オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分の作品情報・感想・評価

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分2013年製作の映画)

Locke

上映日:2015年06月27日

製作国:

上映時間:86分

3.4

あらすじ

人生は“一寸先は闇”とよく言われるが、ごく普通のイギリス人であるアイヴァン・ロックは、今まさに思いがけない緊急事態に見舞われていた。大手建設会社の現場責任者として絶大な信頼を得ている彼は、キャリア最大の大切な仕事を翌朝に控え、今夜は愛する妻子と共に過ごすつもりだった。そんなアイヴァンのもとに突然1本の電話がかかってきて、家族との約束も明日の大仕事もすべて投げ出さなければならない切迫した事情が生じ…

人生は“一寸先は闇”とよく言われるが、ごく普通のイギリス人であるアイヴァン・ロックは、今まさに思いがけない緊急事態に見舞われていた。大手建設会社の現場責任者として絶大な信頼を得ている彼は、キャリア最大の大切な仕事を翌朝に控え、今夜は愛する妻子と共に過ごすつもりだった。そんなアイヴァンのもとに突然1本の電話がかかってきて、家族との約束も明日の大仕事もすべて投げ出さなければならない切迫した事情が生じたのだ。しかし他人には理解しがたいその決断は、仕事仲間や家族を激しく動揺させ、愛車のBMWでロンドンに向かうアイヴァンを電話越しに容赦なく責めなじってくる。自らの輝かしい人生が刻一刻と崩壊するなか、なぜ彼は疾走を続けるのか。闇の中に妖しい光がきらめくハイウェイの果てに、アイヴァンがたぐり寄せるのは破滅か、それとも希望なのか……

「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」に投稿された感想・評価

ともすれば退屈になってしまうであろう、車内での電話のシーンのみという本作ですが、トム・ハーディの高い演技力によって、最後の最後まで引き込まれてしまうんですねえ。
本当にタイトルのまんま!!

車中でバックミラーに向かって話すのは、後ろが映る=過去について語っているんだな〜と

息子のトム・ホランドとの電話、留守電には泣かされます、、

登場人物は1人なのにこんなに想像力を膨らませる作品があるなんて!

凄く新しい映画だと感じました
とにぃ

とにぃの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

最後のトムホランドくんとの会話と赤ちゃんの泣き声に救われた。持つべきものは子供だ。
さば

さばの感想・評価

3.8
簡単に言えばトム・ハーディが車の中で電話してるだけの話。それでも全く飽きさせない脚本と演出とトムハがすごい。
レンタルして鑑賞

86分とはいえ、「飽きない」というのがこの映画の魅力の1つだと感じました。

こういったシュチュエーションでなければ面白くないであろう物語を、観ている側を引き込むほどに仕上げていて。

それは、この作品自体が良かったのか。
トム・ハーディの演技に観ている側が酔っていたのか。

ある意味、凄く“不思議な86分”でした。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

2.5
最大級のコンクリート打ちの前日に、不倫で身篭らせた子供の出産の為に、ハイウエイをひた走る男。電話の会話のみのシーンで、一体どうなるのか? と初めは興味を持ってたけど、途中からはどうにもならない感になって、、、やっぱしだった。
前評判の高さほどでは、、というのが正直な感想。
86分トムハーディだけを見せられる異様な映画なのに、飽きなかったのは凄いよね。
翔一

翔一の感想・評価

3.2
あんまり好きじゃないけどほぼ車中のシーンだけなのにあそこまで綺麗な映像にできるのはすごい
yuko

yukoの感想・評価

3.5
トム・ハーディの1人会話劇。会話だけで惹き込む演技力はさすが。混乱極める状況の中、意図して落ち着いた対処をし続ける男の意思の強さに脱帽。冷静に見ると自業自得でドツボにはまってるだけなんだが、何故かトムハが人格者に見えてくるのが不思議。男気あってすっかり信頼してしまう。

自分ならこの状況、とっくに逃げ出してるな。鳴り止まない着信音は人をおかしくさせるのは間違いない。激しくイライラしたなー。
なかなか面白かったです。非常に斬新でした。1つの重大な過ちを犯し、その行動によってトム・ハーディ演じる主人公の人生は大きく変わります。ワンシチュエーションなので、映像はほとんど変わり映えしません。車内や高速道路の映像、電話での会話でこの映画は成り立っています。人によっては本を読んでいる感覚になるかもしれません。トム・ハーディの演技は良かったと思います
>|