search/サーチの作品情報・感想・評価

search/サーチ2018年製作の映画)

Searching

上映日:2018年10月26日

製作国:

上映時間:101分

あらすじ

忽然と姿を消した16歳の女子高生マーゴット。行方不明事件として捜査が始まる。家出なのか、誘拐なのかわからないまま37時間が経過。娘の無事を信じる父デビッドは、彼女のPCにログインしSNSにアクセスを試みる。インスタグラム、フェイスブック、ツイッター・・・。そこに映し出されたのは、いつも明るく活発だったはずのマーゴットとはまるで別人の、自分の知らない娘の姿があったーー。

「search/サーチ」に投稿された感想・評価

映像が全てpc画面とiphoneの斬新な映画
そのコンセプトだけなら「アンフレンデッド」や「ブラックハッカー」とかでもすでに使われているコンセプトですが、それらの映画とは違いインターネットを深く理解しPc画面を使い何を効果的に見せられるかを分かってる人が作ったと思われる大変クリエィティブな作品です。心配なのは日本公開時の字幕処理が大変そうだと言う事ですが
ソニーピクチャー試写室鑑賞。
ルーペのお土産付。

家族でパソコンのアカウント登録を
する所からスタートして
本当に全編PC画面だけなのに、
登場人物のキャラクターや関係性が分かりやすくて
中だるみすることなく引き込まれる作品で凄い面白かった。
PC画面上で主人公が使うアプリとか検索エンジンがいつも目にする画面だし、
文章を書いては消して書き直してアップする感じとか
リアルで世界観に違和感がまったくなかった。
伏線回収もしっかりしていてストーリーが練られていていい作品だった。
最近、制作国の違う娘が行方不明になって父親が奔走する系の映画を見たばかりだったから
各国のストーリー展開のお国柄を凄い感じた。
これはアメリカ映画だなぁ~って感じた。

試写会終了後
映画.com編集長のトークショー付き。
カメラ機材もロケ地も出演者もあまりお金をかけずに
低予算のアイディアで魅せる映画だから
ヴェノムが変身しただけでこの映画の予算が終るって話が面白かった。
どんでん返しが連続の展開に引き込まれ飽きなかった。
コンピュータのスクリーンを通して見ているような演出は新鮮だったし、これによって主人公の心の動きを、意外に普通の技法より強く感じ取れた気がする。
noroyu

noroyuの感想・評価

4.3
ミステリ・サスペンス演出がバカウマ。
思わず引き込まれてしまった。

少なくとも今年の10本には入れたい。
maria

mariaの感想・評価

-
これは私のベストムービーオブザイヤー受賞。最後までどうなるか読めない展開と、パソコンの画面上だけで話が進んで行くのがおもしろかった。何回も何回も見たい!
TAKE

TAKEの感想・評価

3.5
面白かった!全編PC画面って退屈じゃない?と思ったけど、スクリーンに表示される情報が多くて退屈してる暇なんてなかった。最初から伏線だらけでずっと脳が忙しい。絶対、伏線の見逃しあるなあ。ジョン・チョーが格好よくて満足。
Haruku

Harukuの感想・評価

3.8
映画comさんの独占試写会。

本当にほとんどPC画面の映画でしたw
結構まじまじとハマって見てしまうくらい徐々に明らかになる展開がよくて面白かった!
す

すの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

2018年、111本目。

@ソニー・ピクチャーズ
鑑賞後、映画.com編集長によるトークショー

これもアリなのか…!と驚きの新感覚映画体験。

現在27歳(撮影時25歳)の監督による、新ジャンル“スクリーンライフムービー”!

子供であり、大人でもある絶妙なタイミングの人間たちがが織りなすSNSという自己解放の場でのやりとりの生々しさ。
25歳だからこそ撮れたリアルさもあるように思う。

本当の自分は何処にあるのか?
大切な人を何のフィルターにもかけず、どれくらい理解できているのか?

連絡を思いとどまったり、打ち直したり、せっかく打った長文をすべてなかったことにしたり…
どのやりとり、どの画面も見たことがあるというより、自分の経験の中にあることだらけで何だか気味が悪い。
そして面白い!!!

最後の付箋回収には思わずホッとしつつ、伝えられる時に伝えるってどれだけありがたいことか思い知らされる。

画面の中、電子機器を通してではなく、それらに支配されることなく伝える重要性もずっしりと問いかけられた気がする。

映画.com編集長によると、約2億5000万ほどで撮影しているのでは?とのこと。
クリストファーノーランの撮影費と対局にあるようなローバジェットムービー。
(公開日の近いクワイエットプレイスも同くローバジェット)

恐らく来年にはハリウッド版スクリーンライフムービーが公開されるとの予想もされていました。

ミッションインポッシブルは250億円。
カメラを止めるな!は300万。

予算はなくとも、アイデアで映画が撮れる時代。


次回作にも期待!!!
TBear

TBearの感想・評価

4.4
「あなたは愛する人をどこまで知っていますか?知ったつもりになっていませんか?」

2018年53本目。

全編スクリーン上で繰り広げられるサスペンス。本編が始まる時にスクリーンが大きくなる事はよくありますが、開始と同時にPCの比率にするために画面が縮小したのは衝撃でした笑 IMAX用などのカメラではなく、スマホのカメラなどで大部分が撮影されているため、とてもリアリティがあります。

母を亡くしたデイヴィッド・キム、マーゴット・キム親子。母を亡くして親子の結束は強くなったはずだった…

ある日、徹夜の勉強会をすると言って家に帰って来なかった高校生のマーゴット。その翌日は平日。翌日には娘は帰ってくると思っていたデイヴィッドだったが、何日経っても彼女が帰って来ることはなかった。何かがおかしい。そう思ったデイヴィッドは、パソコンや、ありとあらゆるSNSやネットサービスを使って娘の痕跡を探す。
探せば探すほど、父親の知らない娘の顔が浮き彫りになって行く…

今話題の「カメラを止めるな!」同様低予算で作られたこの作品。出演する俳優も著名なのはジョン・チョーくらいで、キャストにもあまり予算は掛かっていません。今映画界で徐々にアツくなって来ている”スクリーンライフ(スクリーン上の生活)”と言う新たな映画のスタイル。映画.comの編集長曰く、これからスクリーンライフ形式の作品がどんどん出て来るのではないかとの事。新感覚サスペンス・スリラー「search/サーチ」。きっと予想を超えた結末が待っていると思います。見事に伏線が回収される様も、見ていて気持ちいいです。今年観た作品の中でも、個人的にはかなり満足しました!
kaz

kazの感想・評価

3.5
남포のLOTTE CINEMAにて。

最後の最後、うわ そっちかぁ〜!て思った。
>|