テロ、ライブの作品情報・感想・評価

テロ、ライブ2013年製作の映画)

더 테러 라이브/THE TERROR,LIVE

上映日:2014年08月30日

製作国:

上映時間:98分

3.7

あらすじ

ある不祥事でTV局からラジオ局へ左遷された 国民的アナウンサーのユン・ヨンファ(ハ・ジョンウ)。 ある朝のラジオ生放送中、身元不詳のリスナーから 脅迫電話を受ける。いたずらだと気にもせず電話を 切った瞬間、マポ大橋が爆破する光景を目の当た りにする。爆破テロだと確信した彼は、TV局への復 帰を条件に、漢江で連続的に発生する爆破テロの 実況と、テロ犯との通話を独占生中継する。 21億…

ある不祥事でTV局からラジオ局へ左遷された 国民的アナウンサーのユン・ヨンファ(ハ・ジョンウ)。 ある朝のラジオ生放送中、身元不詳のリスナーから 脅迫電話を受ける。いたずらだと気にもせず電話を 切った瞬間、マポ大橋が爆破する光景を目の当た りにする。爆破テロだと確信した彼は、TV局への復 帰を条件に、漢江で連続的に発生する爆破テロの 実況と、テロ犯との通話を独占生中継する。 21億 ウォンもの現金と大統領の謝罪を要求するテロ犯。 その時、ヨンファは耳にセットされたイヤフォンに小型 爆弾が仕掛けられていることを知る。一体このテロ犯は何者なのか?どうしてヨンファに接触してきたのか?一世一代のチャンスとしたこの事件のために、ヨンファは命の危険にさらされる・・・。

「テロ、ライブ」に投稿された感想・評価

Kazu

Kazuの感想・評価

3.9
初韓国映画でした。
率直に言うとこれかなり面白いです。
韓国映画も面白いんですね。
こんな映画観たこと無い。
狭いスタジオでの撮影が8割を占めているのに、迫力がある主役の演技や映像のおかげで飽きずに観れる。
脚本も面白い。

ですが、観たこと無いというのにはポジティブな意味もありますがネガティヴな意味もあります。
まず犯罪のスケールが確実に一人で起こせるレベルでは無い。笑
又ツッコミたくなるような矛盾点が多数あり、政府、警察、主人公、犯人全員の闇が深すぎ、ストーリーも一ミリも希望を残さない超バッドエンド。
これを余り作ろうとは思わないから観た事無いのかな。笑
まぁでもネガティヴな点を含めても、面白かった!
ハリウッドか日本でリメイクしても面白いかも。
伊緒

伊緒の感想・評価

3.8
お金かけてるな〜ってことがわかる派手なシーンもたくさんあるのですが、基本的にはラジオ放送のブースという、ワンシュチュエーションだけで話が進むので緊迫感があって良いです。割とクズだった主人公がどんどんイイ顔になっていくのも見所。
突っ込みどころは結構あるのでストーリーとしては粗が目立つものの、全く違った角度から見ていた私としては予想外の着地点にびっくりしました。

それにしても、犯人がどんな人間であったとしても即射殺!ってなる政府…めちゃくちゃ怖いです。
凄いなこれは・・・
韓国映画恐るべし!

舞台はラジオ局スタジオ内だけのワンシチュエーションでこの緊迫感を・・・((((;゜Д゜)))

ところでテロって何なんでしょうか?

テロリズムの略。
政治的な目的を達成するために暗殺・暴行・破壊活動等の手段を行使すること。
また、それを傾向や主張。

テロ行為も目的が達成すると革命とかクーデターなんて呼ばれるのかな(´・ω・`)?

それにしても犯人はあれだけの爆薬を何処で入手しどうやって仕掛けたんだろう・・・( ̄~ ̄;)
morph

morphの感想・評価

3.6
たたみかけるタイトな展開で目が離せなかった。こういうフィクションらしさは好き。ハ・ジョンウの感情入り乱れる演技にも引っ張られ、表面的なスリリングさじゃなく駆け引きで揺さぶられる主人公の葛藤が印象に残る。
日頃メディアに触れながら、この人は信頼できるとかできないとか言ってるけど、言われるほうはそれをどう受け止めてるんだろう。主人公が視聴者から得ようとした信頼は、結果ではなく、地位を保つための手段としての信頼だったわけで、威信を見せようとする国家権力もまた同じ。そこで鈍感になるといくらでも愚かに、非道になる。テーマがラストまで響いていた。
yasubee777

yasubee777の感想・評価

3.5
生きて代わりに復讐を…という続編が観たい
n

nの感想・評価

4.0
ハ・ジョンウが迫真の演技で魅せる98分。とても面白かった!
韓国(政府、マスコミetc...)はどこまで腐ってるんだ。。
santasan

santasanの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

テロリストの犯行が放送と同時進行で進む緊迫感。一発逆転を狙った元キャスターが犯人に奔走される一方、結局は権力側のコマでしかないという無力感。その権力への痛烈な批判を含めてよく出来たストーリー。最初は橋の爆破というキャスターとは離れた現場から、元妻であるリポーターのピンチ、そしてついには放送局のビルの崩壊へとどんどん危機が身近になってくる展開も見事。最後は射殺の対象にまでされた絶望感で選んだ道か…。
りんご

りんごの感想・評価

5.0
爽快胸糞爽快モヤモヤ映画。

会話合戦好きなので最後までそれでもいいくらい。
ハ・ジョンウならやれる!

でも派手なシーンも嫌いじゃないの。

ハ・ジョンウは演技の神様に愛されてると改めて実感。
riekon

riekonの感想・評価

3.0
後半驚いた!
もうめちゃくちゃだー。
色々ん?って思うこともあるけど
最後まで楽しく観れました。
ハ.ジョンウいいですね〜。
notitle

notitleの感想・評価

3.6
国家に謝罪を求める爆弾魔と、何故かその男に指名されたキャスター、そして、国やテレビ局との様々な心理戦。本当に辟易する程に全てが利己主義。社会に対するアンチテーゼ。切替が多用された編集で、リアルも何もない。でも、ざっくり面白かった。
>|