THE GUILTY/ギルティのネタバレレビュー・内容・結末

「THE GUILTY/ギルティ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

お見事!
音楽も素晴らしい。

アイデアや企画力だけで終わらない熱量とクオリティ! でも一体誰得なのかってゆうダウナーぷりな内容というか、一体誰得なのかっていう企画ではある

要は監督は本作を通して何を伝えたかったのか。成し遂げたかったことはわかるし、自己満に留まらない分、なお気になってくる。

以下、ネタバレ


タイトルが、罪、罪人を意味するのだけど、明らかに主役のことをさしている。けど彼を通して罪の深さは端的に具体例はいくつも提示されるけど、それを背負う決意をした最後、背負っても償われない様もみせてからも、見てる側は宙ぶらりんにされる。

議論を促すような終わりでもない気がするような終わり方が何故なのかが非常に気になった

それくらい監督と脚本、主演は素晴らしかった

あとちょいちょいDiploにしか見えないときがあった
まさかのどんでん返し。
ハッピーエンドなんだろうけど見たあと落ち込んだ気分になる
こんなにも低予算の映画初めて!
なのに緊張感だとか、間の取り方とかが上手くて、私らが90分間目で見る情報はおんなじ場所ばっかりだから飽きそうなのに飽きなかった!
すごい!内容の面白さもやけど!
ほんまに途中までまんまと私も騙されたし笑。本人は全力でやってて、それを私も応援しながら見てたけど全てが全部空回りだったってわかった時のぞわぞわ感やばかった。
全体的な評価としては結構高いかも!
電話の向こうからの声や音の情報だけで状況を把握して誘拐された女性を助ける話
観てる側も主人公のアスガーと同じ立場で電話の相手の向こうの事は電話越しの情報しかなくひたすら電話してるアスガーくらいしか写らないので絵面としては地味

せめて通報してくれたのが彼女ではなく彼だったら...
電話で聞くだけの情報しか無いっていうのは凄く難しいんだなと思えた
百聞は一見にしかず、真実に気がついた時状況が180度変わる
映画で叙述トリックを行ってて結構驚いた。
なかなかの衝撃度あったし、人に勧めたい…
けど、勧める理由は言えないもどかしさがある。
最後周りに人がいたにも関わらず経験を差し出したことで、するはずだった"嘘の供述"を白紙にしてしまったよね。それに対する彼女の、電話越しの"あなた優しいのね"って、状況を全部理解していたのではないかと思うと少し怖い
190724キネカ大森にて鑑賞

めっちゃ面白かった…!
ホントに緊急ダイヤル室の中だけで作品が展開される…!
2〜3回くらいどんでん返しがあった!なんで電話が繋がるのか不思議だったけど、終盤で納得。段々謎が解けてく感じがたまらなかった〜

アスガー早合点し過ぎだろ〜と思ったけど、なんであそこまで業務外の事件解決に固執してたんだろう。何かやらかしてたようなので、贖罪だろうか…
張り詰めた状況下こそ冷静に疑って、いろんな観点から問題を見つめないといけないなぁと思った。
最後どこに電話したんだろう。

あと音楽が無かったのが(確か)、また緊張感際立ててたな…
なるほど、よく練られた映画。

ギルティという題名が響いてくる

耳を澄まして字幕をおって、推理し続けるのは.、90分でも疲れたw
ハラハラする。
ラスト直前で明かされる主人公の背景を知ると、なんで自分の判断が正しいと思い込んでるのか不思議。
現場から外されてやっている緊急電話の仕事をバカにしていたけれど、この期間のおかげで自分の傲慢さに気付かされる。

邪魔だから正当防衛を装って排除。
仲間に嘘をつかせて自分を守る。
そんなやつは警官に向いてないと気がつく。
音を頼りに推理していくというより、独りよがりが招く因果応報なお話だった。
俺はこんな所にいるべき人間じゃない。周りの奴はクソだ。全部俺がやるからいい。協調性の大事さの反面教師として学ぶ。主人公の昔の同僚っぽいやつ超かわいそう。
ただ、人を助けたいという根の部分はちゃんと報われる結果となり胸をなでおろす。
>|