てる様子が面白いコメディです。
Naokina

Naokinaの感想・評価

1.6
ダイアン・キートン主演の映画。
80年代バリバリ、使われているBGMとかもシンセサイザー満載。
主人公のバリキャリの女の人が、遠い親戚の不幸が原因で突然赤ちゃんを引き取ることになり、、みたいなコメディー。
どういうふうに話が流れて行くのか手に取るように分かるので、見てて楽。でももう一度みたいかって言うとそれは全くないw
時間つぶしにはちょうどいいかも。
ellietty

elliettyの感想・評価

3.8
原題『Baby Boom』

とにかくダイアン・キートンを楽しむコメディ映画!(^o^)
女性にオススメ♪

バリバリ働くやり手のキャリアウーマン
人呼んで「タイガー・レディ」

に、突然赤ちゃんが降ってきた!?

この赤ちゃんがまぁ可愛いのなんの、顔中がふやけます(*´ρ`*)
こんな絵に描いたようなエンジェルベビーをよく見つけたなぁ。

そしてこのベビーに振り回される
ダイアン・キートンがおっかしいのです。
仕事はままならず
子育てにイライラ
発狂シーンが1番のハイライト!笑

かと思えば
チュッとされて一言 ”wao…❤︎”
愛すべき単純さん。笑

親がよく見ていたのでてっきり有名かと思いきやmark数がかなり少ない。
マイナーだったんですね(^ ^;)

綺麗で穏やかな田園風景に
明るく爽やかな音楽もいい感じ♪
調べたら以前フォロワーさんに教えていただいたビル・コンティでした!

気楽に楽しく見れるので、仕事や日常にちょい疲れた…なんて時のリフレッシュ&癒しにgoodだと思います(^-^)
あ、もちろん癒されたい男性も?
NYのキャリアウーマンである主人公がある出来事を切っ掛けに赤ちゃんの里親となり、育児に奮闘するようすを描いた作品。赤ちゃんが本当に可愛くて癒される。主人公が徐々に母親らしく成長する描写が良い。ダイアンやっぱり好きだな。
やま

やまの感想・評価

3.3
普通に笑えるコメディ映画。やっぱ子供の存在ってでかいんだなあ〜。
結婚も子供もいらない‼︎だって私には仕事もあるし、価値観の合う彼氏もいるんだからーーー‼︎と思ってたのに‼︎全然知らない親戚の赤ちゃん引き取ることになりました‼︎遺産はお金じゃなかった…。常々女の人は子供を産むっていうことがあるから、男の人に仕事取られたり、抜かされたりされるんだろーなーと思っていたけど、そーゆーこともあるけど、それでも負けない!!!っていう気合が最高!!かっこいい!!
ニューヨーク、シンセサイザーの音楽に乗せ行き交う人々のカット、'80年代都会派コメディを愛する僕の理想のオープニング。これだけでメシが3杯食えるw
そんなオープニングから始まる本作、実は起承転結の”転”は中盤、田舎に舞台を移す。'80年代らしいライトなこのコメディは都会から田舎に舞台は移っても充分楽しめる映画なのだ。
赤ちゃんを題材にしながらも、どちらかと言えば”女性の幸せとは”がメインなお話。主演はいくつになっても、いや、むしろこの作品あたり(40歳辺り)から年齢を重ねるほどキュートさが増してゆくダイアン•キートン。スーツを着こなす都会女性から母性爆発の田舎女性と、やっぱり素敵な女優さん。
>|