[リミット]の作品情報・感想・評価

「[リミット]」に投稿された感想・評価

酸素のことは置いといて
多少退屈なところもあるけど、思ったよりもいろいろ展開があって面白かった
っていうかライアン・レイノルズだったんだな気づかなかった
Yurie

Yurieの感想・評価

3.2
カット割り考えるのめちゃくちゃ大変そう
でもやっぱりちょっと退屈。見てる間は楽しく見れたけど最後が物足りなかったから…( ・∇・)
ryo7767

ryo7767の感想・評価

3.7
インドで金をすられて、身動き取れなくなったことを思い出した。
eri

eriの感想・評価

2.5
主人公一人だけで場所も棺桶の中だけなのに、90分飽きずに見れた。
ひたすら電話相手にイライラした。
あでゆ

あでゆの感想・評価

2.3
イラクで民間トラックドライバーとして働くポールは、何者かに襲われ、ひつぎと共に土の中に埋められてしまう。やがて意識を取り戻したポールは、手元に携帯電話、ライター、ナイフ、ペン、酒があることを知るが、残された空気から推測してタイムリミットが後90分前後ということに気が付く。

90分間全く同じ絵面でキャストも一人なのに飽きずに見れるということでまずは良い映画。

本作では退屈しないように様々な趣向が凝られている。
例えば、棺という密室の中で効果的に用いられるアイテムの1つに光源がある。本作では場面が進むにつれて主人公の使う光源は変化していく。初めは「無」、真っ暗だ。状況を理解すると主人公はライターを手に入れる。そこから携帯のライト、懐中電灯のように状況が進むに連れて用いられる光源は変化する。希望を持つことができると高度な光源に移り変わる一方で、状況が悪くなるとライターに逆戻りする。まさに希望の「光」を示しているのだ。

またカメラワークについても素晴らしい。00:30時点での過剰に迫っていくズームであったり、1:14時点でのカメラが棺の上に引いて主人公が遠のいていくアングルなど、1つの空間の中でもいろいろな表現がされていておもしろい。

ただまあ、そもそもこういう映画の満点自体がどうがんばっても僕の中で多分低い。ストーリーに関しても特に意外性は無いし。例えば主人公が何かを電話する際に偽っていて、その嘘が視聴者にも隠されており、あとで発覚して主人公の立場がどんどん変化していくみたいな展開が合ってもいいのではないか。
うと

うとの感想・評価

2.7
登場人物は1人、ずっと棺の中
いかにして脱出するかともがく主人公の鬼気迫る姿に、感情移入してしまう

最初は単調な画面なので、ちょっと飽きてしまうかも
でも話が動き出せば怒涛の展開なので、一気に観れる
imoti

imotiの感想・評価

-
見たと思うけど、なんだか記憶が薄い。
もう一回見るべきか、悩んでいます
事前情報なしでみて、最初なにが起こってるかわからなかった。
んーよくわからなかった
箱に閉じ込められた男がなんとか助けてもらおうと色んな所に電話を掛けまくるがたらい回しにされて絶望する映画。あのシチュエーションで誰も相手にしてくれないのは怖すぎる…90分なので時間のムダだとは思わなかったが、やはり箱の中だけでは視覚的にツマラナイ。暇つぶし映画。
なんか面白そうだと思って観てしまった……。期待外れでした。

この映画すごいよ。予告に「主演:ライアン・レイノルズ」って出るけど、主演というか、本当にライアン・レイノルズ1人しか映らない。

そしていきなり棺の中に閉じ込められてるところから始まるんだけど、そのまま終わる。文字通り完全なワンシチュエーション。1日で撮影終わるのでは(笑)

頭を使って状況を打破していくのかと思いきや、感情的にもがくのがメイン。ママンに電話掛けてんじゃねーよ!!でも奥さんとの電話はちょっとグッときたから、愛すべき馬鹿という感じだ。

この映画の本質はこの特殊な状況の面白さではなく、意外にも社会風刺であった。しかも後味の悪い終わり方をするので余計にモヤモヤする。

とにかく最後まで息苦しかった。狭いところに閉じ込められる夢見そうで嫌だわ……。
>|