テロ、ライブの作品情報・感想・評価

テロ、ライブ2013年製作の映画)

더 테러 라이브/THE TERROR,LIVE

上映日:2014年08月30日

製作国:

上映時間:98分

3.7

あらすじ

ある不祥事でTV局からラジオ局へ左遷された 国民的アナウンサーのユン・ヨンファ(ハ・ジョンウ)。 ある朝のラジオ生放送中、身元不詳のリスナーから 脅迫電話を受ける。いたずらだと気にもせず電話を 切った瞬間、マポ大橋が爆破する光景を目の当た りにする。爆破テロだと確信した彼は、TV局への復 帰を条件に、漢江で連続的に発生する爆破テロの 実況と、テロ犯との通話を独占生中継する。 21億…

ある不祥事でTV局からラジオ局へ左遷された 国民的アナウンサーのユン・ヨンファ(ハ・ジョンウ)。 ある朝のラジオ生放送中、身元不詳のリスナーから 脅迫電話を受ける。いたずらだと気にもせず電話を 切った瞬間、マポ大橋が爆破する光景を目の当た りにする。爆破テロだと確信した彼は、TV局への復 帰を条件に、漢江で連続的に発生する爆破テロの 実況と、テロ犯との通話を独占生中継する。 21億 ウォンもの現金と大統領の謝罪を要求するテロ犯。 その時、ヨンファは耳にセットされたイヤフォンに小型 爆弾が仕掛けられていることを知る。一体このテロ犯は何者なのか?どうしてヨンファに接触してきたのか?一世一代のチャンスとしたこの事件のために、ヨンファは命の危険にさらされる・・・。

「テロ、ライブ」に投稿された感想・評価

もずく

もずくの感想・評価

4.0
人生初の韓国映画。
「たった一言謝ることがそんなに難しいことか?」ってセリフやばかった。その通り(笑)
どこの国も悪いことするのは同じなんだな~って。この映画でまさか泣くと思わなかった。
結末がものすごくよかった。
これから色んな韓国映画見てみようっと♡
ともも

とももの感想・評価

4.0
ツッコミどころはいっぱいあったけど、そんなのが気にならないくらいの斬新な超バッドエンドが逆に清々しいくらいの爽快感を感じる。
食わず嫌いだったけど韓国映画も悪くないね。
Rosso

Rossoの感想・評価

3.6
はあ...そうだこれ韓国映画だ...
という類のげんなり(褒め)
今作もまた腐りきった国家をまじまじと描いてますね。

とにかく僕が崇拝してやまないハ・ジョンウの神演技よ、
本当に彼は表情を軸に全身で内奥の感情を伝えてきますよね。
すんげえ上手い(知ってるけど)

まあね、犯人サイドの爆発あれこれは都合が良すぎるというか規模がでかすぎるというか現実味ない節はあるんすけど、
そもそもの設定もなかなかぶっ飛んでるしいいじゃないかと。
むしろそれがミスリードで爆弾パニックものと思わせての社会風刺エンドだと考えれば、かなり秀逸かと存じます。

ほんの些細なことでも素直に謝れるか否か、ここだけ注視して人間観察するだけで、概ね分かりますよね。
僕は生涯前者でありたいよ。
年取って少し偉くなった時の僕、この若造の時の気持ち、ちゃんと覚えとけよ?
ちひろ

ちひろの感想・評価

4.2
今、本国で、主演作が二本も大ヒットしているハ・ジョンウ。
彼の主演作がちょうどハードディスクに入ってました。
いや、なんというか…まあ、胸糞悪い話でありまして。
基本いい人は出てこないし。
まあ、そこも韓国映画っぽいんですが。
途中からすごく引き込まれてしまいましたね。
全て、主人公の主観の映像でできているので、無駄に派手にならないところが、素晴らしいと思います。
くろお

くろおの感想・評価

3.8
アラは多いが、勢いがあって魅せる要素が多いので面白い。
ただ、急にラストで社会問題っぽくみせるのがちょっと…
力技で無理を通す映画なんだから、娯楽的にカタルシスを感じさせる終わり方で良かったんじゃないかなー
ものすげえ…
アラだらけなんだけど、漲るボルテージで全てを蹴知らして突進していく。
kosuke

kosukeの感想・評価

3.2
ものすごく緊迫して、ハラハラするんだけど、、
なんかツッコミどころが多いんだよなー。

久しぶりの韓国映画だったが、特に大きく感じるものはなし!
Husky

Huskyの感想・評価

3.8
迫力のある映像や音楽で、思わず声を上げてしまうほどのスリルと臨場感。
政府やテレビ局のクソさや犯人の背景、主人公の心の変化など人間的な要素も盛り込まれてて見入ってしまった。

このレビューはネタバレを含みます

これを単独犯は無理だって…。
そもそも犯人の目的に何の説得力もない。
色々おかしなことが多過ぎて頭の中が疑問だらけ。イマイチ入れないままどんどん話が進んでいく。後半は更にめちゃくちゃな話に展開していく。呆れてしまい、思わず何度か笑ってしまうほどだった。
ハ・ジョンウは大好きだけどこの作品ははっきり言って駄作。
絶賛してる人が多いことに何より驚いています。
えり

えりの感想・評価

4.2
制約の多い設定の中で飽きさせないハ・ジョンウの演技力はさすがです。

事件をきっかけに元の地位を取り戻そうとする離婚間際のクズ男が全方位から追い立てられ、責め立てられながらも最終的には自分ができる限りの落とし前をつけようとする姿には圧倒されました。ラストの表情にも心奪われました。

あとイ・ギョンヨンの安定の悪徳ぶり…よかった。

奪われる側の人間がどんなにその人生を賭けて奪う側に対抗しようとしても、根っこの部分には届かないという構図は韓国映画には多くて、見るたびに虚しくてやり切れない気持ちでいっぱいになるんだけど、だからといってあきらめてはいけないし変化を望む気持ちを忘れるなっていうメッセージを含んでいるんだろうなぁと毎回思わされます。
>|